《2021》日経新春杯【最終追い切り】調教

2021 日経新春杯 追い切り 調教

2021年1月17日(日)に中京競馬場で行われる『日経新春杯(G2)芝2200m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

本記事は、木曜日の追い切り動画の確認結果を反映した【最終版】となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • エアウィンザー
  • ショウリュウイクゾ
  • バリレオ

なお、愛知杯と本レースにダブルエントリーしていたウインマイティータガノアスワドは愛知杯に。ミスマンマミーアレイホーロマンスは、本レースに出走することとなりました。

目次

アドマイヤビルゴ  56.0 【A】

栗東坂路坂路単走。馬なり。

最終追い切りは全体時計55.2-12.8秒と軽めの内容。前後の脚を真っ直ぐ前に出して、スナップの効いたカチッとした好フォーム。ラスト1Fで綺麗に手前を替えて、馬なりのまま加速ラップを踏み登坂した。1週前が抜群の動き。全く問題ないだろう。高く評価したい。

【1週前追い切り A】

ヴェロックス    57.0 【B】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑦

3頭併せの内。本来はもっとクビを前に突き出すように走る馬。今回はクビの可動域が狭く、思ったように前に推進していないように思える。外を2馬身、中を1馬身追走から、外を突き放し、追う中の相手にクビ差先着も動きに迫力はない。プラスには至ららない。

【1週前追い切り B】

クラージュゲリエ  56.0 【B-】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑧

3頭併せの中。前を2馬身追走し直線へ。直線で2馬身前を走る馬の間を突くスペースは用意してくれていたものの、そこに突っ込んで行くだけの勢いはない。元々ピッチ方法の馬であるため走りに伸びやかさがないのは仕方ないとして、活気が薄いのは割引。鞍上の軽い仕掛けにも反応なくギアの入りが悪い走り。評価しづらい。

【1週前追い切り B-】

サトノインプレッサ 56.0 【B】

栗東CW単走。G前軽く促す⑧

この馬らしいアタマを低い位置に保つフォームは健在も、動きに伸びやかさがない。直線半ばから鞍上が何度かクビを押して軽く促すも反応薄く、さしたる伸びをみせないままゴールした。決して悪くはないのだが、この馬本来の走りからするとかなり物足りない内容。決して良いとは言い難い。

【1週前追い切り B】

サトノソルタス   55.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑤

2頭併せの内。1馬身追走からコーナーワークを利して並びかける。直線向いて手前を替え一瞬クビ差前に出るも、馬なりのままの相手に追いつかれ最後は併入した。クビを前に突き出すように走れてはいるのだが、思ったように前に推進していかない。脚元が非力なためだろう。評価しづらい。

【1週前追い切り B-】

サンレイポケット  55.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。アタマとクビが、顔を進行方向に対して右側を向いていた点は割引。ラスト50mあたりで改善されて真っ直ぐ向いたが…。時計は53.2-12.6秒。この馬としては軽めの内容だったとは思うが、馬なりで加速ラップを維持した点は評価したい。

【1週前追い切り B+】

ダイワキャグニー  57.5 【B+】

美浦坂路単走。G前軽仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。普段あまり追い切り映えしないが、今回はとてもよく見えた。カチッとした好フォームで力強いフットワーク。手前の切替もスムーズ。時計も50.9-12.4秒と優秀。これをG前軽く促したとは言え、ほぼ馬なり。そして加速ラップで駆け上がった点を高く評価したい。

【1週前追い切り B】

ミスディレクション 54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。ラスト250mまでグングン推進する良い走りであったが、そこから少し苦しくなったか手前を替えるも、ラスト100mでアタマが上がり完全に脚が上がってしまった。そこから鞍上にムチを数発入れられ何とか登坂するもラスト1Fで0.4秒の失速。まだ完調手前という見立て。この一追いでどこまで。ただ序盤の動きは良く評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

ミスマンマミーア  52.0 【B】

栗東CW単走。G前強め⑧

終い重点の内容。仕掛けられてからの反応と一瞬の伸びは目を引いた。四肢の可動域は及第点も脚元は力強く、馬体のハリ艶も良い。ここでの評価は据え置くが、何とも不気味な追い切り内容。中間の追い切り状態は是非チェックして頂きたい。

【1週前追い切り 映像なし】

レイホーロマンス  51.0 【B】

脚元の力強さはないのだが、キビキビとした素軽いフットワークで馬場の真ん中を真っ直ぐに登坂。全体時計は遅いものの、綺麗な加速ラップを踏んだ。ハンデは魅力でこのハンデなら押さえておきたくなる。

【1週前追い切り 映像なし】

レクセランス    54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

ハロー明けの綺麗な馬場の真ん中を単走で登坂。前後の脚が真っ直ぐ前に出る好フォーム。走りの軸を安定させて真っ直ぐ走ることができるのは才能だ。クビも比較的真っ直ぐ縦に振れており、とにかくフォームが美しい。また集中して走れている。アタマの位置が少し高くなる完歩も数完歩見られたが許容範囲。最後に軽い肩ステッキは入ったがほぼ馬なり。ラスト1Fの0.1秒の減速には目をつぶり高く評価してみたい。

【1週前追い切り 映像なし】

ロサグラウカ    51.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑨

2頭併せの外。1馬身先行から直線向いて内の相手に半馬身前に出られるも、そこから手前を替えるとグッと伸びる構え。ただ、そこで鞍上が手綱を引いて抑えてしまった。折り合いを付けるのが追い切りの意図だったのだろうか。その後も鞍上は手綱を絞り気味。それでもムチを入れて追う相手に1馬身先着した。脚元の力強さはそこそこあったものの、鞍上が強引に抑えた感は否めず、折り合いが付いているとは言い難い内容。そのせいもあり走りもバラバラ。最後に手前を戻した点も割引きたい。

【1週前追い切り 映像なし】

ワセダインブルー  54.0 【C】

美浦南W単走。馬なり⑨

顔が左(外ラチ側)を向いており、進行方向に対して顔を真っ直ぐ向けて走ることができていない。アタマは高く、動きに覇気が全くない。最後まで手前を替えることなく右手前。これでは…。

【1週前追い切り 映像なし】

出走が叶わなかった馬

シンボ       51.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

コーナーを逆手前で入り、そのまま左手前のまま馬場の真ん中を登坂。クビは振れているのだが、アタマが高く、クビを高い位置で小刻みに振っているだけで前への推進力を産み出せていない。また時計が遅いにも関わらず終い失速。評価できない。

1週前追い切りもチェックしておこう

1週前追い切りの動画が公開されていた7頭の評価記事となります。

あわせて読みたい
《2021》日経新春杯【1週前追い切り】調教
《2021》日経新春杯【1週前追い切り】調教2021年1月17日(日)に中京競馬場で行われる『日経新春杯(G2)芝2200m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた7頭の追い...

今週開催のその他重賞レース

京成杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》京成杯【最終追い切り】調教
《2021》京成杯【最終追い切り】調教2021年1月17日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走は12頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り評価...

愛知杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》愛知杯【最終追い切り】調教
《2021》愛知杯【最終追い切り】調教2021年1月16日(土)に中京競馬場で行われる『愛知杯(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走は18頭。追い切り動画で確認できた12頭の追い切り評...
2021 日経新春杯 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる