《2020》ローズS【1週前追い切り】調教

2020 ローズS 最終追い切り 1週前追い切り 調教評価

2020年9月20日(日)に中京競馬場で行われる『ローズS(G2)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は19頭。追い切り動画で確認できた5頭の追い切り評価となります。

目次

アブレイズ  54.0 【A】

栗東坂路併せ。G前強め。

1馬身前の馬を追走。馬なりで楽々並びかけると、ラスト1Fから強めに追って1馬身突き放す好内容。雄大な馬体から繰り出される力強いフットワークは力感十分。更に驚くべきはこの馬が踏んだラップ。全体時計が51.3秒でラスト2Fが23.5秒(11.8-11.7秒)と破格の時計だ。これを舌を出しつつ走っており、まだまだ本気で走っていない。とんでもない馬かも知れない。

以下の京成杯AHの1週前追い切り記事のジャンダルムの箇所も是非読んで欲しい。ローズSの2週前追い切りでは、京成杯4着のジャンダルムを子ども扱いしていた。

あわせて読みたい
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教2020年9月13日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。出走登録19頭中、動画で確認できた6頭の追い切り評価...

ウーマンズハート 54.0 【B+】

栗東坂路併せ。馬なり。

ラスト1Fまで相手の真後ろにピタッと付け、ラスト1Fで相手の右に出て、馬なりでアッという間に1馬身突き放す好内容。序盤はアタマが高かったが、ラスト1Fで相手の横に出してからはクビを使って力強い走り。右手前1本で登坂も余力十分の内容。最終追い切りでどのような仕上げをしてくるか。楽しみにしたい。

クラヴァシュドール 54.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり④

2頭併せの内。併せた相手を馬なりのまま5馬身以上突き放す好内容。相手が違うと言わんばかりの突き放しっぷりだ。この馬らしい低い姿勢で、クビと脚の連動性が高いバランスの良い好フォーム。好時計も、通ったコースはかなり内目のため、過剰な評価は禁物。踏んだラップも少しチグハグだった分、評価を1つ下げた。

チャイカ  54.0 【B】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

ラスト1Fからの映像しかなかったが、前を走る馬に追いつきそうになり右ズレる。右手前1本で登坂した点は割引も、低い姿勢の好フォームで軽く仕掛けて加速ラップを維持した点は評価できる。活気はあるものの脚元が非力な印象。この評価となる。

デゼル   54.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前強め。

低い姿勢の好フォームでスピード感十分に坂路に入ってくる。追う相手に対して、馬なりのまま相手を1馬身前に出る。そこで気を抜いたか、ラスト1Fで0.7秒と大きく失速。最後は鞍上にムチを入れられ気合いを付けられるも、反応なくそのままゴールした。最後の大きな失速は評価しづらい。

あわせて読みたい
《2020》セントライト記念【1週前追い切り】調教
《2020》セントライト記念【1週前追い切り】調教2020年9月21日(月・祝)に中山競馬場で行われる『セントライト記念S(G2)芝2200m』の1週前追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた4頭の追い...

(ご参考)神戸新聞杯【2週前追い切り速報】調教

コントレイルの2週前追い切りの動きについてはTwitterでつぶやいています。

シンボリルドルフ、ディープインパクト以来の無敗の3冠馬牡馬が誕生し、ディープインパクト後継の最有力種牡馬となるか。楽しみですね。

jamie

ブログの1記事にはならない情報については、Twitterでつぶやいています。是非チェックしてみてください。

下記Twitterリンクや、各ページのTwitterボタンを押すと素早くアクセスできます。

2020 ローズS 最終追い切り 1週前追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる