《2022》ステイヤーズステークス【最終追い切り】調教評価

ステイヤーズS 追い切り 調教評価
  • URLをコピーしました!

2022年12月3日(土)に中山競馬場で行われる『ステイヤーズS(G3)芝3600m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • マンオブスピリット
目次

アイアンバローズ   56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

少し煩い仕草を見せアタマの位置は安定しなかったものの、脚元パワフルに余力十分の内容。ラスト1Fからの一番傾斜がキツイところで、馬自ら脚色を強めて走れている。鎖骨あたりの上腕筋の隆起も目立ち、前肢の掻き込みパワフル。評価は据え置くも十分の内容。

jamie

中間併せ馬を行っていないあたり、まだまだ気正面に課題がある馬なのでしょう。軸には据えづらい1頭ですが、ここに入ると能力は上位だと思います。【B】の中では最上位です。

アドマイヤアルバ   56.0 【A】

美浦南W単走。馬なり⑧

長距離を走る上で好ましいロスの少ない走り。手前替えで少し苦労したが、終始落ち着いてリズミカル。特にクビの振り幅が一定となっているのが良い。完歩はそれほど広くないものの脚元の力感は十分。四肢を大きく動かし、一歩一歩確り地面を掴んで走れている。高く評価してみたい。

エドノフェリーチェ  54.0 【B-】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑥

石川裕騎手が騎乗。2頭併せの内。2馬身追走からゴール前仕掛けて併入という内容。相手が動けていたこともあり、今一つ見栄えしない内容。後肢に伸びやかさはあるものの、肩の出が悪く思ったように脚を伸ばせていない。最後は顎が上がっているようにも見えた。評価は割引いた。

jamie

併せた相手は、古馬2勝クラスのマイネルダグラスです。

カウディーリョ    56.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり③

2頭併せの内。1馬身半追走から併入という内容。激しく発汗しており入れ込んでいたか。それもあってかはクビをまったく使えておらず、アタマは終始高め。脚元のパワフルさはあるのだが…。この走りでは高い評価は与えづらい。

jamie

併せた相手は、古馬1勝クラスのファンタジアです。脚元の力強さはあります。パドック気配に要注意の一頭です。

シークレットラン   56.0 【C】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑦

2頭併せの外。内の相手に圧倒される内容。こちらは仕掛けていたにも関わらず、相手は馬なりのまま。4馬身は突き放されただろうか。動けていた相手が内目を回り、本馬がラチ沿いを大きく回していたことを考慮しても、脚元の力感薄く評価できない。

jamie

併せた相手は、古馬3勝クラスのコーラスケイトです。1週前の追い切り時計は優秀ですが、如何にも5ヶ月の休み明けという動き。この内容では評価できません。

シルヴァーソニック  56.0 【B】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑦

水口騎手が騎乗(レースはD.レーン騎手)。2併せの内。クビの使い方よく、キビキビとしたフットワーク。直線並び掛けたところで相手に抵抗され最後はクビ差遅れも、終いの時計はしっかり。手前を替えなかった分、一つ評価を下げた。

jamie

併せた相手は、古馬3勝クラスのトーセンアランです。【B】の中では上位です。

ディアスティマ    56.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前軽く気合い付ける。

ラチ沿いの相手を追走し、植え込み側から直線に入ってくる。直線を斜行気味に走らせ相手にジワジワ馬体を併せて行くも、最後は届かずの半馬身遅れ。鶴クビで集中はできていたが、少し力んで走っていただろうか。手前は綺麗に替えれており、脚元の力感も及第点なのだが…。評価は割引いた。

jamie

併せた相手は、2歳1勝クラスのバルサムノートです。

ディバインフォース  57.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑧

2頭併せの内。前を走る外の相手に対して、先に仕掛けて前に出ようとするも、軽く仕掛けた相手に逆に半馬身突き放されてしまう。ただこれは前を大きく追走していたこともあるだろう。情状酌量の余地はある。動きもこじんまりとしており評価しづらいも、長く脚は使い加速ラップは踏めている。評価は据え置いた。

jamie

併せた相手は、今村聖奈騎乗の古馬OPのダノングリスターです。

ナムラカミカゼ    56.0 【B+】

栗東CW併せ。G前仕掛け④

酒井学騎手が騎乗。2頭併せの外。脚の長い馬でいかにも長距離が合いそうな体つき。関節も柔らかで、クビを前に突き出し四肢の可動域十分に走れている。併せた外の相手にクビ差先着した。脚元にもう少し力強さが欲しいのが正直なところだが、気性面の落ち着きと動きの良さは評価できる。プラスにしてみたい。

jamie

併せた相手は、古馬1勝クラスのグッドウッドガイです。

プリュムドール    54.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり⑨

2頭併せの外。2馬身半先行した状態でコーナー深く回って来る。体をスカッとみせ流麗な手前替え。終始リラックスしながらもキビキビとキレある動きで、四肢の回転なめらかに弾力性十分に走れている。内から相手が迫ると手前を戻してグッと頭差先着。高く評価してみたい。

jamie

併せた相手は、古馬2勝クラスのタガノカンデラです。

ベスビアナイト    56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり③

2頭併せの外。先行させた状態でコーナーを回ってくる。こじんまりとした走りで動きに伸びやかさはないものの、内から迫るハヤヤッコ相手に抜かせることなく、直線で脚色強め併入した勝負根性は評価できる。かなりオマケは入るものの、評価は据え置いた。

jamie

併せた相手は、古馬OPのハヤヤッコです。マーカンド騎手というのが何とも不気味です。

メロディーレーン   54.0 【B-】

栗東坂路併せ。馬なり。

勢いよくラチ沿いを回って来る。ただ緩い右回りになっている栗東坂路のコーナーで逆手前。ラスト1Fにさしかかる辺りで、右手前になってからは大きく失速し、併せた相手に5馬身以上遅れただろうか。小柄な馬でも、いつも一生懸命頑張る馬で、個人的にファンなのだが、この内容では流石に評価できない。

jamie

併せた相手は、2歳未勝利のルナビスです。

ユーキャンスマイル  56.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前強め。

いつになく気持ちが入っているが、走りに気負いが見られ、終始右手前のまま。懸命に追うも最後は失速し、ラチ沿いを走る馬なりのままの相手にクビ差遅れ。今回は評価できない。

jamie

併せた相手は、新馬のアドマイヤイルです。

今週開催のその他重賞レース

チャレンジカップ(G3)

あわせて読みたい
《2022》チャレンジカップ【最終追い切り】調教評価 2022年12月3日(土)に阪神競馬場で行われる『チャレンジC(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...

チャンピオンズカップ(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2022》チャンピオンズカップ【最終追い切り】調教評価 2022年12月4日(日)に中京競馬場で行われる『チャンピオンズC(G1)ダ1800m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2022》チャンピオンズカップ【1週前追い切り】調教評価 2022年12月4日(日)に中京競馬場で行われる『チャンピオンズC(G1)ダ1800m(定量)』の1週前追い切り評価となります。 出走登録は18頭。追い切り動画で確認できた14頭...

来週のG1レースを先取りしておこう

阪神JF(G1)

1週前追い切り

12/5(月)以降に書けたら書きたいと思います。もしかしたら書けない可能性があること、ご了承ください。

ステイヤーズS 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる