《2020》朝日杯FS【1週前追い切り】調教

2020 朝日杯FS 追い切り 調教

2020年12月20日(日)に阪神競馬場で行われる『朝日杯FS(G1)芝1600m』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は18頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

目次

アスコルターレ 55.0 【A】

栗東坂路単走。G前強め。

馬場の真ん中やや埒沿いを登坂。アタマは若干高めも前後の脚を真っ直ぐ前に出して走る好フォーム。ラスト1Fから強めに追われて終い1F 11.9秒。前脚を高くあげて力強く走れている。活気も十分。全体時計・ラップともに文句なし。高く評価したい。

カイザーノヴァ 55.0 【C】

栗東坂路併せ。G前強め。

埒沿いを走る相手との併せ馬。ラスト1Fからジワッと相手に遅れだし、手前を右→左→右をコロコロ替えながら、強めに追われ懸命に食い下がるも1馬身半遅れるという内容。終始アタマが高く推進力を上に逃がす走りとなっており、前に進んでいかないフォームとなっていた点は大きく割り引きたい。

グレナディアガーズ 55.0 【B】

栗東CW併せ。馬なり⑦

3頭併せの内。中は同レースに出走予定のブルースピリット。直線半ばで中の相手にクビ差前に出るもその後相手に追い付かれ、最後は併入という内容。とは言え、中のグレナディガーズと比べると、クビの角度は良く抑えの効いたフォームで走れており、相手の影に隠れてよく見えなかったが、トモの可動域もこちらの方が上。時計面では、ほぼ同じでもこちらの良い動き。ブルースピリットよりかは上位に取りたい。

ジュンブルースカイ 55.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり④

2頭併せの内。1馬身半追走からコーナーワークで並び掛け、直線でクビ差前に出るも、外を楽に走るストライドの大きな相手に追い付かれ併入と、見栄えしない内容。体幹しっかりの安定したフォームではあるのだが、ピッチ走法のため四肢の可動域は狭く、動きに柔らかさを感じない。何かチョコマカとした走り。時計も平凡。全体的に評価は割り引いた。

ショックアクション 55.0 【B+】

栗東CW併せ。G前仕掛ける⑦

3頭併せの内。3頭雁行状態でコーナー深く回り直線へ。直線向いた時点で中外の相手に半馬身遅れの状態から、馬なりで追う中の相手を交わし、馬なりの外の相手の併せ馬となるも、そこから仕掛けて外の相手も2馬身突き放す好内容。アタマを低い位置に保ち身体全身を大きく動かす活気溢れる動き。ただ、まだ動きに硬さが見られ、欲を言えばもう少ししなやかに動ければ…。最終追い切りではもう一段上げてくることも予想される。楽しみにしておきたい。

スーパーホープ 55.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前強め。

馬場の真ん中やや埒沿いを登坂。埒沿いぴったりを走る相手とは少し馬体を離した形の併せ馬。加速ラップを踏み相手に1馬身半先着はしたものの、ラスト1Fから強めの肩ステッキ2発を入れ、強めに追って何とかという内容で走りに余力は感じない。とは言え、序盤の動きは低い姿勢で前脚のスナップが効いた悪くない走り。馬体も大きく見せてはいるのだが…。ラスト1Fの動きを割り引き、この評価とする。

ステラヴェローチェ 55.0 【B+】

栗東CW単走。G前軽く促す⑦

馬場の7分どころを通り直線へ。直線半ばで右手前に替えたが、この手前の切り替えは極めてスムーズでカッコ良い。減速を最小限に抑える動きにセンスを感じる。フットワークも大きく、トモで地面をしっかり掴んで後ろに力強く蹴りだすことで推進力ある走り。前脚の伸びやかさがもう少し出てくれば文句はないのだが…。終いは少し緩めてフィニッシュ。高く評価したい。

jamie

追い切りからは、キレるというよりかはスピードの持続力があるタイプの馬。スピードに乗せてからそのスピードを維持する能力が高い。所謂トップスピードの質が高い馬。府中の舞台の方が合いそうではある。

ドゥラモンド 55.0 【B-】

美浦南W併せ。G前仕掛け

3頭併せの中。気性の悪い馬なのだろうか。内外とは馬体を離した形の併せ馬。実際に直線向いて、アタマを大きく振り気の悪いところを見せていた。アタマも上り、それが起因となり走りもヨレる。馬体を離した併せ馬をしていた理由が分かった気がする。最後の100mで右手前に替わるとまともな走りとなり、内外の相手には2馬身先着はしていたが…。最後の右手前時の動きは良かった全体としてはマイナス評価となる。

ブルースピリット 55.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑧

3頭併せの中。内は同レースに出走予定のグレナディガーズ。直線半ばで内にアタマ差出られるもその後盛り返し最後は追い付き併入という内容。ただアタマが高く推進力を上に逃がす走りとなっている点は割り引き。四肢の可動域も広くなく動きに余力も感じない。グレナディガーズとの比較でマイナス評価となる。

ホウオウアマゾン 55.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑦

3頭併せの中。外はエントシャイデン。これを1馬身半追走し、コーナーワークで一瞬並ぶも、直線では馬なりのエントシャイデンにジワッとクビ差を広げられ、こちらは強めに追うもなかなか差が縮まらない。結局来るのを待っていたエントシャイデンに追い付かず、半馬身遅れという内容。ストライド走法の馬でフットワークは大きいのだが、前脚の伸びやかさがなく脚元もまだ非力。

モントライゼ 55.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽く促す。

直線は馬場の真ん中に。埒を頼る癖があるのか…。手前を替えたタイミングと、鞍上がステッキを抜いたタイミングで2度ほど左(ラチ側)にヨレた点は気になるところ。結局ステッキは使わず、G前軽く促して登坂させるもラスト1Fで0.3秒の失速。走りに余力なく評価しづらい。

レッドベルオーブ 55.0 【B+】

栗東CW併せ。G前軽く促す⑤

2併せの内。軽め内容も、映像からこの馬の持つスケールの大きさが十分に伝わってくる動き。低い姿勢、クビの角度、四肢の可動域、弾むようなフットワークに、動きのしなやかさ。どれもとっても動きの質が素晴らしい。1馬身追走から、軽く促し3/4馬身先着という内容。時計は全く出しておらず、最終追い切りでビッシリと追ってくることになりそう。楽しみにしておきた。

ロードマックス 55.0 【B】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け④

2頭併せの外。内の相手を2馬身追走から直線でもギリギリまで我慢させ、馬なりのまま相手の前に出たところで軽く仕掛けると、素早く反応し4.5馬身突き放す好内容。好時計も通ったコースは内目。また相手もさして動けておらず過剰な評価は禁物。四肢の可動域はそれほど広くないものの、クビを前に突き出し身体全身を使って走れていはいる。気になるのは最後に右手前に戻した点。左手前が苦手なのだろうか…。評価は据え置くが、何か気になる1頭。最終追い切りでも注目したい。

朝日杯FSの参考レース

blogで公開しているレースを中心に情報を掲載しています。

以下のレースからの臨戦組については掲載しておりませんのでご了承ください。

  • ベゴニア賞(東京芝1600m 1勝クラス)
  • 秋明菊賞(阪神芝1400m 1勝クラス)
  • もみじS(京都芝1400m オープン)
  • アスター賞(中山芝1600m 1勝クラス)
  • 新馬、未勝利

11.28 京都2歳S(GⅢ)

  1. バスレットレオン(6着)
    • 最終追い切り評価 【B-】
あわせて読みたい
《2020》京都2歳S【評価結果】―レース回顧
《2020》京都2歳S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jamie、このレースの評価結果はどうやった?出走馬10頭中、追い切り動画で確認できた馬は8頭。うち、3頭を高評価としたよ。【A】評価2...
あわせて読みたい
《2020》京都2歳S【最終追い切り】調教
《2020》京都2歳S【最終追い切り】調教2020年11月28日(土)に阪神競馬場で行われる『京都2歳S(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。出走馬は10頭。追い切り動画で確認できた8頭の追い切り評価とな...

11.23 東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)

  1. ジュンブルースカイ(3着)
    • 最終追い切り評価 【B-】
あわせて読みたい
《2020》東京スポーツ杯2歳S【評価結果】―レース回顧
《2020》東京スポーツ杯2歳S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】着順馬名評価人気1ダノンザキッドA12タイトルホルダーB+53ジュンブルースカイB-34プラチナトレジャーB-65ヴェローチェオロB76ドゥラヴ...
あわせて読みたい
《2020》東京スポーツ杯2歳S【最終追い切り】調教
《2020》東京スポーツ杯2歳S【最終追い切り】調教2020年11月23日(祝)に東京競馬場で行われる『東京スポーツ杯2歳S(G3)芝1800m』の最終追い切り評価となります。出走登録は10頭。追い切り動画で確認できた9頭の追い...

11.14 デイリー杯2歳S(GⅡ)

  1. レッドベルオーブ(1着)
    • 最終追い切り評価 【A】
  2. ホウオウアマゾン(2着)
    • 最終追い切り評価 【B-】
  3. スーパーホープ(3着)
    • 最終追い切り評価 【B+】
  4. カイザーノヴァ(5着)
    • 最終追い切り評価 【B-】
あわせて読みたい
《2020》デイリー杯2歳S【評価結果】―レース回顧
《2020》デイリー杯2歳S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬8頭中、高評価としたのは3頭。3頭中、2頭が馬券内も、【A】評価は断然1番人気のレッドベルオーブ。微妙な結果となってしまった...
あわせて読みたい
《2020》デイリー杯2歳S【最終追い切り】調教
《2020》デイリー杯2歳S【最終追い切り】調教2020年11月14日(土)に阪神競馬場で行われる『デイリー杯2歳S(G2)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走馬は8頭。全馬の追い切り評価となります。【カイザー...

11.07 京王杯2歳S(GⅡ)

  1. モントライゼ(1着)
    • 最終追い切り評価 【B】
  2. ロードマックス(2着)
    • 最終追い切り評価 【B】
あわせて読みたい
《2020》京王杯2歳S【評価結果】―レース回顧
《2020》京王杯2歳S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬18頭中、追い切り動画で確認できたのは15頭。うち、【B+】以上の高評価馬は3頭。このレースの最終追い切りで良く見えた馬は少な...
あわせて読みたい
《2020》京王杯2歳S【最終追い切り】調教
《2020》京王杯2歳S【最終追い切り】調教2020年11月7日(土)に東京競馬場で行われる『京王杯2歳S(G2)芝1400m』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価と...

10.10 サウジアラビアRC(GⅢ)

この週は筆者都合によりblogをお休みさせていただいていました。

8.30 新潟2歳S(GⅢ)

  1. ショックアクション(1着)
あわせて読みたい
《2020》新潟2歳S【評価結果】―レース回顧
《2020》新潟2歳S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】着順馬名評価人気1ショックアクションA22ブルーシンフォニーB-13フラーズダルムB-34ファルヴォーレB-105シュヴァリエローズB+46セイウ...
あわせて読みたい
《2020》新潟2歳S【最終追い切り】調教
《2020》新潟2歳S【最終追い切り】調教2020年8月30日(日)に新潟競馬場で行われる『新潟2歳S(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走登録は11頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価と...

最終追い切りは必ずチェックしよう

あわせて読みたい
《2020》朝日杯FS【最終追い切り】調教
《2020》朝日杯FS【最終追い切り】調教2020年12月20日(日)に阪神競馬場で行われる『朝日杯FS(G1)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となり...
2020 朝日杯FS 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる