《2021》ホープフルステークス【1週前追い切り】調教評価

2021年12月28日(祝)に中山競馬場で行われる『ホープフルS(G1)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。

出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り評価となります。

以下の4頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • グランドライン
  • サトノヘリオス
  • ジャスティンパレス
  • ボーンディスウェイ
目次

アケルナルスター   55.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

前を1馬身追走し、外を回してゴール前でスッとクビ差先着。時計は出ていないものの好内容。重心高めの走りも、体幹はしっかりしており、脚の回転も鋭く、前に推進する走りができている。

アスクワイルドモア  55.0 【B+】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑨

武豊騎手が騎乗。2頭併せの内。3馬身追走からコーナー深く回り、直線で先に仕掛けて3/4馬身先着という内容。全体時計は平凡もラスト1Fは11.2秒。右手前時の走りに比べると、左手前時の前脚の出が少し悪くは映ったが、最後まで低い姿勢の美しいフットワークで走れている。活気も十分。仕掛けの反応に少しだけ物足りなさを感じた分、一つ評価を下げた。

jamie

朝日杯FSの前に、この馬の追い切りに騎乗しています。朝日杯FSの勝利ジョッキーインタビューでは「リーチ一発で決めたい」という発言があり、これはこの馬に対する期待と手応えの表れでしょう。武豊騎手ならやってくれるかもしれません。楽しみですね。

オニャンコポン    55.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

序盤はキビキビと活気十分な走り。外の相手を1馬身追走し直線に入ってくるも、コーナーで逆手前。そのため直線でも逆手前での走り。最後は脚色が鈍り、力なく併せた相手に1馬身半遅れ。評価しづらい。

jamie

併せた相手は、新馬のルージュエビスでした。

キラーアビリティ   55.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑧

横山武騎手が騎乗。コーナーからスピード感十分に弾むようなフットワーク。クビを前に突き出し、前傾姿勢を維持したまま走法で、急坂はどうか。とは言え、鞍上のステッキを抜く仕草に素早く反応し終いしっかり伸びている。通ったコースを考えると、馬なりでこの時計はかなり優秀。能力の証だろう。最終追い切りは軽めになることが想定される。評価しておきたい。

クラウンドマジック  55.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑨

岩田康騎手が騎乗。2頭併せの外。とてもゆったりとした内容。1馬身先行から直線で相手が来るのを待ち、ラスト1Fからは見せムチ使って、めい一杯追うという終い重点の内容。併せた相手には2馬身半ほど先着したか。四肢の可動域は十分も、動きがスローでまだ身体が重く映る。最後に手前も戻していた。評価は割引いた。

コマンドライン    55.0 【B】

美浦南W単走。G前仕掛け⑥

2頭併せの内。前を4馬身ほど追走していただろうか…。直線で仕掛けて半馬身先着という内容。ただ外の相手が終始馬なりだったこともあり、余力は感じられなかった。ただ、前脚を高々と上げ地面に叩きつけるように走れており、調子は悪くなさそう。仕掛けてからの反応にもう少し鋭さが出てくれば…。評価は据え置いた。

jamie

併せた外の相手は、古馬1勝クラスのブルメンダールでした。

シャルビーズアイ   55.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。前を走る相手の真後ろに付け、コーナーの一番深いところを回ってくる。直線向いてから相手の内に入れ、馬なりのまま並び掛けるも、相手を交わすことなく、最後は同じく馬なりの相手に僅かに前に出られアタマ差遅れ。クビの振りが一定となっていない点、右手前に替わってからの走りが少し窮屈となり、手前変換後の数完歩、上体が上ずった走りとなった点は割引き。この評価となる。

タイラーテソーロ   55.0 【B】

美浦南W併せ。G前軽く促す⑦

3頭併せの中。内は有馬記念に出走予定のタイトルホルダー。ラスト1Fでタイトルホルダーに前に出られそうになると手前を替えて喰らい付く走りを見せていた点は評価したいところ。タイトルホルダーにはアタマ差遅れるも、外には3/4馬身先着。活気十分にパワフルには走れている。ただ前捌き硬く、動きの伸びやかさ一息。評価は据え置いた。

フィデル       55.0 【A】

栗東CW単走。馬なり⑤

2頭併せの内。軽めの内容。前を4馬身ほど追走。外目を走る相手に無理に併せに行くことなく、直線は馬場の真ん中に入ってくる。弾力性あるフットワーク。一切気負うことなく、鞍上との折り合い完璧に気分良さそうに駆けた。軽めの内容ではあったが集中して駆けていた点も好感。少し馬体が細く映る点は気になるところだが、動きは上質。高く評価したい。

jamie

併せた相手はまったく気にしていませんでした。ラクラクと1馬身先着です。ゴール後に軽くクビを促すだけでギュンと伸びていた点も見逃せません。

マテンロウレオ    55.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

1馬身追走から、ラスト1Fで並び掛けるも、めい一杯追ったラチ沿いの相手に突き放され、1馬身半遅れ。こちらはステッキを抜く程度の軽い仕掛けだったとは言え見栄えが悪い。真っ直ぐには走れているのだが、アタマの位置が身体の真ん中におけない走りは割引。また、ラスト1Fで0.6秒の失速。脚元も非力な印象を受ける。

ラーグルフ      55.0 【A】

美浦南W併せ。G前軽く促す⑦

丸田騎手が騎乗。2頭併せの内。前を3馬身追走。直線では軽く促すだけで、相手を寄せ付けず2馬身半先着という圧巻の内容。序盤は鞍上に抑えられていた事もあり、鶴クビとなっていたが我慢できていた。直線でそのパワーが解放されると、力感十分のパワフルな走り。力強さがありながら、四肢を大きく広げダイナミックな動きができている。すべての関節の可動もとてもしやなか。高く評価したい。

jamie

こんな良い馬がいたのかという感想です。

最終追い切りは必ずチェックしよう

あわせて読みたい
《2021》ホープフルステークス【最終追い切り】調教評価 2021年12月28日(火)に中山競馬場で行われる『ホープフルS(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価...

今週開催のその他重賞レース

阪神カップ(G2)

あわせて読みたい
《2021》阪神カップ【最終追い切り】調教評価 2021年12月25日(土)に阪神競馬場で行われる『阪神カップ(G2)芝1400m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...

有馬記念(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2021》有馬記念【最終追い切り】調教評価 2021年12月26日(日)に中山競馬場で行われる『有馬記念(G1)芝2500m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走登録は17頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2021》有馬記念【1週前追い切り】調教評価 2021年12月26日(日)に中山競馬場で行われる『有馬記念(G1)芝2500m(定量)』の1週前追い切り評価となります。 出走登録は17頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる