《2022》京都金杯【最終追い切り】調教評価

2022年1月5日(水)に中京競馬場で行われる『京都金杯(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • カイザーミノル
  • メイケイダイハード
  • ルークズネスト
目次

ヴィジュネル     54.0 【B】

栗東CW単走。G前仕掛け⑨

12/31(金)終い重点の内容。コーナーの一番深いところをゆっくりと回ってくる。ラスト1Fで鞍上が肩を叩いて急加速させる内容。こういう練習をしているのだろう。反応速度はそれほどではないものの、伸びてからの脚は鋭くラスト1F時計11.2秒は秀逸。前脚の伸びやかさに欠く動きだが、この時計が出るということは後肢の蹴りがしっかりしているため。乗り込み量豊富で、何か不気味な1頭。評価は据え置くもパドック気配に注意したい。

jamie

枠順の恩恵をかなり受けそうな1頭。54㎏とハンデに恵まれ、乗り込み量豊富。上手く内を捌くことが出来れば、十分馬券内はあるのではないでしょうか。

ヴェロックス     57.0 【C】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

12/31(金)ラチ沿いを登坂。脚元のパワフルさに欠け、追ってからも上ずった走りとなっており、何か余裕のなさを感じる内容。評価できない。

エアロロノア     56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

12/31(金)中2週ということもあり軽めの調整。軽めではあったが、クビを真っ直ぐ縦に振り、手前を替えても軸のブレない安定した走りは高く評価できる。プラスに評価したい。

jamie

映像は12/31(金)のものでしたが、1/2(日)にも栗東坂路で55.0-11.9秒と乗り込まれています。終い重点とは言え、ラスト2F時計25.0-11.9秒は評価すべき時計です。

クリノプレミアム   52.0 【B+】

美浦南W単走。G前仕掛け⑦

12/31(金)コーナーをゆったりと回ってくる。直線向いて左手前に替わるとギアが入り、3馬身前にいた馬をラクラクと捕え1馬身半突き放す好内容。四肢を大きく広げて伸びやかに走ることができている。特に後肢の回転がとてもスムーズ。能力はさておき調子が良さそう。プラスに評価してみたい。

jamie

表記は単走です。元々追い抜くつもりは無かったのでしょう。また手前変換が上手くない馬ですが、今回はカチッと手前を決めていました。この辺りからも調子の良さを感じます。

サトノフェイバー   57.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

12/31(金)ラスト2Fで左手前に替わるも、途中でまた右手前に戻してしまう。中京の舞台にとって、右手前に勝る走法は悪くないとは言え、やはり割引。残り100mで脚をフッと緩めそうになったが、鞍上の肩ステッキで再加速。加速ラップを維持した。威嚇する相手を意に介すことなく真っ直ぐ登坂した点は評価できるのだが…。まだ良い頃の迫力に及ばない。仕上がり途上という印象。評価は割り引いた。

jamie

12/22(水)にCWで79.6-11.2秒という猛時計も出しています。能力ある馬なのですが、バスラットレオン、ディアンドルらの同型も多く、長期休養明けの今回は様子見という判断です。

ザダル        57.5 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑥

1週前に早い時計を 出しており、12/31(金)の最終追い切りは軽めの内容。2頭併せの外。コーナーを逆手前で回った点は割引。直線も手前を替えることなく左手前1本で駆けた。併せた相手には1馬身先着も、終いのキレ味は平凡。良い時に見せてくれる唸るような迫力がない。好フォームではあるのだが…。評価しづらい。

シュリ        57.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

12/31(金)馬場の真ん中を、折り合いの難しい一面を見せながらの登坂。頭の位置が安定しなかったのは鞍上が抑えていたためだろう。それでも毛艶はピカピカで脚元の力感十分。キビキビと余力十分に右手前1本で駆けた。評価は据え置くもパドックが良ければ評価を上げてみたい。

jamie

追い切りからは評価は据え置きましたが、展開や枠順の恩恵を最も受けそうな馬にも思えます。

ステルヴィオ     58.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑥

1/2(日)は調整程度の軽めの内容。3頭併せの内。完全馬なりでゴール直前でスッと外の2頭にアタマ差先着。12/22(水)の坂路では安定したフットワークでキビキビと力強く登坂できており好調さ伺える内容。12/30(木)にも優秀な時計を出しており好調だろう。追い切り過程から高く評価したい。

jamie

外枠と58㎏はキツいでしょうが、かなり良い仕上げに思えます。

ダイアトニック    57.5 【B】

栗東CW併せ。G前一杯⑦

12/31(金)岩田康騎手が騎乗。2頭併せの内。併せた相手は中山金杯に出走予定のレッドガラン。これを5馬身追走。コーナー深く回る相手に対して、ショートカットして回り直線ムチを入れて追うも僅かに届かずという内容。最後は顎があがっていた。走りの質は良い時と比べると数段落ちる印象だが、12/23(木)の坂路でもそれなりの時計を出している。評価は据え置いた。

jamie

ちょうどポケットの位置に入れそうな一頭で、岩田康騎手得意のイン突きが嵌れば怖い一頭です。能力あるにも関わらず、この低評価に甘じており、高い評価は与えづらいものの、個人的にはとても気になる一頭です。

ダイワキャグニー   57.5 【A】

美浦B単走。G前軽く促す②

1/2(日)右回りのコーナーをぎこちなく回ってくる。やはりこの馬は左回りの方がスムーズ。直線向いてジワっと加速。苦手な左手前で伸びやかな走りを見せた。特に後肢を大きく後ろに蹴り出して走れている点が素晴らしい。強い前への推進力を産み出している。いかにも中京の舞台に合いそうな走り。高く評価したい。

jamie

8歳にしてまだまだ元気一杯です。斤量の57.5㎏が少しキツいかもですが、幸騎手が上手くINを捌いてくれるなら面白いと思います。

ディアンドル     55.0 【C】

栗東坂路併せ。馬なり。

12/31(金)植え込み側を登坂。かなり緩い内容で全体時計は56.8秒。ラスト2Fは25.3-13.1秒だ。普段から追い切りで動く馬ではないが、全く動いていない。ラスト1Fは0.9秒と大きく失速しており、最後は走るのを止めたようにも見えた。追い切りからは全く評価できない。

jamie

C.デムーロ騎手が騎乗することで過剰に人気することも見込まれます。私は遠慮なく切りたいと思います。

トーラスジェミニ   57.5 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑥

12/31(金)2頭併せの内。前を1馬身追走からコーナーワークで並びかけて直線へ。前脚を高く上げる走りは健在も脚元の力感は薄く、動きの伸びやかさも欠く走り。互いに馬なりではあったが、併せた外の相手に手応え見劣る内容。評価しづらい。

jamie

併せた相手は古馬1勝クラスのビゾンテノブファロでした。

バスラットレオン   55.0 【B】

栗東坂路併せ。馬なり。

12/31(金)古川奈穂騎手が騎乗。この馬特有の低い姿勢によるピッチ走法で淡々とラチ沿いを登坂。併せた内の相手を2馬身以上突き放すも、相手は新馬であり過剰な評価は禁物。この馬自身はラスト1Fで0.7秒失速し、少し右にヨレた点は割引。とは言え、低い姿勢で最後まで集中して走れている。評価は据え置いた。

jamie

4歳という若さとハンデの55㎏。そして枠順は魅力です。同型らとのハナ争いが激化しなければ残す可能性は高そうに思えます。

今週開催のその他重賞レース

中山金杯(G3)

あわせて読みたい
《2022》中山金杯【最終追い切り】調教評価 2022年1月5日(水)に中山競馬場で行われる『中山金杯(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切...

シンザン記念(G3)

あわせて読みたい
《2022》シンザン記念【最終追い切り】調教評価 2022年1月9日(日)に中京競馬場で行われる『シンザン記念(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い...

フェアリーS(G3)

あわせて読みたい
《2022》フェアリーステークス【最終追い切り】調教評価 2022年1月10日(祝)に中山競馬場で行われる『フェアリーS(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる