《2021》きさらぎ賞【最終追い切り】調教

2021 きさらぎ賞 追い切り 調教

2021年2月7日(日)に中京競馬場で行われる『きさらぎ賞(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は11頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り評価となります。

本記事は、木曜日の追い切り動画の確認結果を反映した【最終版】となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • アクセル

なお、本レースに出走登録のあったヴェローチェオロディオスバリエンテが回避。ヴェローチェオロは同日の「ゆりかもめ賞」に出走することとなりました。

目次

アランデル     56.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑧

3頭併せの外。1馬身先行から直線で中の相手にアタマ差抜け出されるも追いついて併入という内容。前脚を高く上げるダイナミックな走法で伸びしろは感じるも、現段階の走りは完成度が低い。具体的には、アタマが高く、手前も替えていない。

ジャンカルド    56.0 【B】

美浦南W単走。G前軽仕掛け⑥

ピッチ走法気味の馬。前脚の可動域に物足りなさはあれど、トモの可動域は十分。後肢で地面をしっかり蹴って推進力ある走りができている。軽めの調整も好調だろう。

jamie

1週前はコースで併せ馬。通ったコースは内目も6F 79秒台。終い大きく失速していたものの、しっかりと負荷のかかる内容でした。

ショウナンアレス  56.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑦

軽めの内容。馬の気分のまま馬場の真ん中やや外目を走らせる。鞍上は持ったまま。直線半ばから馬自ら脚の回転を上げジワジワっと伸びる。キレる脚は無さそうだが、長く良い脚を使うタイプ。いかにも中京コースが合いそうな走り。蹴りの強さに対して前脚の非力さは感じたがプラスに評価してみたい。

タガノカイ     56.0 【B】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。ラスト1Fまで併走し、ラスト1F過ぎたあたりで仕掛けると手前を替えて併せた相手を2馬身突き放した。ただこの馬自身ラスト1Fは0.3秒失速しており、相手が弱かった可能性はある。評価は据え置いた。

ダノンジェネラル  56.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑨ 

2頭併せの内。 1馬身追走から直線でクビ差前に出るも、追われた相手に追いつかれ併入という内容。アタマが高くクビの可動域も狭目。こちらは馬なりだったとは言え、相手に追いつかれそうになってから伸びる気配なし。1週前も似たような内容。上昇感じず評価しづらい。

ドゥラモンド    56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。1馬身追走から直線でスッとクビ差前に出る。ムチを入れてめい一杯追った相手に交わされることなく余力十分に併入した。序盤は相手の方に顔を向け威嚇するような走り。手前を替えてからは真っ直ぐ前を向いて走った。活気十分に伸びやかに動けている。少し線は細く見えるが…。これは気にしなくても良いかもしれない。

トーセンクライマー 56.0 【C】

美浦南W併せ。G前強め⑤

3頭併せの中。内の相手は早々に遅れており問題外。外の相手との併せ馬になるも、クビの振り方が悪い。クビが前に出ていかないだけならまだしも、推進力を上に逃す走り。持ったままの馬なりの外の相手に遅れを取り出し、鞍上に強めに追われるも手前も替わらず、そのまま2馬身突き放された。評価できない。

ヨーホーレイク   56.0 【B+】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑦

3頭併せの内。外を3馬身、中を1馬身半追走から直線へ。コーナーワークで差を詰め直線向いた時点で3頭の馬体が並ぶ。自然なカタチで、中に対してジワっと半馬身前に出てから仕掛けて中外の相手に1馬身半先着という内容。アタマの位置がよく、クビと脚との連動性が高いため前に前に推進する走りができている。脚元の力感も十分。仕掛けてからの反応に若干鈍さを感じた分、一つ評価を下げた。

ラーゴム      56.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。1馬身追走からコーナーワークで並び掛けるも、同じく馬なりの相手に1馬身遅れをとる内容。通ったコースを考えると全体時計は早いも、最後は手前を替える余力もないほど脚が上がっていた。クビを大きく使って活気はあるのだが、気持ちに対して身体が付いてきていない。

ランドオブリバティ 56.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり⑨

3馬身追走からコーナーワークで直線向いた時点で1馬身差。鞍上は持ったままで、最後の数完歩だけでスッと相手の1馬身前に出てフニッシュ。相手に隠れて動きは見えづらかったが、大きなフットワークで滞空時間の長い走り。キビキビとした動きで鞍上と折り合えていた点もポイントが高い。楽々と相手を交わし去る動きに心肺機能の高さも感じる。人気かもだが高く評価したい。

jamie

この馬に関しては、折り合い一つかも知れません。

出走回避となった馬たち

ヴェローチェオロ  56.0 【B+】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑤

2頭併せの外。1馬身半抜け出され、仕掛けて追いつき、最後に緩めて併入という内容。手前を替えなかった点、前脚の伸びやかさが物足りない点はあれど、今回の追い切りは仕掛けてからの反応を見る追い切り。仕掛けてからの反応は素晴らしく、トモの弾力性も高い。追い切り意図に沿った内容が消化できたという意味でも高く評価してみたい。

ディオスバリエンテ 56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前軽く追う④

3頭併せの内。3頭びっしり馬体を並べて直線へ。中には手応え優勢でクビ差先着も、直線半ばから軽く仕掛けた外の相手には2馬身以上突き放されてしまう。アタマは高く、クビの使い方が上手くないため思ったように前に推進して行かない。軽く促してからの反応も鈍く評価できない。

今週開催のその他重賞レース

東京新聞杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》東京新聞杯【最終追い切り】調教
《2021》東京新聞杯【最終追い切り】調教2021年2月7日(日)に東京競馬場で行われる『東京新聞杯(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り...

先週のレース回顧

シルクロードS(G3)

あわせて読みたい
《2021》シルクロードS【評価結果】―レース回顧
《2021》シルクロードS【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jamie、今年は高松宮記念と同舞台となる中京芝1200mで行われるということで本番に向けても重要な1戦となったシルクロードSの追い切り...

根岸S(G3)

あわせて読みたい
《2021》根岸S【評価結果】―レース回顧
《2021》根岸S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jamie、フェブラリーSの前哨戦となる根岸Sの追い切り評価結果はどうだった?出走馬は16頭中、高評価としたのは4頭。唯一の【A】評価馬...

来週のレースも先取りしておこう

京都記念(G2)

あわせて読みたい
《2021》京都記念【1週前追い切り】調教
《2021》京都記念【1週前追い切り】調教2021年2月14日(日)に阪神競馬場で行われる『京都記念(G2)芝2200m(別定)』の1週前追い切り評価となります。追い切り動画で確認できた7頭の追い切り評価となります...

なお、クイーンSおよび共同通信杯の1週前追い切り動画が数が少ないため記事にしていないことご了承下さい。

2021 きさらぎ賞 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる