《2022》京都2歳ステークス【最終追い切り】調教評価

京都2歳S 追い切り 調教 評価
  • URLをコピーしました!

2022年11月26日(土)に阪神競馬場で行われる『京都2歳S(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。

出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

以下の2頭については、最終追い切り動画がありませんでしたが、1週前追い切り動画は公開されていました。

  • アレクサ
  • ビキニボーイ

評価は総合的に判断しましたが、コメントは1週前追い切り動画をみてのものとなります。

目次

アイルシャイン    55.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑦

福永騎手が騎乗。3頭併せの内。前を大きく追走から、直線で内からスルスルと抜け出し、馬なりのまま追う相手に1馬身先着。併せた外の相手が古馬OPのヒストリーメイカーであったことを考えると上々の内容。クビの角度よく脚元パワフルに走れている。ただ四肢の可動域はここに入ると下位。評価は割引いた。

jamie

この馬を【B】評価とすると、ほとんどの馬が【B】評価になってしまいます。

アレクサ       55.0 【C】

最終追い切りの映像なし。コメントは1週前追い切り映像のものとなります。

美浦南W併せ。G前一杯⑦

直線向いて手前を替えると、クビを振って何かイヤイヤな走り。鞍上がクビを押すも、反応一息。鞍上は「これでもか」と言わんばかりに、何度も強烈な尻ステッキ。動き以前に内容が評価できない。

jamie

最終追い切りも終い重点の内容で、この評価が妥当に思います。

ヴェルテンベルク   55.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

序盤はクビをまっすぐ縦に振り、前後の脚をまっすぐ前に出す好フォーム。ラスト1Fでの手前替えも流麗。このまま真っ直ぐ駆ければプラス評価でも良かったが、手前を替えた後、少しバランスを崩し、アタマの位置が悪くなり、やや斜に構えたフォームになった点だけが残念。一つ評価を下げた。

jamie

この動きでも普通なら十分【B】評価に足る動きです。このレースは追い切りからはかなり拮抗しており、相対評価での割り引きです。

エゾダイモン     55.0 【B】

栗東CW単走。馬なり⑧

ピッチ走法で、テンポの良い小気味良いフットワーク。直線手前を替えたが、すぐ手前を戻していた辺り、現状は右手前の方が得意なのかも知れない。評価は据え置くも、ラクにしっかりとした時計が出ている。注意したい。

jamie

オマケしての【B】評価です。

グランヴィノス    55.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり⑦

川田騎手が騎乗。3頭併せの中。重心低くピッチ気味に走る馬。後肢の蹴りが強くコーナーでグッと加速。高いコーナーリング性能を見せた。その後も活気十分にしっかりと地面を掴んで、直線で再加速。相手の前に出てからは強くは追わず、その後は惰性で駆けた。それでも内から迫ってきた相手を簡単に抜かせない勝負根性も見せた。高く評価したい。

jamie

内から迫って来た相手は、古馬OPのジュンライトボルトです。価値ある内容です。

グリューネグリーン  55.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり③

2頭併せの内。直線で軽くハミを取らせると、その後は馬自らハミを取りグイグイと加速。併せた相手をアッと言う間に3馬身突き放した。クビの角度と後肢の蹴り出し角度のバランスが良く、強い推進力を産み出す走り。キビキビと俊敏に動けている。好調だろう。高く評価したい。

jamie

併せた相手は、2歳未勝利のアッティラです。

コスモサガルマータ  55.0 【B-】

栗東坂路併せ。馬なり。

馬場の真ん中やや植え込み側を登坂。栗東坂路の緩いコーナーを逆手前で入って来る。1週前のコース追いでもコーナーで逆手前。かなり不器用な馬だ。ただ脚力はしっかりしており、手前をコロコロ替え遊びながらも、ラクラクと加速ラップを踏んで登坂。ただ後肢を外から回したり、手前を替えるたびにフラフラするなど改善の余地はまだある。評価は割引いた。

jamie

併せた相手は、2歳未勝利のレヴィアタンです。課題は山積していますが、天性の脚力の強さは魅力です。課題が改善されれば強くなりそうです。

サイブレーカー    55.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑥

小柄な馬で線が細く、体は華奢に映るも、滞空時間のある大きなストライド。とても伸び伸びと気分良さそうに走れている。好調だろう。高く評価したい。

シュタールヴィント  55.0 【B】

栗東坂路併せ。馬なり。

坂井瑠騎手が騎乗。2馬身先行した状態でラチ沿いに入ってくる。体幹しっかりの安定した走り。集中力も高く、隣で大きなアクションで追う相手を意に介すことなく、馬なりのままクビ差先着。精神的な強さを見せた。手前肢の分かりづらい馬だが、裏を返せば両前肢でしっかり地面を叩いて走れている。評価は据え置くも十分の内容。

jamie

併せた相手は、古馬OPのキングエルメスです。【B】の中では上位です。

スマラグドス     55.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。基礎スピードの高さ感じる内容。持ったまま併せた相手を5馬身以上突き放した。鞍上も驚き、後ろを確認していたのが印象的。ラクに駆けたことを考えると時計も優秀。能力が高いのだろう。背中が安定し、力強いフットワークで走る馬。本気で走るとどんな走りをするのだろうか。注目したい。

jamie

併せた相手は、新馬のフルオーケストラです。新馬戦のときにも追い切りで超抜の時計を出していた馬です。netkeibaの想定では人気はありませんが、こんな人気になるとは到底思えません。良い馬です。

ティムール      55.0 【B】

栗東坂路併せ。G前強め。

鮫島克騎手が騎乗。馬場の真ん中ややラチ側を登坂。ラチ沿いの相手を1馬身追走から、押して1馬身先着という内容。道中、手前を替えようとして替えられなかった点は割引も、弾力性あるフットワーク。時計は出ていないも走りに素質感じる一頭。

jamie

併せた相手は、2歳1勝クラスのコレペティトールです。あまりに人気がないなら買いたい一頭です。

トップナイフ     55.0 【C】

栗東CW単走。馬なり⑥

横山典騎手が騎乗。かなり軽めの内容。折り合い完璧に集中した走り。鞍上との呼吸が合っている点は好感が持てる。ただ本馬は7月下旬にデビューし既、に5戦。流石に使い過ぎ感は否めない。更なる上積みを望むのは酷だろう。この評価とした。

jamie

1週前は終い重点で十分なキレ味が伝わる内容ですが、他に良い馬多くこの評価です。

ナイトキャッスル   55.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前強め。

馬場の真ん中を走り、1馬身追走から3馬身半先着。終始低い姿勢を保ち、適度な気合い乗りを示していた。時計はやや物足りさを覚えるも、良い動き。【B】評価でも良いが、まだティムールの方が上位。評価は割引いた。

jamie

併せた相手は、古馬2勝クラスのピノクルです。

ビキニボーイ     55.0 【B】

最終追い切りの映像なし。コメントは1週前追い切り映像のものとなります。

美浦南W併せ。G前仕掛け⑦

3頭併せの外。中は同レースに出走予定のコスモサガルマータ。コスモサガルマータには1馬身遅れたものの、前を追走し大きく外を回してのもの。バランスの良いフットワークで、フォームの質は本馬の方が断然上。評価は据え置くも、プラス評価でも良いくらいの馬。注意したい。

jamie

良い馬であるにも関わらず、今回もっとも過小評価されそうだなと一頭です。コスモサガルマータとのオッズ差を考えると、個人的には是非ぜひ買っておきたいと思う一頭で、【B】の中では最上位です。

ロードプレイヤー   55.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑥

2頭併せの内。前を追走から直線序盤で並び掛けると、併せる間も与えることなく、3馬身突き放す好内容。体をスカッと見せ、バランスの良い好フォームで走れている。本気で追っていないとは言え、脚元の力感はやや薄め。評価は据え置いた。

jamie

併せた相手は、古馬1勝クラスのセイウンフィーバーです。

今週開催のその他重賞レース

京阪杯(G3)

あわせて読みたい
《2022》京阪杯【最終追い切り】調教評価 2022年11月27日(日)に阪神競馬場で行われる『京阪杯(G3)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り...

ジャパンカップ(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2022》ジャパンカップ【最終追い切り】調教評価 2022年11月27日(日)に東京競馬場で行われる『ジャパンC(G1)芝2400m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた17頭の追い切...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2022》ジャパンカップ【1週前追い切り】調教評価 2022年11月27日(日)に東京競馬場で行われる『ジャパンカップ(G1)芝2400m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走登録は23頭。追い切り動画で確認できた8頭の...

来週のG1レースも先取りしておこう

チャンピオンズカップ(G1)

1週前追い切り

11/24以降、順次公開予定

京都2歳S 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる