《2021》小倉大賞典【最終追い切り】調教

小倉大賞典 追い切り 調教

2021年2月21日(日)に小倉競馬場で行われる『小倉大賞典(G3)芝1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた12頭の追い切り評価となります。

以下の4頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • ヴァンランディ
  • テリトーリアル
  • ドゥオーモ
  • ベステンダンク
目次

アールスター    56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

雪が激しくふる時間帯での追い切り。馬場の真ん中ややラチ沿いを単走で登坂。青帽子。当日騎乗する長岡騎手だろうか。意欲的だ。馬がなかなか手前を替えず、鞍上が脚元を確認。そのタイミングで手前が替わる。手前を替えた後、左側(ラチ側)に斜行した点は割り引きも、トモの可動域が広く、しっかり地面を蹴って弾むように走れている。時計は平凡もキレイな加速ラップは踏めており、馬体もふっくら見せる。好調だろう。高く評価してみたい。

アドマイヤジャスタ 56.0 【B-】

栗東坂路併せ。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。馬場の真ん中を走る追う相手に1馬身先着した点は良いのだが、最後は苦しくなり0.3秒の失速。ただこれは鞍上は一切追っておらず追えば加速ラップが踏めていたかも知れない。馬体のハリ艶はよく決して調子は悪くないのかも知れないが、相対評価でこの評価となる。

ヴァンケドミンゴ  56.0 【B+】

栗東CW併せ。G前強め⑧

2頭併せの内。1 馬身追走から直線へ。直線でスーッと相手の1馬身前にでる。追う外の相手が迫ってきたところで追い出しを開始。首をグッと下げて勢いを付けると、四肢をめい一杯広げて力強く伸びた。併せた相手は2馬身半は引き離しただろうか。高く評価したい。

カデナ       58.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

ラチ沿いを登坂。序盤は低い姿勢でキビキビとしたフットワークであったが、ラスト1Fから脚色が悪くなり手前を替えることなく、右手前1本で登坂。全体時計は平凡でラスト1Fで0.4秒の失速。これでトップハンデとなる58㎏は可哀そうだ。

ショウナンバルディ 54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

コーナーで逆手前。そのまま左手前で馬場の真ん中を登坂。前脚の着地ポイントが近い馬。前脚を大きく前に投げ出し、クビを大きく縦に振り、活気十分に前に前に推進する走りができている。前駆の力強さに対して、トモの非力が目立つ。ここが改善されればもう少し良くなりそう。全体時計54.2秒は平凡もラスト2F時計24.6-12.1秒は優秀。人気がないようならおさえてみたい。

ディアンドル    53.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を登坂。終始アタマが高く、顔を右に向け、何かイヤイヤ走っているような内容。追い切りで馬券を買う人としては、これで好走されたら溜まらない。評価できない。

デンコウアンジュ  56.0 【B-】

栗東CW単走。G前軽く促す⑨

コーナーを深く回り直線へ。相変わらずのピッチ走法。この馬は、四肢の可動域が狭いこともあり、ちょこまかとした走りで、いつも追い切り栄えしない馬。今回もその感想は変わらないが、ゴールに向かってピッチを上げて走ることができていた。ただ脚元の力強さはなく、時計も決して強調できるものでもない。気配も平凡。高い評価はしづらい。

トーラスジェミニ  56.5 【B】

美浦坂路単走。G前軽仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。アタマが若干高めも、カチッとした好フォームで身体全身を使った力強いフットワークでキビキビと登坂。ラスト50m辺りで鞍上が右に肩ステッキを入れると、スッと手前を替えたのだが、この手前替えが異様にスムーズ。スピードを一切殺すことなく手前を替えられるこの能力は高く評価したい。

バイオスパーク   57.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑦

2頭の内。1馬身追走から直線へ。コーナーをショートカットして回ったため直線向いた時点で1馬身前にでる。そのまま馬なりで進め、軽く追ってきた外の相手に半馬身先着という内容。安定したフォームだった点は良いのだが、いかんせん内容が軽すぎる。動きはスローで四肢の可動域も狭く、馬から覇気を感じない。悪くはないのだが評価を一つ下げた。

フェアリーポルカ  55.0 【A】

栗東坂路併せ。馬なり。

ラスト300mからの映像しかなかったが、ラチ沿いを完全馬なりで登坂。全体時計52.8秒は普通だが、ラスト2F時計23.8-11.9秒は、雪の降った坂路馬場を考えると驚くほど優秀。これを完全馬なりで軸を一切ブラすことなく、真一文字に登坂してくるあたり状態は間違いなく良さそうだ。追う相手を全く相手にせず、1馬身突き放して先着した。人気でも高く評価せざるを得ない。

ボッケリーニ    57.0 【A】

栗東CW単走。G前軽仕掛け。

4F追い。鶴クビ気味に気性をコントロールしつつ鞍上からの指示を待つ。ラスト1Fから鞍上が軽く促すと、それに呼応するカタチで素早く反応。クビを前に突き出し、四肢の可動域十分の弾むようなフットワーク。外枠だが恥ずかしくない競馬をしてくれそうだ。

ロードクエスト   56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

手前を替えることが目的だったのだろうか?そう思わせるほど手前替えに執着した追い切り内容。2度手前替えに挑戦したが、1度目は失敗。2度目はこれでもかというほど強引に手前を替えさせ成功。実際のレースでこのような手前替えはしない。あくまで手前替えの練習なのだろうが…。本番前にこのパフォーマンスを見せられると少し不安になる。ただそれを除けば、序盤の活気は十分で、前脚を高く上げて力強いフットワーク。決して状態が悪そうにはみえず、寧ろいつになく調子が良さそうに見える。注目したい。

今週開催のその他重賞レース

京都牝馬S(G3)

あわせて読みたい
《2021》京都牝馬S【最終追い切り】調教
《2021》京都牝馬S【最終追い切り】調教2021年2月20日(土)に阪神競馬場で行われる『京都牝馬S(G3)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り...
あわせて読みたい
《2021》京都牝馬S【評価結果】―レース回顧
《2021》京都牝馬S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jaime、今年は阪神芝1400mで行われた京都牝馬Sの追い切り評価結果はどうだった?出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた11頭に評価を...

ダイヤモンドS(G3)

あわせて読みたい
《2021》ダイヤモンドS【最終追い切り】調教
《2021》ダイヤモンドS【最終追い切り】調教2021年2月20日(土)に東京競馬場で行われる『ダイヤモンドS(G3)芝3400m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追...
あわせて読みたい
《2021》ダイヤモンドS【評価結果】―レース回顧
《2021》ダイヤモンドS【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた12頭に評価を付け高評価としたのは4頭。うち馬券内に2頭が絡んでくれた。着順馬名評価人気1グ...

フェブラリーS(G1)

あわせて読みたい
《2021》フェブラリーS【最終追い切り】調教
《2021》フェブラリーS【最終追い切り】調教2021年2月21日(日)に東京競馬場で行われる『フェブラリーステークス(G1)ダ1600m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた...
あわせて読みたい
《2021》フェブラリーS【1週前追い切り】調教
《2021》フェブラリーS【1週前追い切り】調教2021年2月21日(日)に東京競馬場で行われる『フェブラリーステークス(G1)ダ1600m(定量)』の1週前追い切り評価となります。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り...
小倉大賞典 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる