《2021》シルクロードS【評価結果】―レース回顧

2021 根岸S シルクロードS 調教 追い切り 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

jamieのファン

jamie、今年は高松宮記念と同舞台となる中京芝1200mで行われるということで本番に向けても重要な1戦となったシルクロードSの追い切り評価結果はどうやった?

jamie

出走馬は18頭中、高評価としたのは4頭。B+評価のシヴァージが1着だったので少しは参考になった人がいたかも知れないね。

jamieのファン

10番人気で人気薄のA評価馬リバティハイツが4着!

jamie

そうなんだよね~、この馬が馬券内なら個人的には激アツだったよ。

jamieのファン

しかし、人気のモズスーパーフレアがこれだけ負けるとはね…。

jamie

競馬はこれだから面白いよね。少し振り返ってみようか。

着順馬名評価人気
1シヴァージB+4
2ライトオンキューB3
3ラウダシオンB2
4リバティハイツA10
5セイウンコウセイC15
6ルッジェーロB12
7ヴェスターヴァルトB7
8ザイツィンガー17
9ラヴィングアンサーC11
10タイセイアベニールB-13
11コントラチェックB-9
12プリモシーンB-14
13カイザーメランジェB-18
14エイティーンガールB8
15トゥラヴェスーラB5
16クリノガウディーA6
17モズスーパーフレアB+1
18ミッキースピリットB16

レース回顧

勝ち時計1:08.3秒。

施行時期は違えど、開催3週目で行われているG1高松宮記念の過去10年の(良馬場+稍重馬場のみ)の平均勝ち時計は1:08.2秒。

この日は天気が良く、木曜日に振った雨の影響はほとんどなかったのかも知れないが、開催5週目の今の中京馬場を考えると優秀な時計ではないだろうか。

ペースは、前半600mが33.7秒、後半600mが34.6秒。0.9秒前半の方が早いハイペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、モズスーパーフレア(北村友)であった。

パドック

パドック評価一番手はクリノガウディー。1、2着馬のシヴァージ、ライトオンキューは名前を挙げることができていたがともに人気馬。さして役に立っていたとは思わない。なお、ラウダシオンも悪くなかったがパドック評価は6.7番手だった。

展開

モズスーパーフレアがいつもどおりハナに。

クリノガウディーがスタートから気合いを付け番手を主張。調子が良かったのが仇になっただろうか、テンに速いモズスーパーフレアをムキになって追走していたようにも見えた。

4角手前の隊列は以下のとおり。

集団
先頭

モズスーパーフレア

集団
2列目

クリノガウディー

集団
3列目

セイウンコウセイ

集団
4列目

ライトオンキューラウダシオン

集団
5列目

ヴェスターヴァルト、トゥラヴェスーラ

集団
6列目

コントラチェック、カイザーメランジェ、リバティハイツ、シヴァージ

集団
7列目

ザイツィンガー、プリモシーン、ミッキースピリット

集団
8列目

タイセイアベニール、ルッジェーロ、ラヴィングアンサー、エイティーンガール

1着 シヴァージについて

スタートを決めて後ろ過ぎないポジショニング。

今回モズスーパーフレアが刻んだラップは、この馬にとってぴったりだったのではないだろうか。

終始外目を回し、馬場の良いところをロスなく走って上り3F時計最速の33.6秒で優勝。

今回は調子もよく、王道の強い競馬ではあったが、ハンデ56㎏が恵まれていた可能性も否定できない。

高松宮記念でも当然有力な1頭ではあるが、今回以上の人気が想定される中、積極的に買いたいかと言うとそうでもないというのが本音になる。

2着 ライトオンキューについて

今回は57.5㎏を背負い、前から4列目を追走。最後の直線は馬場の悪い内目を捌き、上り3F時計34.1秒(8位タイ)の脚を使い早め抜け出しから2着に粘ったあたり評価は高い。

今回の最終追い切り評価では走り方が気に入らず評価を落としたが、能力の高さは追い切り時計からも間違いないだろう。

いつもワンパンチ足りない印象を抱かせる馬ではあるが、斤量負担が今回よりも軽くなる本番では、当然期待したくなる馬の1頭だ。

3着 ラウダシオンについて

武豊騎手からM.デムーロへの乗り替わり。

前走マイルCSのようにモズスーパーフレアに競り合う展開とはならず、冷静に終始馬場の良い外目4番手を追走し、上り10位タイとなる34.2秒の脚で3着に粘り切った。

ライトオンキューとは内外の差があったとは馬場差を考えるとこれは五分五分か。

斤量差は0.5㎏、ラウダシオンの方が軽かったとは言え、2着ライトオンキューとの差はアタマ差であり、本番での逆転は十分可能な範囲と考える。

その他、高評価馬について

4 着 リバティハイツについて

団野大成騎手も「もう1列前で競馬ができたら」と言っていたが、スタートしてからの最初の2ハロンくらいが勝負の分かれ目だったように思える。

ヴェスターヴァルトとラウダシオンの間のポジションを取れていれば…。

そうすることで、その後外からトラヴェスーラに被されずに済んでいたかも知れない訳で、このポジションが取れなかったために後手後手の競馬となってしまった。

それでいての4着であり、追い切り評価の見立ては間違っていなかったと信じれる結果であった。

惜しい競馬であった。

16着 クリノガウディーについて

イメージとしては、シヴァージがとった位置取りよりもう少し前。5列目の外をイメージしていたが意に反して番手からの競馬。これはこの馬のスタイルに合っておらず、ノーカウントで良い一戦だろう。

今回は馬の調子がよく、陣営としても何としても賞金が加算したい勝負レースだったと思うのだが、このような結果に。

鮫島克騎手の前に出して行く姿勢は評価したいが、モズスーパーフレアを追いかけてしまうような出し方は評価できない。

高松宮記念は、レーティングの関係で優先出走権が得られる可能性があるかも知れない。

今回のレースでガクッと人気を落としそう。高松宮記念の追い切りが良ければ、再度狙ってみたい馬という評価は変わらない。

良い馬だけに、ぜひ良いパートナーと巡り合って欲しい。

17着 モズスーパーフレアについて

前半3F時計33.7秒はこの馬にしては遅いのだろうか?

時間の都合上、しっかりとした分析はできていないがビュンビュン飛ばして後続の脚を削ぎ落す走りで好成績を残しているようにも思える。

上記のようなスタイルで走るのがこの馬の好走パターンだとするならば、北村友騎手はやはり合っていないように思える。

jamie

これは筆者の主観だが、馬をコントロールする乗り方ではなく、馬の気分を大事にした乗り方が多いような気がしている。

ただ必ずしもそうでないケースでの好走歴もあるはずで、逆にビュンビュン飛ばして凡走するケースもあるものと考える。

この馬の好走パターンというものを一度しっかり分析してみる必要がある。

いずにせよ、高松宮記念でカギを握る1頭。本番に向けてはこの馬の分析が必要不可欠かも知れない。

なお、今回の追い切りは100%までとは行かずとも、かなり良いできにあったと筆者は考える。

過去の追い切り映像からも能力の高さを感じる馬。この能力をフルに発揮させるにはどうしたら良いか。

なかなか難しい馬だ。

あわせて読みたい
《2021》根岸S【評価結果】―レース回顧
《2021》根岸S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jamie、フェブラリーSの前哨戦となる根岸Sの追い切り評価結果はどうだった?出走馬は16頭中、高評価としたのは4頭。唯一の【A】評価馬...

追い切りの動きをチェックしよう

東京新聞杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》東京新聞杯【最終追い切り】調教
《2021》東京新聞杯【最終追い切り】調教2021年2月7日(日)に東京競馬場で行われる『東京新聞杯(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り...

きさらぎ賞(G3)

あわせて読みたい
《2021》きさらぎ賞【最終追い切り】調教
《2021》きさらぎ賞【最終追い切り】調教2021年2月7日(日)に中京競馬場で行われる『きさらぎ賞(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は11頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り...
2021 根岸S シルクロードS 調教 追い切り 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる