《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教

2020 アルテミスS 追い切り 調教 評価

2020年10月31日(土)に東京競馬場で行われる『アルテミスS(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。

出走は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • ヴァーチャリティ
  • モリノカンナチャン
目次

ウインアグライア 54.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり④

3頭併せの内。左手前で引っ張り、直線半ばで右手前に。馬なりのまま一定のラップを刻み駆けた。併せた相手が弱く先着したこと自体は評価に値しない。評価したいのは、この馬の走り。前脚を上から地面に叩き付けるような走法でかなり力強い。クビの角度も良く尾も綺麗に流れている。時計は出ていないが質の高い走りが目を引く。高く評価したい。

オレンジフィズ 54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり③

3頭併せの中。コーナー時点で外の相手は1馬身前。内の相手は1馬身後。直線では、内の馬に1馬身交わされるも、終いしっかり伸びて2馬身前を走る外の相手に追い付き併入した。内の相手が動けていた事もあり見栄えは良くないが、終いはしっかり動けていた。首筋に若干の発汗も見られた。

クールキャット 54.0 【B+】

美浦南W単走。G前強め④

最終追い切りは軽めの内容。とは言え、アタマを低い位置に保ち力感たっぷりの好フォーム。走りは悪くない。キレるタイプでは無さそうだが長く脚を使えそうではある。1週前の動きが良くプラス評価とした。

この馬については、1週前追い切りの映像も公開されていた。美浦南Wで3頭併せの内から、馬なりで併せた中外の相手を2馬身突き放す好内容。

ククナ  54.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり。

3頭併せの中。馬場の真ん中を走ったとは言え、完全馬なりで52.1-12.4秒は時計面でも優秀。フォームも安定しており、左手前1本で楽に登坂。手前を替えなかったのは余力と捉えて問題ない。この時計を手前も替えず、完全馬なりで叩き出し、併せ馬で先着(内にアタマ差、外にハナ差)した点を高く評価したい。

シャドウファックス 54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり②

2頭併せの内。相手を1馬身追走から、ジワっと直線で並び掛けて、何とかアタマ差先着という内容。相手の鞍上は、この馬が来るのを待っており、抜かせてくれた感の強い内容。脚元の力強さは物足りないものの、相手を交わした勝負根性は評価できる。据え置いた。

ストゥーティ 54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや埒沿いを登坂。1F毎に手前を替えて登坂したが、手前の切り替えが極めてスムーズ。軽めの内容で時計は全く出ていないが、軽い内容の中にこの馬の持つ走りのセンスを窺い知ることができる。少し線は細いも弾むようなフォームで脚元は力強い。

ソダシ  54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや植え込み側を登坂。この馬らしい跳びの大きいダイナミックなフォームは健在。1週前が本追い切りで最終追い切りは軽めの内容。時計は54.7-12.7秒。ラスト1Fで0.1秒失速も併せた相手には3/4馬身先着した。

1週前追い切りは栗東CWで併せ馬。馬場の7分ところを通り、併せた相手を3馬身以上突き放す素晴らしい動き。大きなフットワークの馬だが、推進力が上に逃げることなく、スッーっと前に平行移動するかのような走り。

タウゼントシェーン 54.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬の多い時間帯に、馬場の真ん中を走り、馬なりで併せた相手に1馬身半先着も、アタマの位置が高く、クビをほとんど使えていないフォームは割引き。脚力だけで走っている。時計も平凡で馬なりとは言え、この時計でラスト1Fで0.1秒の失速。評価しづらい。

テンハッピーローズ 54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

序盤はアタマが高く、これはどうかなと思っていたが、残り300m付近でギアが入ると、手前も替えずもの凄い加速。そのまま右手前1本で加速ラップを維持して登坂した。脚元が極めて力強く、活気もあり余力も十分。アタマはやや高いものの、真っ直ぐ美しいフォーム。何よりこの馬のギアチェンジ性能を高く評価したい。

ニシノリース 54.0 【B-】

美浦坂路単走。G前仕掛ける。

埒沿いを単走で登坂。道中ムチが一発入ると手前を替えて一瞬加速するも、その後はまた少し気の抜いた走りに。とは言え、何とか加速ラップを維持していた。四肢の可動域が狭く、何かちょこまかとした走り。評価できない。

ハイプリーステス 54.0 【D】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの外。これは追い切りの内に入らない。とにかく全く追っておらず、ほぼキャンターの内容。正確な意図は測りかねるが、恐らく手前を替えるトレーニングでもしていたものと思われる。馬は手前を替えることを嫌がり、結局手前は替わなかった。全く追い切っていなかったため、評価不能のDとしたが、最低評価のCでも良い内容。

ペイシャフェスタ 54.0 【B-】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け⑤

2頭併せの外。埒沿いをショートカット気味に入る相手に並び掛けたところで鞍上が気合いを付けると左手前に替えた点は大きく割引き。その後の走りは伸びやかさを欠く走りとなってしまった。アタマの位置やクビの使い方は悪くないのだが前脚の伸びかさがなく、四肢の可動が狭い。評価できない。

ミルウ  54.0 【C】

栗東坂路単走。G前軽く追う。

体幹弱く身体の軸が安定しない。緩い内容ではあったが、右に左にヨレて入っていた。ラスト1Fの苦しいところで手前を替えるも、既に脚は上がっておりバタバタとした走り。終いにかけて失速するラップとなっており、全く評価できない。

ユーバーレーベン 54.0 【B-】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け⑧

3頭併せの中。コーナーから直線に入るも手前が替わらない。この馬は左回りは苦手か。ピッチ走法で小回りの方が向きそうな走り。外の馬を1馬身追走し、直線半ばで鞍上に軽く仕掛けられるも、左手前のまま走っていた。何とか追いつき最後は併入したが…。全体的な動きの質は悪くないのだが、前脚の伸びやかさがらなく、この舞台を考えるとかなり評価しづらい。

出走が叶わなかった馬

スライリー 54.0 【C】

美浦南W併せ。馬なり⑤

2頭併せの内。直線で馬体が併さった状態から前に出るも、完全馬なりの相手に交わされそうになると怯んでしまい、ガクッとスピードが落ちる。あっさり1馬身交わさた。評価できない。

今週開催のその他重賞レース

あわせて読みたい
《2020》天皇賞・秋【最終追い切り】調教
《2020》天皇賞・秋【最終追い切り】調教2020年11月1日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞(秋)(G1)芝2000m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全馬の追...
あわせて読みたい
《2020》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教
《2020》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教2020年月11/1日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞・秋(G1)芝2000m』の1週前追い切り評価となります。出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全12頭の追い切り...
あわせて読みたい
《2020》スワンS【最終追い切り】調教
《2020》スワンS【最終追い切り】調教2020年10月31日(土)に京都競馬場で行われる『スワンS(G2)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走登録は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...
2020 アルテミスS 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる