《2020》セントライト記念【1週前追い切り】調教

2020 セントライト記念 最終追い切り 1週前追い切り 調教評価

2020年9月21日(月・祝)に中山競馬場で行われる『セントライト記念S(G2)芝2200m』の1週前追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた4頭の追い切り評価となります。

目次

ヴァルコス  56.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑤

3頭併せの中。内は3歳2勝クラスのフライラークバード。外は古馬OPのウーリリ。内には2馬身半突き放されるも、外に1馬身先着という内容。低い姿勢で走れているが、内の相手が動けており見栄えの悪い内容。決して動きは悪いわけではないが、時計は平凡で評価は据え置く。最終追い切りに期待したい。

フライラークバードは、2020/9/20(日)中京9R 小牧特別(芝2200m)に出走予定。チェックしておきたい。

ガロアクリーク 56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前追う⑧

2頭併せの内。コーナーから外の馬に手応え劣る内容。直線で馬体が併さった際、相手を威嚇するかのように顔を相手の方に向けるも、相手はそれを意に介さず。ともにG前強めに追われて、本馬が半馬身遅れた。左手前に替わってからの動きが悪い。アタマが高くあがり走りが前に推進していかない。本調子とは思えない動き。最終追い切りでも注意してみたい。

サトノフラッグ 56.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり④

3頭併せの内。中は古馬2勝クラスのタンタフエルサ。外は古馬2勝クラスのオウケンスターダム。中外の相手を2馬身追走し、コーナーワークで並びかけると、直線は馬なりのまま中外の2頭に半馬身先着。クビをしっかりと使って身体全身を使うダイナミックなフォームは健在。素晴らしい前への推進力ある走りができている。高く評価したい。

フィリオアレグロ 56.0 【B】

美浦南W併せ。G前強め⑩

2頭併せの外。コーナーの一番深いところを回り直線へ。G前強めに追われて併せた相手と併入した。この馬は右手前が得意か。左手前時はクビの使い方が悪く推進力を上に逃がす走りになっていたものの、ラスト1Fで右手前に替わると、アタマの位置が低くなり、四肢を大きく広げ力強い走り。プラスマイナス0で評価は据え置いた。ただ調子は悪くは見えず最終追い切りで注視したい1頭。

この馬は左手前が苦手な可能性があり。

あわせて読みたい
《2020》ローズS【1週前追い切り】調教
《2020》ローズS【1週前追い切り】調教2020年9月20日(日)に中京競馬場で行われる『ローズS(G2)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。出走登録は19頭。追い切り動画で確認できた5頭の追い切り評価とな...

(ご参考)神戸新聞杯【2週前追い切り速報】調教

コントレイルの2週前追い切りの動きについてはTwitterでつぶやいています。

シンボリルドルフ、ディープインパクト以来の無敗の3冠馬牡馬が誕生し、ディープインパクト後継の最有力種牡馬となるか。楽しみですね。

jamie

ブログの1記事にはならない情報については、Twitterでつぶやいています。是非チェックしてみてください。

下記Twitterリンクや、各ページのTwitterボタンを押すと素早くアクセスできます。

2020 セントライト記念 最終追い切り 1週前追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる