《2022》プロキオンS【最終追い切り】調教評価

プロキオンS 追い切り 調教 評価
  • URLをコピーしました!

2022年7月10日(日)に小倉競馬場で行われる『プロキオンS(G3)ダ1700m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • アンセットヴァウ
  • エブリワンブラック
  • ロードレガリス
目次

アルドーレ      56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

右手前時、右前脚の着地が内に入り過ぎておりクニャクニャとした走り。直線での手前替えでもスムーズさを欠くも、左手前に替わってからは良く、クビをしっかりと使い真っ直ぐに走ることが出来ている。集中力も良い。馬なりで加速ラップを維持した点も好感。評価は据え置くも状態は悪くなさそうだ。

ヴェルテックス    58.0 【C】

栗東坂路併せ。G前一杯。

ラチ沿いを登坂。前肢が外に向かって出ており力の入らない走り。脚力不足。途中で手前替えを試みるも、手前替えを咎めるような手綱の使い方。追い方も良くない。遠慮がちに内を走る相手に、追って追ってハナ差先着。評価できない。

エアアルマス     57.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

最終追い切りは坂路でサラリと終い重点の内容。1週前にCWでしっかり追っており、これで良いのだろう。ラスト1Fの1番キツいところで馬自ら脚色上げ爽やかに駆けた。好調だろう。高く評価したい。

jamie

少し湿った時計の出る馬場の方が、この馬のスピードが活きるかも知れません。最内枠ですが、ウズマサ行かせてスッと番手で折り合えば面白いと思います。

エクレアスパークル  56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

荻野極騎手が騎乗。序盤は少しフワフワとした走りであったが、ラスト1Fで仕掛けると、左手前に戻して加速。スピードに乗せた後に、再び右手前に替える器用な走り。ゴール近くではアタマがグッと下がっていた。しっかり地面を叩きながら、脚を真っ直ぐに出すフォームも美しい。高く評価したい。

jamie

8歳馬ですが、馬は元気いっぱいです。枠も良く面白い一頭だと思います。

ゲンパチルシファー  56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。前脚は高く上がっているものの両前脚を出すタイミングがほぼ同じでどちらの手前で走っているかが分かりづらい走り。またO脚気味だ。毛艶は良く胸前の筋肉の隆起は目立つものの、上体は高く、ステッキを嫌う仕草も見せていた。評価は割引いた。

jamie

どのくらいの人気になるかは分かりませんが、この馬に川田騎手ですか。人気するなら嫌いたいなという感じです。

サクラアリュール   56.0 【C】

栗東CW併せ。G前軽く促す⑦

2頭併せの内。動きに伸びやかさが全くなく、何かチョコマカとした走り。脚元の力感も薄い。併せた相手の前に出ようとするも、軽く仕掛けた相手に抵抗できず、あっさりアタマ差遅れ。評価できない。

jamie

併せた相手は3歳未勝利のコパノオースティンです。

サンライズウルス   58.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり④

横山典騎手が騎乗。3頭併せの中。内に2馬身先行し、外を2馬身追走も、直線で3頭馬体が並ぶカタチ。内で思い切り威嚇して来る相手を意に介すことなく、集中して駆けた点は良いものの、肩の出が悪く、動きがこじんまりとしており、迫力のない走り。評価は割引いた。

jamie

併せた外の相手は古馬2勝クラスのホウオウジョルノです。2馬身追走から併入も評価しづらい動きです。

サンライズノヴァ   58.0 【C】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

ラチ沿いを一頭分空けたところを登坂。この馬らしい重心の低いフットワークは健在も、往年と比べると動きに迫力はない。右手前でひっぱり、ラスト1Fで左手前に替わるも、追って追って、馬なりの相手にクビ差先着という内容。この馬自身はラスト1Fで0.6秒の失速。評価できない。

jamie

併せた相手は古馬1勝クラスのインプロバイザーです。

トップウイナー    56.0 【B+】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

残り200mからの映像。この時点でラチ側走る相手とは1馬身差あったが、鞍上の軽い仕掛けにしっかりと呼応し、スッとアタマ差先着。少し顔を右にそらしはしたものの、前肢を大きく前に投げ出し、軽やかに走れている。

jamie

人気を考えるとかなり面白いと思う一頭です。城戸騎手もかなり良い印象を持ったのではないでしょうか。自信を持って前で競馬して欲しいと思います。

ヒストリーメイカー  56.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑥

3頭併せの内。この馬らしい大きなフットワーク。手前替えもスムーズ。序盤の雰囲気は悪くなかったものの、併せた中外の相手が動けており、3馬身突き放される見栄えの悪い内容。評価は割引いた。

jamie

併せた中の相手は古馬1勝クラスのトリップトゥムーンです。土曜日の小倉12R(芝1200m)に出走予定。人気しそうですが、この馬にも注目したいと思います。

メイショウウズマサ  56.0 【A】

栗東CW併せ。馬なり⑨

2頭併せの外。直線だけの映像だったが、脚の回転のスムーズさが際立つ動き。相手が馬体を並べてきた所で、更に脚の回転を上げ半馬身先着した。毛艶も良く、とても気分良さそうに走れている。

jamie

併せた相手は新馬のベースセッティングです。

ユニコーンライオン  56.0 【B】

栗東坂路併せ。G前強め。

ラチ沿いを走る相手に対して、馬場の真ん中に入って来る。よほど手応えがあったのだろう。仕掛けを待つ余裕あり。ラスト1F地点でまだ1馬身差はあったが、仕掛けてから手前を替えて、一気に差を半馬身先着。クビに硬さは残るも、馬体をふっくら見せ脚元パワフルに走れている。

ラーゴム       56.0 【B】

栗東CW併せ。馬なり⑧

2頭併せの外。先行した状態から内の相手に前に出られるも、そこから内で懸命に追う相手に、馬なりのままラクラクと3/4馬身先着。肩の出に硬さは残るも、併せた相手を考えると上々の内容。通ったコースを考えると時計も出ている。評価は据え置いた。

今週開催のその他重賞レース

七夕賞(G3)

あわせて読みたい
《2022》七夕賞【最終追い切り】調教評価 2022年7月10日(日)に福島競馬場で行われる『七夕賞(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り...

今週の新馬戦

2022年7月10日(日)【5鞍】

あわせて読みたい
《2022》7/10(日)新馬戦【追い切り・調教評価】 本記事は、2022年7月10日に行われる新馬戦の追い切り評価となります。 追い切り動画ない馬については評価していません。 【12:15 函館5R 芝1800m】 出走馬6頭中、4頭...
プロキオンS 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる