《2020》セントウルS【1週前追い切り】調教

2020 セントウルS 追い切り 調教

2020年9月13日(日)に中京競馬場で行われる『セントウルS(G2)芝1200m(別定)』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は19頭中、追い切り動画で確認できた5頭の追い切り評価となります。

目次

キングハート  56.0 【B+】

美浦坂路単走。強め。

コーナーから直線に入る際、手綱で気合いを入れると、ちょうど良いタイミングで右手前に替わる。頭は高めで推進力を上に逃す走りではあったが、脚力の強さで前に推進している。前脚を大きく前に投げ出すダイナミックなフォームで活気も十分。めい一杯追われたとは言え、好時計で綺麗な加速ラップ。相当調子が良いように思える。7歳もまだまだ元気。プラス評価だ。

シヴァージ 56.0 【B+】

栗東CW併せ。G前強め⑦

2頭併せの内。直線半馬身遅れの状態から馬なりで並びかける。相手と馬体が併さってから仕掛けて1馬身半先着。前脚の可動は狭めも、クビと脚との連動性が高く強い推進力を産み出している。ゴールを過ぎても追われ、しっかりと負荷をかけた。

ダノンスマッシュ 57.0 【B−】

栗東坂路併せ。一杯。

相手を1馬身半ほど追走。残り350mあたりで手前を替えて、残り250mあたりから追い出され、残り200mからは見せムチでめい一杯に追われるもクビ差遅れ。全体時計は51.1秒と早いものの、ラスト1Fで完全に脚が上がっており0.6秒の失速。この馬らしい弾むような走りは出来ているが少し線が細くも見える。どうような最終追い切りとなるか。楽しみにしたい。

トゥラヴェスーラ 56.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

馬の気分に任せただけの軽めの追い切り。馬場の真ん中から埒を頼るように走り真っ直ぐ走れなかった点は割引。ラスト1Fできつくなり、顔を右に向けた走法になったのも割引。そして残り100mで手前を替え、最後は逆手前で登坂。全体時計が遅く加速ラップは踏めているのだが、内容的に評価できない。何より馬に覇気がない。

ミスターメロディ  57.0 【B】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑤

4F追い切り。リラックスした状態で直線へ。直線逆手前(右手前)はいつものこと。ラスト1Fで馬がフッと力を抜いたため、鞍上が軽く仕掛けるも、その後の走りは案外。この馬本来の走りからするとかなり物足りない走り。ただ序盤のクビを使った活気あるフォームと脚の回転力、馬なり状態での強い推進力は流石の動き。評価は据え置いたが、この馬にとって中京の舞台は願ってもない舞台設定。最終追い切りでの動きに期待したい。

あわせて読みたい
《2020》紫苑S【1週前追い切り】調教
《2020》紫苑S【1週前追い切り】調教2020年9月12日(土)に中山競馬場で行われる『紫苑S(G3)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。出走登録26頭中、動画で確認できた7頭の追い切り動画となります。【...
jamieの追い切り一閃
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教 | jamieの追い切り一閃
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教 | jamieの追い切り一閃2020年9月13日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。 出走登録19頭中、動画で確認できた6頭の追い切り評価と...
2020 セントウルS 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる