《2020》京成杯AH【最終追い切り】調教

2020 京王杯AH 追い切り 調教

2020年9月13日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走が確定した16頭中、追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • アルーシャ
  • ボンセルヴィーソ
目次

アストラエンブレム 57.0 【B+】

美浦坂路併せ。G前仕掛け。

3頭併せの一番埒側。1馬身追走から3馬身突き放す好内容。右手前に替わってからも左手前に勝る走法となっていた点は気になるも、中山の舞台なら問題なさそう。1週前からグッと調子を上げて来た。年齢とハンデは気になるも評価したい。

【1週前追い切り B-】

アフランシール 52.0 【B】

美浦坂路単走。G前強め。

頭の高い走りは大きな割引も、終い強めに追われて加速ラップを維持できた点は評価したい。前脚をしっかりと前に突き出し、大きなフットワークで走れている。

【1週前追い切り 映像なし】

アンドラステ 53.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑤

完全馬なりで馬場の真ん中を駆けた。軽めの内容も集中して走れており、体幹しっかりの綺麗なフォーム。調子はかなり良さそう。プラス評価とするが、当日のパドック気配で再チェックしたい一頭。

【1週前追い切り 映像なし】

エントシャイデン 56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前強め。

低い姿勢を保ち埒沿いを登坂。残り300mで手前を替え、ラスト1Fから鞍上に強めに追われて、12秒台のラップ3連発。綺麗な加速ラップを踏んだ。体幹しっかりで真っ直ぐに走れている。

【1週前追い切り B-】

シゲルピンクダイヤ 54.0 【B−】

栗東CW単走。馬なり⑧

馬場の外目を通り好時計。新聞欄だけ見ると高く評価してしまいそうだが、映像からは高く評価しづらい。序盤はクビを使って低い姿勢の良い走りも、直線で右手前に替わってからの走りがダメ。急に頭が高くなり、推進力を上に逃す走りに。前脚の伸びやかさも物足りず、この馬としては本調子に思えない。ソコソコ人気になることを加味して、マイナス評価とする。

【1週前追い切り 映像なし】

ジャンダルム 56.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

鞍上の手は一切動かず、完全馬なりで登坂。馬自らがクビを大きく使い、力強く走れている。何より特筆すべきは、この馬の踏んだラップ。傾斜の一番きついラスト1Fで0.9秒加速した点。完全馬なりでだ。ラスト2F時計24.3-11.7秒は秀逸。高く評価したい。

【1週前追い切り B+】

スイープセレリタス 52.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑨

2頭併せの外。内は紫苑Sに出走予定のレッドルレーヴ。この馬は左手前での走りが苦手。これは中山の舞台で大きな割引。1馬身先行した状態から、レッドルレーヴに頭差前に出られると、手前を逆手前(得意の右手前)に替えて併入という内容。左手前時の走りがかなり不安で評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

ストーミーシー 57.0 【B】

美浦坂路単走。馬なり。

頭の位置が一定せず、時折推進力を上に逃す完歩が多く見られるもの活気は十分。既に7歳も荒々しい走りで元気一杯。最後に少し苦しくなったか右にヨレた点は割引も、しっかりとした加速ラップで四肢を大きく広げて力強く走れている。調子は悪くなさそう。

【1週前追い切り 映像なし】

スマイルカナ 52.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑩

コーナー深く回り直線へ。手前を替えるのを嫌がり大きく顔を左に背け、右手前1本で走った点は割引。とは言え、スピードに乗ってからの動きは、伸びやかで滞空時間の長い走り。決して本調子には思えないが、トップスピードに乗った時の走りの質が高く、プラスに評価にしておく。

【1週前追い切り B+】

トロワゼトワル 55.0 【B】

栗東坂路単走。強め。

序盤はアタマがあがり、顔が右斜め上を向けた状態で登坂した点は割引。残り1Fで左手前を替えると徐々に走りが良くなり、綺麗な加速ラップを踏んでゴールした。脚元は終始力強く、序盤のマイナスを後半のプラスで相殺。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

ミッキーブリランテ 54.0 【B−】

栗東坂路単走。馬なり。

都会が遅く軽めの内容。クビを使って真っ直ぐ走れてはいるが、左後脚だけが外を回っており、トモ全体の力強さに欠く内容。評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

メイケイダイハード 55.0 【B−】

栗東坂路単走。馬なり。

栗東坂路の緩いコーナーとは言え逆手前での侵入は割引。そのまま終始左手前で登坂。最後の方は苦しくなったのか、重心を右前脚にのせて走るのうな半身のフォームとなり、ラスト100mで脚が上がり失速した。サマーマイルもある中、陣営のモチベーションは高い一頭であると思うが、この内容では評価しづらい。

【1週前追い切り B-】

ラセット  55.0 【B】

栗東坂路単走。G前強め。

埒沿いを登坂。序盤はゆっくり入り、右手前のまま坂路をグングンド加速しながら登坂。アタマが高い点は割引も、ラスト1Fからの鞍上仕掛けに素早く反応し、左手前に替えて伸び続けた点は評価したい。全体時計は遅いもラスト2F時計25.0-12.1秒は評価したいラップ。アタマが高い走法のため据置評価としたが、当日の気配に注意したい一頭。

【1週前追い切り 映像なし】

ルフトシュトローム 54.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑧

コーナーでの動きは、頭が高く、顔が右を向け不器用な走り。コーナーリングが苦手なのかと思うほど。戦績を見ると中山マイルを3連勝していたが…。直線向いて手前を替えてからの動きは、前脚を遠くまで伸ばし走るダイナミックなフォーム。四肢の可動域がとても広い馬だ。トモの蹴りのパワーも十分で、活気もあり好調だろう。スケールの大きさは感じるも、現時点でのフォームの完成度は高くなく、評価は据え置いた。当日のパドック気配に注意したい1頭。

【1週前追い切り 映像なし】

出走が叶わなかった馬

フィリアプーラ 53.0 【B−】

美浦南W単走。馬なり⑦

馬場の真ん中やや外目を淡々と追い切られた。1週前は併せ馬だったが大きく変化のない内容。脚元しっかりで、クビは使えているのだが、クビの可動域は狭く、さして前に推進していない。ここを本気で勝つ気があるのか伝わりづらい内容。マイナス評価とする。

【1週前追い切り B】

あわせて読みたい
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教2020年9月13日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。出走登録19頭中、動画で確認できた6頭の追い切り評価...

今週開催のその他重賞レース

あわせて読みたい
《2020》紫苑S【最終追い切り】調教
《2020》紫苑S【最終追い切り】調教2020年9月12日(土)に中山競馬場で行われる『紫苑S(G3)芝2000m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走が確定した18頭中、追い切り動画で確認できた15頭の追い...
あわせて読みたい
《2020》紫苑S【1週前追い切り】調教
《2020》紫苑S【1週前追い切り】調教2020年9月12日(土)に中山競馬場で行われる『紫苑S(G3)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。出走登録26頭中、動画で確認できた7頭の追い切り動画となります。【...
あわせて読みたい
《2020》セントウルS【最終追い切り】調教
《2020》セントウルS【最終追い切り】調教2020年9月13日(日)に中京競馬場で行われる『セントウルS(G2)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走が確定した17頭中、追い切り動画で確認できた16頭...
あわせて読みたい
《2020》セントウルS【1週前追い切り】調教
《2020》セントウルS【1週前追い切り】調教調教
2020 京王杯AH 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる