《2021》阪神カップ【最終追い切り】調教評価

2021年12月25日(土)に阪神競馬場で行われる『阪神カップ(G2)芝1400m(定量)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アストラエンブレム  57.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

身体の芯がカチッとせず、何かフニャフニャとした走り。手前を替えようとするも、なかなか替えられず、ようやく手前を替えたのが残り100m地点。評価できない。

グレナディアガーズ  56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

C.デムーロ騎手が騎乗。ラチ沿いを登坂。完全馬なり。持ったままグイグイと前への推進力が素晴らしい。顔を真っ直ぐ向け集中した走り。全体時計は控え目も、変に気負うところがなく、折り合い完璧。高く評価したい。

jamie

この馬の距離短縮は魅力ですね。

ケイデンスコール   57.0 【B+】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

岩田康騎手が騎乗。馬の多い時間帯の追い切り。前の馬がヨレ、進路に入ってくるも軽やかな躱し。走りを乱さなかった点は好感。ラスト1Fで、ハミをかけ肩ステッキを入れると、それに反応しゴール前スッと1馬身先着。終始低い姿勢を保ち、キレ味鋭く走れている。

jamie

2週続けて坂路でラスト1F鋭い伸びを見せています。距離短縮が嫌われて人気を落とすようなら面白いと思います。

サウンドキアラ    55.0 【B】

栗東坂路単走。終始促す。

ピッチ走法の馬。いつも力みなく走るのが特徴の馬だが、今回はいつになく気合い乗り十分。珍しく走る気持ちを見せている。鞍上が作るリズムに呼応するように、ゴール前で脚の回転を上げ、加速ラップを維持。評価は据え置くも、いつも以上によく見える。

jamie

1週前の坂路時計51.1-12.1秒もとても優秀です。

シヴァージ      57.0 【B+】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

吉田隼騎手が騎乗。ラチ沿いを1頭分空けて登坂。前脚を大きく前に投げ出し、後肢でしっかり地面を蹴る弾力性十分の走り。トビが大きく滞空時間も長い。ラスト1Fで軽く仕掛けると、鋭く伸びて0.7秒の加速。全体時計が遅いため当然と言えば当然かもだが、まだまだ走れるぞ言わんばかりに余力十分。馬体もふっくら見せている。

jamie

スプリーターズSの追い切りの方が良かったですが好調でしょう。どこかで息が入る展開になれば面白そうです。ただこのコースはそれが難しいような気もします。展開次第。

セイウンコウセイ   57.0 【B-】

美浦坂路単走。馬なり。

コーナーで逆手前。そのままラチ沿いを右手前1本で登坂した。アタマの位置が手前脚の上にあり、何かチグハグなフォーム。美しくない。評価は割り引いた。

ソングライン     54.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑧

2頭併せの内。前を1馬身追走から3馬身突き放す見栄えの良い内容。直線での手前替えスムーズに爽やかな走り。ただ少し上体高めで、四肢の可動域は平凡。追い切りからはこの評価となる。

jamie

シュネルマイスターと演じたNHKマイルで能力は証明されていますが、左回りばかり使われている点も少し気になります。

タイセイビジョン   57.0 【B】

栗東CW単走。馬なり⑥

ハロー明けだったのだろう。綺麗な馬場の内目を走り好時計。いつも追い切りで、よく見せない馬が近走動けている。クビに硬さは見られるも、身体全体を使って推進力ある走り。特に後肢の蹴りの強さは目を引く。ただ、最後は少し手応えないようにも見えた…。評価は据え置いた。

ダイメイフジ     57.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前強め。

ラチ沿いを走る相手を1馬身追走し直線に入ってくる。上体の高い走り。ラスト1Fからしっかり追われるも、アタマは下がらず0.3秒の失速。併せた相手には1馬身先着も、評価できない。

ダノンファンタジー  55.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑨

動きの質が一頭違う。柔らかな動きの中に力強さあり。クビの上下運動が激しく、少しロスが多いる走りになっていた点は割引も、活気十分にしっかり折り合って走れている。高く評価したい。

jamie

ピタっと折り合えば、一番強いのはこの馬なのではないでしょうか。

デュープロセス    57.0 【D】

栗東坂路。キャンター。

中1週もありキャンター調整。ただ顔は斜め下を向き、アタマをダラっと下げ、気のない走り。評価不能の【D】としたが、買いたいとは全く思えない。

ファストフォース   57.0 【A】

栗東坂路併せ。馬なり。

小崎騎手が騎乗。馬場の真ん中を登坂。前後の脚を真っ直ぐ前に出す好フォーム。全体時計52.9秒も、ラスト2F時計24.0-11.8秒は極めて優秀。この優秀な2F時計を、余力十分に完全馬なりで駆けた点を高く評価したい。

ベステンダンク    57.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

中1週のため軽めの内容。植え込み側を淡々と駆けさせた。菅が細く映り、脚元が非力。活気も薄く元気のない走り。評価できない。

ベストアクター    57.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

中2週ということもあり内容は軽め。この馬も脚元が非力。全体時計54.0秒と遅いにも関わらず、ラスト1Fで0.3秒失速しての12.6秒。併せた相手にクビ差先着も評価できない。

ホウオウアマゾン   56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

坂井瑠騎手が騎乗し、馬場の真ん中を登坂。鶴クビ気味に頭をグッと下げ集中した走り。内容は軽めも、馬体をふっくら見せパワフルな走りができている。最後に手前を戻したのは割引で一つ評価を下げた。

jamie

1週前は少しチグハグなラップも、好時計で終いしっかり加速できており、時計から好調さは見て取れます。勝負根性のある馬でこの枠も良いです。【B】の中では最上位です。

ラウダシオン     57.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑧

M.デムーロ騎手が騎乗。2頭併せの内。相手には遅れたものの、これは調子のよい時のラウダシオンの動き。馬体をふっくら見せ、リラックスして走れている。ただ四肢の可動域が狭く、この評価となる。

jamie

パドック良ければ再考の余地はあると思います。

ラヴィングアンサー  57.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。アタマが高くやや上体上ずった走りで、手前も右手前1本の走りだったものの、馬なりでラクラクと51.8-12.1秒。調子が良くないと出せない時計だ。高く評価しておきたい。

jamie

推せる点はまだあります。1週前のCW時計もかなり優秀でした。映像なく一概に評価できませんが、ダノンファンタジーと遜色ない時計です。妙味を考えると、かなり面白い1頭ではないでしょうか。

ルークズネスト    56.0 【B】

栗東CW単走。馬なり⑥

動きの質は変わらず上質。前脚を高々と上げ四肢の可動滑らか。ただ軽めだったとは言え、時折フワッとした走りになっており、推進力が完全に前に向いていなかった分、一つ評価を下げた。

今週開催のその他重賞レース

有馬記念(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2021》有馬記念【最終追い切り】調教評価 2021年12月26日(日)に中山競馬場で行われる『有馬記念(G1)芝2500m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走登録は17頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2021》有馬記念【1週前追い切り】調教評価 2021年12月26日(日)に中山競馬場で行われる『有馬記念(G1)芝2500m(定量)』の1週前追い切り評価となります。 出走登録は17頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い...

ホープフルS(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2021》ホープフルステークス【最終追い切り】調教評価 2021年12月28日(火)に中山競馬場で行われる『ホープフルS(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2021》ホープフルステークス【1週前追い切り】調教評価 2021年12月28日(祝)に中山競馬場で行われる『ホープフルS(G1)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り評...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる