《2020》菊花賞【1週前追い切り】調教

2020 菊花賞 最終追い切り 調教 評価

2020年10月25日(日)に京都競馬場で行われる『菊花賞(G1)芝3000m』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は29頭。追い切り動画で確認できた23頭の追い切り評価となります。

目次

アイアンバローズ 57.0 【C】

栗東坂路併せ。G前強め。

併せた相手には2馬身先着も、これは相手が弱い。鞍上は右手綱だけを動かし、真っ直ぐ走らせようとするも真っ直ぐ走ることが出来ずヨレてしまっている。アタマの高いフォームでラスト1Fは0.9秒と大きく失速。評価できない。

アリストテレス   57.0 【B−】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑥

2頭併せの内。直線半馬身遅れの状態から軽く仕掛けてハナ差相手の前に出るも、ほぼ馬なりの相手を交わすことが出来ず併入。馬体が相手の影に隠れて動きがほとんど見えなかったが、前脚の伸びやかさは物足りない。相手に対してやや手応え劣勢だった分割引いた。

アンティシペイト 57.0 【B+】

美浦南W併せ。G前仕掛け④

3頭併せの外。中はダノングロワール、内はサトノフラッグ。直線で先行した状態から相手が並びかけて来るのを待ち、並びかけられてから肩をポンと叩き仕掛けると、キレる感じではないものの、四肢を大きく広げジワジワ差を広げる走り。並んだ状態から、内の相手に1馬身、中の相手にクビ差先着した。通ったコースが内目とは言え、時計も優秀。余力十分の動きで京都の下り坂を利用して、ドンドン加速して来そうなイメージが持てる。高く評価したい。

ヴァルコス  57.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑤

3頭併せの中。直線で強めに追うも、クビ差前にいる内の馬なりの相手になかなか追い付けない。軽く仕掛けられた外の相手にも手応え劣勢。しっかり追われて最後に何とか併入という内容。リズミカルに走れてはいるものの、完調手前と言った内容。終いにかけて伸びるラップが踏めており、最終追い切りへの期待も込めて評価は据え置いた。

ヴェルトライゼンデ 57.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑧

2頭併せの内。コーナー深く回り直線へ。ピッチ走法。直線半ばまで一切追わず、右手前で引っ張る。直線半ばで手前を替えてからの走りが案外。肩ステッキが入るも反応鈍く、左前脚の伸びやかさを欠く走り。強めに追って一度は外の相手に1馬身前に出るも、最後に詰められて半馬身先着という内容。高い評価はしづらい。

エンデュミオン 57.0 【A】

栗東CW併せ。G前一杯⑨

3頭併せの外。直線向いて中の相手は1馬身前。内の相手はコーナーでショートカットし3馬身以上前に。軽く仕掛けると素早く反応し、アッという間に中の相手を置き去りに。だいぶ前を行く内の相手にも、ムチを入れてスッと半馬身交わしてゴール。脚元の力強さに物足りなさを感じるものの、素軽い動きで動きに力みなく、ムダもない。長い間、低い姿勢を保ち、四肢を大きく広げ推進力ある走りが出来ている。高く評価したい。

ガロアクリーク 57.0 【B-】

美浦南W単走。G前軽仕掛け⑧

単走での追い切りだったが、直線で、3頭併せをしている馬たちを瞬時に抜き去った脚は目を引いた。ただ抜け出してから鞍上が軽くクビを押して仕掛けられたのがイヤだったのか、アタマを上げる仕草になった点は大幅に割引。その後は押しても前に進んで行かない走りになった。

キメラヴェリテ 57.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬の気分に任せて単走で軽めに登坂という内容。走りがこじんまりとしており、走りの軸も安定していない。何とか加速ラップを維持していたが、この加速ラップは時計が遅く評価の対象外。

コントレイル   57.0 【A】

栗東CW併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。併せた相手は同レースに出走登録しているタイセイモンストル。5馬身前を行く相手を追走し、馬なりで並びかけると、馬自らが脚の回転を上げ、追う相手を尻目に3馬身突き放した。しなやかな動きは変わらずで、才能溢れる走り。過去にないほど活気にも満ち溢れている。文句なし。

サトノゴールド 57.0 【C】

栗東CW併せ。G前一杯⑤

2頭併せの外。直線で一杯に追うも、併せた相手に2馬身半突き放された。四肢の可動域が狭くアタマも高いため前への推進力がほとんどない。相手ががかなり動けていたこともあるが、この馬自身の走りもかなり悪い。

サトノフラッグ 57.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり②

3頭併せの内。中はダノングロワール。外はアンティシペイト。時計だけ見ると評価したくなるかもだがこれは注意。通ったコースはかなり内目で、馬なりのままの中外の相手に簡単に1馬身半交わされている。直線一瞬だけ相手の前に抜け出した時の数完歩は良かったのだが、スピードが持続できていない。完調手前。

ターキッシュパレス 57.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑨

3頭併せの外。内は相手にならず中の相手との併せ馬。中と同じように強めに追うも、最後までクビ差が縮まらず、最後はこちらが疲れて脚色が鈍った。外目を回ったことを考えると全体時計は出ているものの評価しづらい。

タイセイモンストル 57.0 【C】

栗東CW単走。G前強め⑥

2頭併せの外。併せた相手はコントレイル。相手が悪過ぎる。5馬身先行から3馬身突き放された。この馬単体で見ても四肢の可動域は狭く、動きもスローで脚元も非力。

ダノングロワール 57.0 【B+】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け③

3頭併せの中。内はサトノフラッグ。外はアンティシペイト。直線でサトノフラッグに半馬身前に出られてから、軽く仕掛けると伸びて1馬身半突き放した。外のアンティシペイトも動けおり、これとは併入した。まだ身体が重く感じるも、アタマを低く保ちパワフルに動けている。プラスに評価してみたい。

ディープボンド 57.0 【B+】

栗東CW併せ。G前強め⑦

2頭併せの内。強めに追われた相手をジワジワと3馬身突き放す好内容。四肢の可動域は広く、トモの使い方もしなやかな。相変わらずダイナミックな好フォーム。追えばまだ伸びる余力がある点も好感。高く評価したい。

バビット  57.0 【B+】

栗東CW併せ。G前強め⑦

2頭併せの内。もの凄い活気。直線で外の相手に並びかけると、顔を相手の方に向けて相手を煽るような走り。相手の反応を見極めると、前を向いて伸び3馬身先着。前脚の掻き込みが力強く回転力十分の走り。少し気になるのは相手を交わし切った後、少し緩んだ点。四肢の可動域が狭くなり終いにかけて緩めた点をどう評価するか。またもの凄い闘志と裏腹に力み過ぎている感があるのも否めない。最終追い切りで見極めたい。

ヒートオンビート 57.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前一杯。

ラスト1Fからムチを使い、めい一杯追って併せた相手には2馬身先着も、アタマの位置が高く、クビをほとんど使えていないフォームは割引。脚力だけで走っており、この走りでは長距離線では持たない。時計も遅く、ラスト1Fで0.1秒失速している点も割引。

ビターエンダー 57.0 【B+】

美浦南W併せ。G前強め⑧

2頭併せの外。直線で併せた相手に並びかけると慌てて抜こうとはせず鞍上からの指示を待つ。鞍上が仕掛けるとグンと伸びて4馬身先着。動きが少し重く見えた分、一つ評価は下げたものの、ピタリと折り合いが付いていた点は高く評価したい。

ブラックホール 57.0 【C】

美浦南W併せ。G前一杯⑧

2頭併せの内。ピッチ走法。キビキビとした動きもクビは使えておらずアタマの位置は高め。直線でムチを使われめい一杯追われるも、馬なりの相手に楽々と1馬身半交わされる内容。直線で手前を替えなかった点も割引。

マンオブスピリット 57.0 【B-】

栗東CW併せ。G前一杯⑧

3頭併せの中。直線半ばからめい一杯追うも、軽く仕掛けられた内の相手に1馬身半突き放され、馬なりのままの外の相手と併入という内容。仕掛けてからの反応も悪く脚元が非力で前に推進していかない。

ラインハイト 57.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑨

2頭併せの外。それほど馬体の大きくない馬だろう。そのためピッチ走法気味に見えるが、この馬なりに身体全身を使ってキビキビと走れている。問題は手前脚。直線で手前を替えるのを拒み、右手前1本で走った点は大きく割引。ただ活気は十分で調子が悪くは見えないため、最終追い切りへの期待も込めての据置評価とした。

レクセランス 57.0 【B+】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑥

3頭併せの内。3頭雁行状態で直線へ。中外の相手の仕掛けを待ってから、仕掛けを開始。勢いある相手に対して抜かせることなく、グッと反応し、そのまま中に2馬身、外に1馬身半先着。抜け出す時の脚は極めて力強く、フォームのバランスが素晴らしい。走りに力みなく余力も十分。高く評価したい。

ロバートソンキー 57.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

相手を2馬身追走し、直線向く手前から右手前に替わると、前脚をムチのようにしならせるような活気ある掻き込み。馬なりのまま、追う相手を尻目に楽々と1馬身先着した。かなり余力十分の内容。アタマの位置が安定せず、推進力が上に逃げる完歩も見られ、相手に合わせて走ったとは言え、ラスト1Fで0.3秒失速した分を割引いたが、状態は良さそう。最終追い切りに期待したい。

最終追い切りの動きも確認しよう

あわせて読みたい
《2020》菊花賞【最終追い切り】調教
《2020》菊花賞【最終追い切り】調教2020年10月25日(日)に京都競馬場で行われる『菊花賞(G1)芝3000m』の最終追い切り評価となります。出走が確定した全18頭の追い切り評価となります。【アリストテレス...

菊花賞トライアルレースの追い切りも確認しよう

神戸新聞杯(G2)~中京芝2200m~

あわせて読みたい
《2020》神戸新聞杯【評価結果】―レース回顧
《2020》神戸新聞杯【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】着順馬名評価人気1コントレイルB12ヴェルトライゼンデB33ロバートソンキーB+144ディープボンドB+45ターキッシュパレス-176エンデュミ...
あわせて読みたい
《2020》神戸新聞杯【最終追い切り】調教
《2020》神戸新聞杯【最終追い切り】調教2020年9月27日(日)に中京競馬場で行われる『神戸新聞杯(G2)芝2200m』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた16頭の追い切り評価と...
あわせて読みたい
《2020》神戸新聞杯【1週前追い切り】調教
《2020》神戸新聞杯【1週前追い切り】調教2020年9月27日(日)に中京競馬場で行われる『神戸新聞杯(G2)芝2200m』の1週前追い切り評価となります。出走登録は18頭。追い切り動画で確認できた8頭の追い切り評価...

セントライト記念(G2)~中山芝2200m~

あわせて読みたい
《2020》セントライト記念【評価結果】―レース回顧
《2020》セントライト記念【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】着順馬名評価人気1バビットB42サトノフラッグB+13ガロアクリークB-24ラインハイトA95ヴァルコスB-56ココロノトウダイB+87フィリオアレ...
あわせて読みたい
《2020》セントライト記念【最終追い切り】調教
《2020》セントライト記念【最終追い切り】調教2020年9月21日(月・祝)に中山競馬場で行われる『セントライト記念(G2)芝2200m』の最終追い切り評価となります。出走馬は12頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い...
あわせて読みたい
《2020》セントライト記念【1週前追い切り】調教
《2020》セントライト記念【1週前追い切り】調教2020年9月21日(月・祝)に中山競馬場で行われる『セントライト記念S(G2)芝2200m』の1週前追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた4頭の追い...

今週開催のその他重賞レース

富士S(G3)~東京芝1600m~

あわせて読みたい
《2020》富士S【最終追い切り】調教
《2020》富士S【最終追い切り】調教2020年10月24日(土)に東京競馬場で行われる『富士S(G2)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走登録は13頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り...
2020 菊花賞 最終追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる