《2021》阪急杯【最終追い切り】調教

2021 阪急杯 追い切り 調教 評価

2021年2月28日(日)に阪神競馬場で行われる『阪急杯(G3)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の4頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • コンパウンダー
  • ザイツィンガー
  • タマモメイトウ
  • メイショウキョウジ
目次

インディチャンプ  57.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前強め。

併せた相手は古馬3勝クラスのファンタジステラ。ラチ沿いをバタバタと右手前1本で走る馬なりの相手に、ラスト1Fから強めに追うも追い付くことなく1馬身半遅れという内容。本馬も手前を替えることなく右手前1本で登坂していた。全体時計は50.8秒も最後の1Fは1.1秒の失速。バテたというより走るのを止めたという感じ。1週前もサンライズノヴァ相手に遅れており、2週続けて併せ馬遅れ。本調子とは思えない。ただ走りの軸は安定しており本番で走る可能性も秘めている。最終判断はパドックに委ねたいが、追い切りを見る限り、今回は絶好の切り時かも知れない。

カツジ       57.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。1馬身半追走からコーナーで並び掛け、直線向いて早々に手前を替えて、外の相手を2馬身以上突き放す好内容。スナップの効いたキビキビとしたフットワーク。クビを大きく動かし、アタマを前に突き出して走ることで強い前への推進力を産み出せている。クビと脚との連動性も高い。

クリノガウディー  56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

栗東坂路の緩いコーナーから直線に入る際、ラチから1頭分離したところに進路を取るも左にヨレそうなる。手前を替えて何とか踏ん張ったものの、その後右に1頭分斜行した点は割り引き。ただ、この馬の調子のよい時に見せる弾むようなフットワークで走れており、伸び伸びとした動き。好調だろう。新タッグとなる岩田望騎手にも期待したい。

シャンダルム    56.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

1週前に併せ馬を消化しており最終追い切りは終い重点の内容。ラチ沿いを登坂しラスト2F過ぎたあたりでスッと左手前。完歩はそれほど大きくないものの、一歩一歩がしっかりしており体幹しっかりの安定した走り。ゴールに向かうにつれて無理なくピッチがあがり、完全馬なりのまま最後まで加速し続けた。見るからに好調。高く評価したい。

ダノンファンタジー 55.0 【B】

栗東CW単走。馬なり⑩

コーナー深く回り直線へ。鞍上は手綱を絞り抑え気味。馬が力んで走っている。直線半ばから鞍上が手綱を開放するも、序盤に力み過ぎたためか思った以上に弾けなかった。もう少し動きに伸びやかさがあると良かったのだが…。何とか我慢が効いているという見方もできるが…。いずれにせよ、気性面に若干の不安を残す内容。評価は据え置いた。

トライン      56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。低い姿勢を保ち弾むようなフットワーク。ラスト1Fでの手前の替え方は少しぎこちなかったものの、前脚を大きく前に投げ出し伸びやかに動けている点は評価できる。全体時計は遅めも、馬なりで加速ラップを踏めた点も評価したい。この馬なりに調子は良さそう。

ブラックムーン   56.0 【C】

栗東CW単走。G前強め⑧

左手前時、前脚の出が悪く伸びやかさがない走り。その後鞍上に強めに追われると前脚の出は多少マシになったものの、今度はクビの動きが硬く前に出ていかない。トモの蹴りに対して、クビを含めた前駆の走りが付いてきておらず評価できない。

ベストアクター   56.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

ラチ沿いを走る相手を1馬身追走するカタチ。コーナーで並び掛けると左手前のまま交わしにかかるも、ラスト1Fあたりで疲れて右手前に。右手前に替えた直後に少しヨレて、その間に相手にハナ差出られて遅れをとってしまった。最後の動きを除けば、フォームは安定しておりキビキビした動きで悪くないのだが…。

ミッキーブリランテ 56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

植え込み側を登坂。低い姿勢を保ち重厚感のあるキビキビとしたフットワークで登坂。走りの軸は極めて安定。素晴らしいフォームで走れており、高く評価したい動きではあるのだが、右手前1本で登坂し最後に加速度合いを落とした点を割り引いた。手前を替えて加速度合いを増していれば、十分にプラスの動き。鞍上も最後の最後で伸びが物足りず、手前を替えていないことを感じ取り脚元を確認していた。

メイケイダイハード 56.0 【B-】

栗東坂路単走。コーナーで逆手前。直線でも走りの軸が安定せず、右に左に蛇行するような走りとなっていた点は大きく割り引き。脚元はチップを蹴る良からも力強いのだが、手前を替えることなく登坂し、ラスト1Fで0.3秒の失速。評価しづらい。

メイショウチタン  56.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑧

2頭併せの外。1馬身先行からコーナー深く回り直線へ。直線向いた時点で相手に1馬身前に出られていたが、強めに追われて1馬身半先着という内容。併せ馬先着は評価したいのだが、地面を撫でるような走法で脚元の力強さが物足りない。そのため一完歩ごとの伸びがなく、脚の回転力はあるものの何か空回りしているかのような走り。クビの振り幅が一定しないこと、相手を交わす際、手前を戻した点も割り引き。走りの完成度が低く評価しづらい。

レシステンシア   54.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

クビを大きく縦に振りながらラチ沿いを活気十分に右手前で登坂。ラスト1F過ぎたあたりで少し疲れたか、変なタイミングで右手前に替わってしまい少し走りづらそうなフォームに。50mほど走ったところで鞍上が気づき、手綱を使って左手前に戻すと再び伸びやかなフォームで素晴らしい走りを披露した。全体時計もさることながらラスト2F時計23.4-11.5秒は見たことないほど素晴らしい時計。右手前の走りでぎこちなかった分、一つ評価を落としたものの、左手前だけの走りで評価するなら文句なしに【A】評価だ。

jamie

1週前にもほぼ同等の時計を出しており、状態面については全く問題ないだろう。ただ追い切り人気することが想定される。

ロードアクア    56.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

植え込み側を登坂。相手の陰に隠れ動きがほとんど見えなかったが、軽めの内容であるにも関わらず、体幹弱く右に左にヨレながらの走りとなっていた点は大きく割り引き。評価できない。

今週開催のその他重賞レース

中山記念(G2)

あわせて読みたい
《2021》中山記念【最終追い切り】調教
《2021》中山記念【最終追い切り】調教2021年2月28日(日)に中山競馬場で行われる『中山記念(G2)芝1800m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り...

先週のレースの振りかえり

あわせて読みたい
《2021》フェブラリーS【評価結果】―レース回顧
《2021》フェブラリーS【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭中5頭を高評価とするも、結果は【B-】→【B-】→【B】。全く参考にならない結果となってしまった。着順馬名評価人気1カフェ...
あわせて読みたい
《2021》小倉大賞典【評価結果】―レース回顧
《2021》小倉大賞典【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた12頭に評価を付け高評価としたのは4頭。馬券内にはA評価馬が来たものの人気馬で残りは、【動...
あわせて読みたい
《2021》ダイヤモンドS【評価結果】―レース回顧
《2021》ダイヤモンドS【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた12頭に評価を付け高評価としたのは4頭。うち馬券内に2頭が絡んでくれた。着順馬名評価人気1グ...
あわせて読みたい
《2021》京都牝馬S【評価結果】―レース回顧
《2021》京都牝馬S【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jaime、今年は阪神芝1400mで行われた京都牝馬Sの追い切り評価結果はどうだった?出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた11頭に評価を...
2021 阪急杯 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる