《2021》函館記念【最終追い切り】調教

2021 函館記念 追い切り 調教評価

2021年7月18日(日)に函館競馬場で行われる『函館記念(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • タイセイトレイル
目次

アイスバブル     55.0 【A】

札幌ダ併せ。馬なり。

3頭併せの外。併せた相手が相手にならない。その位この馬が動けていた。前脚を高々と上げ、大きく伸びやかなフットワーク。馬体もふっくら見せている。手前替えはゴール直前だったが、これは余力だったと捉えたい。

jamie

netkeiba.comの予想オッズでは何と最低人気。マジですか!?と思わず言ってしまいました。

アドマイヤジャスタ  56.0 【B】

函館芝単走。G前一杯⑦

コーナーでは鞍上は抑え気味。直線向いて尻にステッキを入れ、めい一杯に追い出しを開始。しっかりとした時計を出してきた。昨年の覇者であり洋芝への適正は高そう。キビキビとしたピッチ走法で走る馬であり、この走法mも良いのかも知れない。

カフェファラオ    58.5 【B+】

函館芝併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。馬は行きたがる素振りを見せる内容。鞍上は終始抑えていたが、併せた相手とのスピードが違い過ぎて、直線であっさりと交わしてしまう。そのまま2馬身以上突き放すという内容。胸前に発汗も見られ、気正面での課題は感じるものの、前脚を高く上げるフットワークは豪快でパワフル。スナップの効かせた走りで、追い切り映像からは芝でも全く問題なさそうに思える。直線半ばで手前を戻したが、両手前で同じように走れる器用さも兼ね備えている。

jamie

人気が想定され中心視するにはリスクある馬だとは思いますが、この動きを見せられては流石に簡単に「消し」という訳にはいきません。パドックで最終判断したいですが、私は押さえます。

サトノエルドール   56.0 【B-】

函館W単走。馬なり。

巴賞から中1週の臨戦過程で追い切り内容は軽め。軽めだったこともあるとは思うが、馬に元気を感じない。淡々と駆けただけの平凡な内容で評価しづらい。

ジェットモーション  54.0 【C】

札幌ダ併せ。G前強め⑧

2頭併せの内。前を1馬身追走し直線へ。直線では鞍上に強めに追われて、何とかクビ差先着という内容。追ってからの反応も鈍く、動きが硬くて重い。評価できない。

ディアマンミノル   54.0 【B+】

函館W単走。一杯。

クビをグッと前に突き出して走る推進力ある走り。コーナーから鞍上は首筋をポンポンと叩きスピードを緩めない。馬もそれに応えてスピードを落とすことなくスムーズなコーナーリング。コーナリング性能の高さも垣間見られた。終い少し疲れたかもだが、最後まで見せムチを使って気を抜かせることなく駆けさせる意欲的な内容。活気は十分で動き伸びやか。高く評価しておきたい。

ドゥオーモ      53.0 【B】

函館W単走。G前軽仕掛け。

昨年2着となり、アドマイヤジャスタとともに大荒れ馬券を演出した馬の1頭。アドマイヤジャスタと異なり大きなフットワークで走る馬で、洋芝適正に走法との関連性は薄いのかも知れない。本馬は大きく動けているのだが、脚元の力感薄く評価しづらい。

トーセンスーリヤ   56.0 【A】

函館ダ単走。G前仕掛け⑦

前脚を高々と上げ、見るからに調子良さそうな走り。クビの角度、アタマの位置もよく、四肢の可動域も十分。クビを使った活気ある推進力ある走りで、この馬の調子の良いときの走り。高く評価したい。

バイオスパーク    57.0 【B】

函館W単走。馬なり。

この馬が昨年の3着馬。追い切りの内容とは関係ないが、リピーターの多いレースということで強調しておく。動きが緩慢で覇気のない走りで評価しづらいが、クビを使って走るフォームは悪くない。評価は据え置いた。

ハナズレジェンド   55.0 【B】

函館芝併せ。馬なり。

2頭併せの外。完歩は大きくないが、ピッチ気味に小気味よいフットワークで走る馬。クビの動きが硬いのはいつものこと。これまではこのクビの硬さをトモを中心とする脚力で補ってきたが、既に8歳で往年の力強さに陰りがみられる。ただマイナスにするほどかと言われるとそうでもなく、評価は据え置いた。

マイネルウィルトス  56.0 【B】

函館W単走。馬なり。

クビの長い馬。この長いクビを振り子のように使い推進力を産み出している。動きに柔らかさがあるのは良いのだが、直線逆手前で走った点は割り引きたい。評価は据え置いた。

マイネルファンロン  55.0 【B】

函館W単走。馬なり。

クビを使ってスピード感ある走り。ただ終いにかけて疲れをみせ失速する内容は割引。ただ序盤に見せたスピードと活気は評価できる。この一追いで上向く可能性も視野に入れ、評価は据え置いた。

レッドジェニアル   57.0 【B+】

函館芝単走。G前軽仕掛け⑤

終い重点の内容。ゆったりとコーナーを回り直線向くと、そこから鞍上が仕掛けるとジワッと加速。クビを上手に使って大きなフットワークで走れている。脚元の力感がもう少し出るとより良いのだが…。プラスに評価してみたい。

ワールドウインズ   56.0 【C】

函館W単走。軽い気合付け。

2頭併せの外。内は函館2歳Sに出走予定のメリトクラシー。これに1馬身半先行から煽られ気味に併入では評価しづらい。

ワセダインブルー   54.0 【B-】

函館W単走。馬なり。

2頭併せの内。スピード感ある走りもアタマは高め。クビも真っ直ぐ振れていない点は割引き。併せた外の相手には半馬身先着も動きの質が悪く評価しづらい。

出走が叶わなかった馬たち

ウインイクシード   56.0 【B-】

札幌ダ併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。終始併せた外の相手と馬体を並べての追い切りであったが、馬なりのままの相手に終始煽られる内容。トモの蹴りが弱いのか、推進力ない走りで、脚元も何か忙しく余力感じない内容。完調手前と判断し、評価を割り引いた。

ナイママ       54.0 【B-】

函館W単走。馬なり。

馬の気分に任せて駆けさせただけの内容。フォームは悪くないのだが、身体全身を使って走れておらず、脚元の力感も薄い。評価は割引いた。

あなたのPOG馬がいるかも!

7/17(土)新馬戦(5レース分)

あわせて読みたい
《2021》7/17(土)新馬戦【追い切り・調教評価】
《2021》7/17(土)新馬戦【追い切り・調教評価】本記事は、2021年7月17日(土)に行われる新馬戦の追い切り評価をまとめた記事となります。レースによっては、出走馬のうち、ほとんど追い切り動画が公開されていないレ...

7/18(日)新馬戦(4レース分)

あわせて読みたい
《2021》7/18(日)新馬戦【追い切り・調教評価】
《2021》7/18(日)新馬戦【追い切り・調教評価】本記事は、2021年7月18日(日)に行われる新馬戦の追い切り評価をまとめた記事となります。レースによっては、出走馬のうち、ほとんど追い切り動画が公開されていないレ...

今週開催のその他重賞レース

中京記念(G3)

あわせて読みたい
《2021》中京記念【最終追い切り】調教
《2021》中京記念【最終追い切り】調教2021年7月18日(日)に小倉競馬場で行われる『中京記念(G3)芝1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...

函館2歳S(G3)

あわせて読みたい
《2021》函館2歳S【最終追い切り】調教
《2021》函館2歳S【最終追い切り】調教2021年7月17日(土)に函館競馬場で行われる『函館2歳ステークス(G3)芝1200m』の最終追い切り評価となります。出走馬は11頭。追い切り動画で確認できた8頭の追い切り...

先週のレースの振り返り

七夕賞(G3)

あわせて読みたい
《2021》七夕賞【評価結果】-レース回顧
《2021》七夕賞【評価結果】-レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭に評価を付け高評価としたのは4頭。高評価馬1頭が馬券内も、これは人気馬。唯一【C】評価...

プロキオンS(G3)

あわせて読みたい
《2021》プロキオンS【評価結果】-レース回顧
《2021》プロキオンS【評価結果】-レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭に評価を付け高評価としたのは4頭。人気薄のメイショウウズマサを高評価とし、トップウイ...
2021 函館記念 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる