《2020》新潟2歳S【最終追い切り】調教

2020 新潟2歳S 追い切り 調教

2020年8月30日(日)に新潟競馬場で行われる『新潟2歳S(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走登録は11頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

シュヴァリエローズ 54.0 【B+】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑨

2頭併せの内。直線並んだ状態から相手に少し前に出られると、鞍上が肩を叩き軽く仕掛ける。すると手前を右手前に戻して伸び、追う相手に半馬身先着。鞍上から指示に素早く反応できており、重心の低いフォーム。好調だろう。

ジュラメント 54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり。

2頭併せの内。右手前で引っ張り、直線半ばで手前を逆手前(左手前)に替えた後は、1完歩毎に手前を右→左→右と替えた。直線だけで手前を5回もコロコロと替え遊びながら走っていた点は評価しづらい。ただ鞍上は抑え気味に走らせており、かなり余力を感じる内容。クビをしっかり動せて走れてはおり、本気で走れば分からない雰囲気の良さは感じたため評価は据え置いた。

ショックアクション 54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

全体時計は55秒と相当遅いため、当然と言えば当然なのかもだが、ラスト2F時計24.7-11.8秒がかなり優秀。ラスト1Fの一番苦しいところで、馬自らが脚の回転を上げ、加速した点と、四肢の可動域が広いダイナミックなフォームを高く評価したい。活気も申し分ない。

セイウンダイモス 54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑤

3頭併せの内。前脚を高く上げて、地面に叩きつけるように下ろしながら走るフォーム。力強い一方、全体的に動きはスローで無駄な動きが多い。全体的な走りの完成度は低く、マイナス評価でも良いが、追う中の相手に馬なりのままクビ差先着した点を評価し据え置いた。

タイガーリリー 54.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑤

3頭併せの内。頭が高くクビを上手に使えていない走りは割引。時計も平凡で走りに気迫も感じない。併せた中外の相手とは併入した。

ハヴァス 54.0 【C】

栗東CW単走。馬なり⑧

コーナーまでの動きは、クビを使い四肢を大きく広げた走りで悪くなかったものの、頭がやや高めで推進力にブレーキがかかるフォームであった点は割引。それよりも問題なのが直線に入ってからの動き。完全にバテバテ。手前を替えて走るも、疲れていたのか脚が前に出てこない。これでは…。

ファルヴォーレ 54.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

軽めの調整内容。軽めの内容であるにも関わらず、体幹のしっかりせず、走りが左にヨレた点は大きく割引。頭も高く脚元も非力。評価できない。

フラーズダルム 54.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

序盤、手前を替える際、頭をかなり高く上げ、嫌がる仕草をした点は大きな割引。その後は真っ直ぐ一定のリズムで淡々と駆けたが、脚元に力強さはなく、動きの迫力を欠く内容。

ブルーシンフォニー 54.0 【B-】

美浦南W併せ。G前仕掛ける⑤

2頭併せの内。直線クビ差出た状態から軽く仕掛けるも、後ろから来た外の相手に追い付かれてアタマ差遅れ。頭を低い位置に保ち、キビキビとした好フォームではあるが、この内容では評価できない。

この馬は1週前に美浦南Wで63秒台の猛時計を出しており能力の裏付けはある。当日のパドック気配には注意したい。

ブルーバード  54.0 【B+】

美浦南W単走。G前軽仕掛け⑧

直線半ばで鞍上が軽く仕掛けると、素早く反応して、四肢を大きく広げ、ダイナミックなフォームで駆けた。全体時計、ラスト1F時計も強調できるものではないが、こう言った馬は映像を見ていないと評価しづらい馬。脚元こ力強さが物足りないものの、思い切ってプラス評価としてみたい。

ロードマックス 54.0 【A】

栗東CW併せ。馬なり⑦

他の馬と走りの質が異なる。小柄な馬だが、クビを使ってキビキビとした走り。四肢の可動域も広い。コーナーからもの凄い勢いで回ってくると、直線だけで5馬身以上突き放した。活気も十分。若干の発汗が見られるも文句なしのA評価。

1週前追い切り評価(Twitterより)

今週開催のその他重賞レース

あわせて読みたい
《2020》キーンランドC【最終追い切り】調教
《2020》キーンランドC【最終追い切り】調教2020年8月30日(日)に札幌競馬場で行われる『キーンランドC(G3)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走が確定した16頭中、15頭の追い切り評価となりま...
2020 新潟2歳S 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる