《2021》ジャパンカップ【最終追い切り】調教評価

ジャパンカップ 追い切り 調教 評価

2021年11月28日(日)に東京競馬場で行われる『ジャパンC(G1)芝2400m(定量)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は外国馬3頭を含む18頭。追い切り動画で確認できた全頭の追い切り評価となります。

カレンブーケドールは脚部不安のため回避しました。

目次

アリストテレス    57.0 【B】

栗東CW併せ。馬なり⑨

3頭併せの外。鞍上は松若騎手(レースは横山武)。3頭ビッシリと馬体を並べて入ってくる。直線向いてから手前変換にスムーズさを欠いた点は割引きも、手前を替えてからはクビを前に突き出し、後肢でしっかり地面を蹴って推進力ある走り。馬なりで、追う内中の相手にラクラクと1馬身先着した。1週前からグッと上昇。評価は据え置くも好気配。

【1週前追い切り B-】

jamie

この馬は四肢の可動域はそれほど広くありません。見栄えする馬ではありませんが、2週続けウッドコースで時計を出しており意欲的な調整過程は評価したいと思います。

ウインドジャマー   57.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑦

3頭併せの中。前を1馬身半。内に2馬身先行した状態でコーナーを回ってくる。直線向いて3頭馬体が並ぶと、3頭ともそのまま馬なりで馬体を並べて併入。サラリとした内容。動きは相手のカゲに隠れ見づらかったが、前脚のスナップはよく効いている。ただクビをはじめとする上半身の伸びやかさが物足りない。評価は割引いた。

【1週前追い切り 映像なし】

オーソリティ     57.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり⑤

3頭併せの外。内中の相手に先行し馬場の5分どころを回ってくる。直線で3頭馬体が並ぶと、馬自らクビを縦に振り四肢を大きく広げ加速。力がギュッと身体の内側に凝縮する感じでキレがありパワフルな走りを披露。全体時計は平凡も、終いの伸びは迫力満点。中2週での臨戦となるが好調だろう。高く評価してみたい。

【1週前追い切り B-】

jamie

併せた相手は、ベゴニア賞に出走予定のリアグラシアでした。この馬にも注目です。

キセキ        57.0 【B】

栗東CW単走。馬なり⑩

1週前にCW6F追いで79秒台の早い時計を出しており、最終追い切りは軽め。単走でコーナーの一番深いところをゆったりと回ってくる。直線で左手前に替わった際、アタマが少し高くなり、その後はクビを大きく不規則に振る走りでアタマの位置が一定にならなかった点は割り引き。直線半ばで手前も戻していた。ただ、この馬らしい大きな動きで弾むようなフットワーク。柔らかく動けている。

【1週前追い切り B+】

jamie

1週前が良かったため、評価は据え置きました。この馬については当日のパドックで取捨を判断したいと思います。

グランドグローリー  55.0 【B+】

白井ダ単走。馬なり①

例年同様、外国馬は競馬学校のある白井コースでの最終調整。ラチ沿いをピタリと回ってくる。直線では左手前のままゴールまで。直線で顔が真っ直ぐに向かなかった点は割引きも、前脚を高々と上げ、なにかとても爽やかな走り。走りに推進力も感じる。状態面は良さそうでプラスに評価してみたい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

ゴール後に豪快に右手前に替えていましたが、そこからの走りは軽く流しただけ。もう少し見たかったというのが正直なところです。ただ何か気になる1頭です。

コントレイル     57.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

福永騎手が騎乗しラチ沿いを登坂。ラスト2Fでカチッと手前を替えて馬なりのまま、好フォームでこの馬らしい弾力性あるフットワーク。全体時計51.0秒もさることながら、馬なりでラクラクとラスト2F 23.9-12.0秒。ラストランに向け、CWと坂路の併用で万全の仕上げ。能力を発揮できる仕上がりだろう。高く評価したい。

【1週前追い切り B+】

サンレイポケット   57.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

鮫島克騎手が騎乗。ラチ沿いを登坂。古馬OP馬パーティナシティの真後ろに付け、残り250mあたりから横に出して相手を交わそうと試みる。ただ横にだした際、手前を右手前に戻してしまい、そこからは重心が高くなり、何かバタバタとした走り。仕掛けてからの反応と伸びも少し物足りない。綺麗な加速ラップを踏み何とかハナ差先着していたが…。評価しづらい。

【1週前追い切り B】

シャドウディーヴァ  55.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

1週前同様、美浦坂路での古馬2勝クラスのアリエノールとの併せ馬。これも1週前同様、美浦坂路の緩いコーナーを逆手前で入ってくる。直線向いて手前を替えたため直線でも逆手前。馬なりのままの相手にハナ差遅れた。毛艶は良く上から叩きつけるように走れてはいるのだが、重心高く相手にハナ差交わされる内容では高い評価は与えづらい。評価は割引いた。

【1週前追い切り A】

jamie

1週前からグッと評価が落ちた馬です。ただ毛艶はよく決して調子は悪くなさそうです。当日のパドック気配で馬券内に含めるか判断したいと思います。

ジャパン       57.0 【D】

白井ダ併せ。馬なり②

2頭併せの外。内は同レースに出走するブルーム。折り合い重点の軽めの調整。ブルームを前におき半馬身追走。そのまま半馬身遅れでゴールした。四肢の可動域は狭く何かチョコマカとした動き。ただこれはジョギング程度の走りであったためかも知れない。内容が軽すぎて正しい評価ができないた評価不能の【D】評価とする。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

オブライエン厩舎の同厩の2頭。ジャパンは何かブルームに気を使ったような走りにも見えました。オブライエン厩舎としてはブルームの方を色気を感じているのかも知れませんね。ただ、本馬もトモのボリュームは十分で毛艶は良いです。当日のパドックで再チェックしたいと思います。

シャフリヤール    55.0 【B+】

栗東坂路併せ。馬なり。

川田騎手が騎乗しての最終追い切り。前を1馬身追走しラチ沿いに入ってくる。川田騎手は最後までもったまま。軽めの内容。そのため重心は少し高めで唸るような走りは見られなかったものの、真っ直ぐ前を向き、集中して弾むようなフットワークで走れている。併せた相手にはクビ差遅れも、これは気にしなくても良いだろう。仕掛ければいつでも交わせる構えであった。状態は良さそう。プラスに評価したい。

【1週前追い切り B】

ブルーム       57.0 【D】

白井ダ併せ。馬なり①

2頭併せの内。外は同レースに出走するジャパン。ブルームとの比較では馬体は小さくやや華奢に見えるものの、低い姿勢を保ち、走りの弾力性と伸びやかさは感じる動き。とは言えキャンター調整でありかなり軽めの内容。ジャパン同様、評価不能の【D】評価とする。

【1週前追い切り 映像なし】

マカヒキ       57.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。軽い内容であったとは言え、重心高めで覇気のない動き。ラスト1F切ってから手前を替えて走ったが、そこからの走りも伸びることなく、やや縮こまった走りに。全盛期の迫力が影を潜めている。評価は割引いた。

【1週前追い切り B-】

jamie

前走の京都大賞典では復活の大激走をみせてくれたが、今回は少し厳しいのではないでしょうか。京都大賞典組なら断然アリストテレスの方がよく見えます。

ムイトオブリガード  57.0 【B】

栗東CW併せ。G前一杯⑧

2頭併せの内。直線で右手前に替わってから顔を相手の方に向け集中力欠く仕草。直線半ばまでは今一つピリッとしない動き。それを見かねた鞍上からの尻ステッキが入ると、右手前に戻し鋭く伸びた。抜け出す時の脚は、7歳馬とは思えないほど伸びやかな走りで目を引くものあり。併せた相手は2歳未勝利馬のシックザインとは言え一瞬で3馬身突き放していた。評価は難しかったが内容的にプラスにはしづらい内容。据え置いた。

【1週前追い切り B】

jamie

評価は据え置きましたが、人気を考えると是非かっておきたいと思う馬の1頭です。柴田善騎手が無欲の追い込みにかけるなら、爆穴になる可能性を秘めた1頭だと思います。

モズベッロ      57.0 【C】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

植え込み側を登坂。ラスト1Fでステッキを入れるも、明らかな失速を見せ、ラスト1Fで0.6秒の失速。評価できない。

【1週前追い切り 映像なし】

ユーキャンスマイル  57.0 【B】

栗東芝併せ。馬なり⑨

2頭併せの内。外は古馬OP馬のウーリリ。これを1馬身追走し、芝コースの一番外を回ってくる。直線向いても手前を替えることなく右手前。一時は馬なりのウーリリにアタマ差前に出られるも、これに喰らい付き、最後はグッと伸びて併入。クビと前脚の動きは伸びやかで調子は悪くないだろう。ただ股下に僅かに発汗が見られた。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

友道厩舎の3頭の中では、この馬がもっとも良く見えます。

ユーバーレーベン   53.0 【C】

美浦南W併せ。馬なり⑧

3頭併せの中。3頭馬体を並べて直線に入ってくる。内の相手は相手にならず、外の古馬3勝クラスのムスコローソとの追い比べ。元々完歩の大きな馬ではないものの、ここでも何かこじんまりとした走り。動きの伸びやかさがものたりない。そして、最後まで手前を替えることなく、左手前1本での走りだった点も大きく割引。1週前追い切りからの上昇が見られず、本調子ではないと判断したい。

【1週前追い切り C】

ロードマイウェイ   57.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや植え込み側から、ラチ側に斜行しながら追い切り。ただこれは前に馬がいたため、意図的に斜行させたもので気にする必要はないだろう。加速ラップは維持したものの、重心高くクビを上手に使えていない。評価は割引いた。

【1週前追い切り 映像なし】

ワグネリアン     57.0 【B-】

栗東CW併せ。

2頭併せの内。外はデルマヤクシ(1勝クラス)。相手は馬なりであり、終始舌を出しており真剣に走っていないにも関わらず、G前仕掛けるも交わすことができずクビ差遅れ。仕掛けてからの反応と伸びが物足りない。

【1週前追い切り 映像なし】

1週前追い切りの動きもチェックしておこう

あわせて読みたい
《2021》ジャパンカップ【1週前追い切り】調教評価
《2021》ジャパンカップ【1週前追い切り】調教評価2021年11月28日(日)に東京競馬場で行われる『ジャパンC(G1)芝2400m(定量)』の1週前追い切り評価となります。出走登録は21頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い...

今週開催のその他重賞レース

京都2歳S(G3)

あわせて読みたい
《2021》京都2歳ステークス【最終追い切り】調教評価
《2021》京都2歳ステークス【最終追い切り】調教評価2021年11月27日(土)に阪神競馬場で行われる『京都2歳S(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。出走登録は11頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価と...

京阪杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》京阪杯【最終追い切り】調教評価
《2021》京阪杯【最終追い切り】調教評価2021年11月28日(日)に阪神競馬場で行われる『京阪杯(G3)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた16頭の追い切り評...
ジャパンカップ 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる