《2020》スワンS【最終追い切り】調教

2020 スワンS 追い切り 調教 評価

2020年10月31日(土)に京都競馬場で行われる『スワンS(G2)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走登録は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アドマイヤマーズ 58.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

2週前、1週前に猛時計を出しており、最終追い切りは軽めの調整。とは言え坂路全体時計51.9秒。ラスト1Fで手前を2回も替えたため12.7秒と要したが、1週前の動きがとにかく素晴らしく。人気かもだが高い評価をせざるを得ない。

アルーシャ 54.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。直線向いてクビ差遅れの状態から、淡々と走らせ相手と併入。アタマは高めで時計も平凡。馬に覇気もなく評価しづらい。

カツジ 56.0 【A】

栗東CW単走。G前仕掛け⑦

鞍上のムチを抜く仕草に素早く反応するアタマの良さを見せ、実際にはムチを使わず、仕掛けるとゴールに向かってグングン加速。正直言うと本当に良い頃と比較すると、四肢の可動域の広さが若干物足りないものの調子が良さそう。高く評価したい。

カテドラル 56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや植え込み側を登坂。走りはかなり小刻みなピッチ走法。クビを使って活気十分な走り。しっかり地面も踏めている。ラスト2F時計24.8-12.2秒は評価できるも、全体時計が54.8秒と遅く、プラスとするか迷ったが評価は据え置いた。

キングハート 56.0 【B】

美浦坂路併せ。G前軽仕掛け。

右手前1本で埒沿いを登坂。併せた相手は馬場の真ん中内目を通り、馬体をかなり離した形の併せ馬。それでいて併せた相手に1馬身半先着。51.9-12.5秒という時計も悪くない。ただコーナーで逆手前だった点は割引き。状態は良さそうで、パドック気配はチェックしたい。

サウンドキアラ 54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

少し右斜めに構えるフォームで真っ直ぐ向いて走れなかった点は割引き。一方で毛艶はピカピカ。控え目な時計もゴールに向かって加速し続けるラップは踏めている。評価は据え置いた。

シヴァージ 56.0 【B-】

栗東CW単走。G前仕掛け⑦

鞍上の仕掛けに対して反応鈍く、動きもスロー。身体が重く見える。本調子ではなさそう。

ステルヴィオ 57.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり④

3頭併せの中。直線3頭雁行状態から馬なりでスッと抜け出し、追う内に1馬身。馬なりの外に1馬身半先着。序盤はアタマが高めも四肢をしっかり広げて走れている。抜け出した後、鞍上がさらに気合いを付けて伸ばそうとしたが反応しなかった点は気掛かりだが、プラスに評価してみたい。

スマートオーディン 56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

序盤にアタマを上げクビを振り嫌がる仕草。気性面はこの馬の課題だ。ただ落ち着いてからのラスト1Fは素晴らしい走り。時計は54.0-12.5秒と平凡も映像から伝わる動きの迫力、脚元の力強さをしっかりと評価したい。

タイムトリップ 56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの外。動きは平凡で迫力はないものの、楽々と併せた相手に1馬身先着した点は評価したい。四肢の可動域も及第点。

プロディガルサン 56.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

埒沿いを走る相手を追走し、最後は半馬身先着。活気は十分なのだが、思った以上に走りが前に推進していない。また終始舌を出していた点も割引き。全体時計は速いも、ラスト1Fで1.1秒と大きく失速。評価しづらい。

ベステンダンク 56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

埒沿いを登坂。強めに追った割には時計が出ていない。活気とフォームは悪くはないが。評価しづらい。

ボンセルヴィーソ 56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

埒沿いを登坂。全体時計は54.0秒と早くないものの、馬なりのまま加速ラップを維持して小気味よく登坂。ラスト2Fは12.4-12.4秒と一定のラップを踏めた点は評価したい。ただ最後の方は少し苦しくなり身体が右斜め前に向きがちになった点は割引き。後脚も少し外を回っている。

メイショウオーパス 56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を登坂。脚元は非力に映るも、踏んだラップは優秀。全体時計53.5秒は普通もラスト2Fの24.3-12.0秒は評価すべき。走りはラスト2Fで左手前、ラスト1Fで右手前、ラスト数完歩はまた左手前。これだけ手前を替えてこのラップが踏めておりスピードを落とさず手前を器用に替えれてる証拠。プラスに評価してみたい。

レインボーフラッグ 56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

埒沿いを登坂。ラスト1Fで何が嫌だったか、顔を大きく右に背けたのは割引き。全体時計55.5秒は遅く、ラスト1Fも顔背けたことにより失速。動きに覇気もなく評価できない。

ロケット 54.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

全体時計は51.7秒と優秀も、ラスト1Fは13.2秒で1.1秒の失速。フォームが右斜めの構えになっており、これでは鞍上が真っ直ぐに追えない。身体の軸も安定せず、アタマの位置も安定しない。フォームが悪く評価しづらい。

今週開催のその他重賞レース

あわせて読みたい
《2020》天皇賞・秋【最終追い切り】調教
《2020》天皇賞・秋【最終追い切り】調教2020年11月1日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞(秋)(G1)芝2000m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全馬の追...
あわせて読みたい
《2020》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教
《2020》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教2020年月11/1日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞・秋(G1)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全12頭の追い切り...
あわせて読みたい
《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教
《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教2020年10月31日(土)に東京競馬場で行われる『アルテミスS(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価と...
2020 スワンS 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる