《2021》京都牝馬S【最終追い切り】調教

2021 京都牝馬S 追い切り 調教

2021年2月20日(土)に阪神競馬場で行われる『京都牝馬S(G3)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り評価となります。

以下の5頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • アマルフィコースト
  • アンリミット
  • メイショウメイケイ
  • メイショウショウブ
  • ヤマカツマーメイド
目次

アイラブテーラー  55.0 【B】

栗東CW単走。G前仕掛ける⑩

コーナーをめいいっぱいに深く回り直線へ。通ったコースとこの日の馬場状態を考えると時計は優秀。クビと脚の連動性が高く推進力ある走りができているものの、手前をコロコロとかなりの回数替えて遊びながら走っていた点は割り引きたい。

アフランシール   54.0 【B】

美浦坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。この馬は左前脚を前に向かって真っ直ぐ出すことができない体型のため、左手前時の走りががに股っぽい走りになってしまう。父親譲りなのだろうか。これは体型的な問題で解決は難しい。ただ活気十分に加速ラップを踏めている点は評価したい。動ける状態にはありそうだ。

イベリス      54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

この日の栗東は雨から雪。イベリスが追い切った時間は風がピタっと止み、深々と雪が降るなかでの追い切り。この馬の好フォームも相まって、まるで時が止まっているかのよう。美しい映画のワンシーンかと思うほど美しい追い切りであった。動画を見れる方は是非見て欲しい。馬は力む事なく真っ直ぐに駆け、ラスト1Fで綺麗に手前を替えて加速ラップを維持した。体幹もしっかり。リラックスした状態で、この時計が出せるのは調子が良い証拠。高く評価したい。

カリオストロ    54.0 【B-】

栗東CW単走。馬なり⑥

コーナーを大きく回り、直線は馬場の6分ところ。通ったコースを考えると全体時計で80秒を切っている点は優秀。ただ、ピッチ走法ということもあるがクビと四肢の可動域は狭く、動きの伸びやかさがどうしても物足りなく感じしてしまう。活気はあるのだが…。気持ちに身体が付いてきていない印象。最後は苦しくなったかアタマを重心の真ん中に置くことができず、手前脚の上にアタマをおくように走った点は割り引きたい。

ギルデッドミラー  54.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

手前を替えることなく右手前一本で登坂。胸前の筋肉の隆起は目を引く。序盤はラチから3頭分離れたところを走るも、徐々にラチを頼るように左に斜行した点は割り引き。左右のパワーのバランスがアンバランスなのだろう。クビを小刻みに真っ直ぐ縦に振って、低い姿勢を保ちながらキビキビと走れてはいるのだが…。

シャインガーネット 54.0 【B+】

美浦坂路単走。馬なり。

コーナーをもの凄いスピードで回ってくる。手前を替えるタイミングが早すぎ。スピードをコントロールできていない。コーナーで頭があがりフォームのバランスが崩れるも直線向いてすぐ立て直す。クビを一定の振り幅で振り続け、好時計で登坂した。馬場の真ん中を走ったとは言え、全体時計49.8-12.2秒は優秀。最後に僅かに脚色が衰え、ラスト1Fで0.2秒失速した分を割り引いた。とにかく馬が走る気に満ちている。入れ込みやすいタイプなだけに表裏一体か。追い切り時計だけで人気してしまいそうだが外す訳には行かない。

ビッククインバイオ 54.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑧

トモの動きにキレがありパワフル。また顔を前に突き出すように走る走法も悪くない。ただ直線で手前を替えることなく左手前一本で走った点は割り引き。また前脚は高くあがらず、地面を撫でるような走り。双方からは急坂が得意には思えない。

ブランノワール   54.0 【B】

栗東坂路併せ。馬なり。

雪が強い時間帯での追い切り。植込み側を走る相手と馬体を並べての併せ馬で登坂。雪で動きはほとんど確認できなかったが、追う相手に対して馬なりのまま3/4馬身先着していた。全体時計は51.4秒の好時計。ただラスト1Fは12.9秒で0.8秒失速していたが流しておりさほど気にする必要はなさそうだ。なお、この馬だけが1週前追い切りの動画があったが、1週前の追い切り評価付けるならば十分にプラス評価。調子は良さそうだ。注意したい。

マリアズハート   54.0 【B-】

美浦坂路単走。馬なり。

コーナーを深く回って来る。コーナーリングがとても上手な馬だ。そのままラチ沿いを登坂。クビの角度が良くとても綺麗なフォームで走る馬。この馬はまだまだ伸びしろがありそうだ。ただ今回は終い疲れて0.5秒の失速。疲れてからはクビを振れなくなりフォームも乱れていた。時計も平凡。

jamie

とても綺麗なフォームで走る馬なので、今後も注目しておきたいです。

リバティハイツ   56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前仕掛ける。

低い姿勢を保ちラチ沿いを登坂。ラスト2Fでカチッと手前を替えると、ラチ沿いを馬なりでグングン登坂。雪馬場を意に介すことなく集中して真っ直ぐに駆けた。繋ぎが綺麗に返りスナップの効いた走りができている。最後に少し疲れたがフォームが乱れなかった点も評価できる。ラスト1Fで0.5秒失速した分だけを割り引いたが、引き続き好調だろう。高く評価したい。

リリーバレロ    54.0 【B-】

美浦南W単走。馬なり⑤

スラッとした脚長の馬体。四肢の可動域は広くなくピッチ走法気味に走る馬だが、動きはとても柔らかく伸びやか。後肢で地面をしっかりと掴み、後ろに蹴りだすように走れている。トモはパワフル。上半身も顎をひいて首から頭をカチッと固定して走る独特なフォームで推進力を損ねない走りができている。ただ、ゆったりと走る馬で距離はもう少し長めの方が良いのではないだろうか。内容も軽すぎる印象を受ける。

今週開催のその他重賞レース

ダイヤモンドS(G3)

あわせて読みたい
《2021》ダイヤモンドS【最終追い切り】調教
《2021》ダイヤモンドS【最終追い切り】調教2021年2月20日(土)に東京競馬場で行われる『ダイヤモンドS(G3)芝3400m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追...

小倉大賞典(G3)

あわせて読みたい
《2021》小倉大賞典【最終追い切り】調教
《2021》小倉大賞典【最終追い切り】調教2021年2月21日(日)に小倉競馬場で行われる『小倉大賞典(G3)芝1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた12頭の追い...

フェブラリーS(G1)

あわせて読みたい
《2021》フェブラリーS【最終追い切り】調教
《2021》フェブラリーS【最終追い切り】調教2021年2月21日(日)に東京競馬場で行われる『フェブラリーステークス(G1)ダ1600m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた...
あわせて読みたい
《2021》フェブラリーS【1週前追い切り】調教
《2021》フェブラリーS【1週前追い切り】調教2021年2月21日(日)に東京競馬場で行われる『フェブラリーステークス(G1)ダ1600m(定量)』の1週前追い切り評価となります。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り...
2021 京都牝馬S 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる