《2020》天皇賞・秋【最終追い切り】調教

2020 天皇賞秋 追い切り 調教 評価

2020年11月1日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞(秋)(G1)芝2000m(定量)』の最終追い切り評価となります。

出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アーモンドアイ 56.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり③

3頭併せの内。前を行く中外の相手を2馬身追走し直線へ。手前をカチッと替えると瞬時の内に相手の前に出る。ラスト1F時計は出ていないが、これは相手を交わした後、緩めたため。この馬らしい質の高い動きをリラックスした状態で出来ている。

【1週前追い切り B】

ウインブライト 58.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。1週前に比べてグッと良くなった印象。アタマは少々高めも脚元は力強く、前への推進力を全く損ねていない。追う相手に対して馬なりのまま抜かせることなく、アタマ差先着した。左回りも全く問題ないだろう。

【1週前追い切り B】

カデナ  58.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

馬場の真ん中を単走で登坂。ラスト2Fあたりで右にヨレた点は割引き。その後は真っ直ぐ脚を出し低い姿勢で登坂するも、ラスト1Fで苦しくなり手前を右手前に戻してしまう。何とか加速ラップは維持したものの、全体時計も遅く評価できない。

【1週前追い切り B-】

キセキ  58.0 【B】

栗東坂路併せ。馬なり。

馬場の真ん中を馬なりで登坂。序盤はアタマが高く推進力を上に逃す走りだった点は割引き。後半はアタマが下がり力強く登坂し、併せた相手に1馬身先着した。フォームと力強さが1週前に比べ改善された。ただ相手はこの馬が来るのを待っており見栄えは良くない。この馬自身ラスト1Fで0.1秒失速しており、高い評価はできない。

【1週前追い切り B-】

前に馬を置いた状態の併せ馬を行なっており、逃げることを想定した追い切りとは思えない。控える競馬をするのだろうか。展開の鍵を握る1頭だけに気になるところ。

クロノジェネシス 56.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。直線外の相手に対して、クビ差遅れの状態が長く続き、最後までその差が変わることなくゴールした。併せた相手も動けていたのだろうが、同じ馬なりの状態。動きは相手の影に隠れてほとんど見えなかったが、この馬らしい前脚をピンと張った走りではあった。時計も強調できず評価しづらい。

【1週前追い切り B】

ジナンボー 58.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり。

1週前はプラス評価とするか迷ったほど良い動きに見えたが、最終追い切りはとても褒められた内容ではない。直線半ばまで左手前で引っ張り、相手が併さってきたタイミングで右手前に替えるも、そこから伸びることなく、発汗の激しい馬なりのままの相手になす術なく3/4馬身遅れ。評価できない。

【1週前追い切り B】

スカーレットカラー 56.0 【A】

2頭併せの外。直線、相手を1馬身半前に置き、馬なりのまま並び掛け楽に交わし去ると、そこから軽く仕掛けると豪快に伸びて5馬身は突き放す好内容。後肢の蹴りのパワーが素晴らしく、体幹がしっかりしているため走りの安定感が抜群。楽にトップスピードを維持しながら走ることが出来ている。1週前も抜群の動きを見せており、過去最高の状態にあるのではないだろうか。高く評価したい。

【1週前追い切り A】

ダイワキャグニー 58.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

相手と離れだ状態での併せ馬で実質単走。この馬は埒沿いを走り、加速ラップを維持して登坂した。時計は54.3-12.5秒と平凡も活気よく力強く登坂は出来ている。最後の方に顔を埒側に背けながら走った点は割引き。1週前よりかは良くなったが…。

【1週前追い切り B-】

ダノンキングリー 58.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑨

2頭併せの内。直線向いても手前を替えないことに鞍上が怒り気味に右手綱を引き、強引に手前を替えさせると、その後も理由の分からない右手綱。完全馬なりの相手に半馬身交わされた。終始力んで走っており、状態としてはかなり怪しい。能力でどこまで。

【1週前追い切り B】

ダノンプレミアム 58.0 【B+】

栗東CW併せ。G前軽く追う⑧

2頭併せの内。コーナーで1馬身前を追いかけ、直線向くとモノが違うと言わんばかりにクビを激しく上下運動させ、3馬身近く交わし去る。ただ相手をかわし去った後、集中力が切れたか、力を抜いた走りになった点は割引き。その後は鞍上が軽く追うも反応は鈍く、突き放した相手に差を詰められてしまう。まだクビと脚とが連動し切れておらず、トモの送り幅も良い頃と比べると物足りず、まだ完調手前か。ただ活気は十分で復調気配は感じる。プラスに評価してみたい。

【1週前追い切り B+】

フィエールマン 58.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑦

単走での追い切りであったが、2馬身前を走る馬を射程圏に捕らえながらも交わすことができない見栄えの悪い内容。動きは沈み込むようなフットワークで悪くないものの、脚元の力強さを欠く動き。1週前にしっかり仕上げており、これで良いのかも知れないが…。評価は据え置いた。

【1週前追い切り A】

ブラストワンピース 58.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

1馬身遅れの状態からコーナーワークで並び掛ける。直線でスッと手前を替えるとジワっと力強く伸びて併せた相手に半馬身先着。ただクビを使って走れておらず、脚力だけで走っている。馬なりで併せ先着は評価できるのだが、発汗も目立ちプラスには届かない。

【1週前追い切り B-】

1週前追い切りの動きもあわせて確認しておこう

あわせて読みたい
《2020》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教
《2020》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教2020年月11/1日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞・秋(G1)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全12頭の追い切り...

今週開催のその他重賞レース

あわせて読みたい
《2020》スワンS【最終追い切り】調教
《2020》スワンS【最終追い切り】調教2020年10月31日(土)に京都競馬場で行われる『スワンS(G2)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走登録は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...
あわせて読みたい
《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教
《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教2020年10月31日(土)に東京競馬場で行われる『アルテミスS(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価と...
2020 天皇賞秋 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる