《2022》エプソムカップ【最終追い切り】調教評価

エプソムC 追い切り 調教 評価
  • URLをコピーしました!

2022年6月12日(日)に東京競馬場で行われる『エプソムC(G3)芝1800m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走登録は12頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

ガロアクリーク    56.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑦

この馬は左回りは苦手だろうか。右手前に替わるのが上手くない。右手前に替わって暫くは何か走りづらそうで、アクセルを踏むのが遅れてしまっている。加速してからは力強いフットワークで伸びてはいたが…。評価は据え置いた。

jamie

1週前追い切りでは装着していたシャドウロールがゆるゆるだったのが気になりましたが、最終追い切りではしっかり装着。改善されていた点は好感が持てました。

コルテジア      56.0 【B-】

栗東CW単走。馬なり⑧

四肢の可動が狭く、ちょこまかとした走り。クビの振り幅も一定とならず、脚元の力感も薄い。評価できない。

jamie

履歴を見ると1週前が本追い切りのようですが、さして魅力を感じません。

ザダル        58.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑧

コーナーを逆手前で回ったため、直線でも逆手前となった点は大きく割引。1週前にレーン騎手が騎乗し、早い時計を出しており、最終追いは軽めの予定だったかもたが、相手が動けていたこともあり、ここでも早い時計が出た。重心の低い伸びやかなフットワークで、動きの質はここに入ると上位。これ以下の評価には落としづらい。

jamie

併せた相手は古馬1勝クラスのラフシーです。重心低くトビの大きいこの馬にとって、渋った馬場はマイナスだと思います。

ジャスティンカフェ  56.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑤

安田翔吾厩舎なので、水曜日の最終追い切りは軽め。前を走る2頭の後ろで折り合いに専念する内容。意図のある追い切りではあったが、決して上手くは折り合えておらず、アタマがあがり前駆の伸びやかさ欠く走り。最終追い切り単体で見ると全く評価はできない。

jamie

能力はあるのでしょうが、気性に課題はありそうです。6/3(金)にCWで78.8秒の猛時計を叩き出し、馬体のハリ良く後肢の可動はスムーズです。折り合えれば怖いのかも知れません。パドックで注目の1頭です。

シャドウディーヴァ  56.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

相手を追走し馬場の真ん中に入ってくる。コーナーで逆手前。直線でも手前を替えず、そのまま右手前一本で登坂した。併せた相手には追いつき併入も、動きに際立つものはない。

ダーリントンホール  56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑤

3併せの中。直線向いて舌を出していた点は割引。鞍上も抑え気味で本気の走りではない。外の相手に3/4馬身抜け出されてからギアが入り、ゴール前でジワっと併入。馬体をふっくら見せ脚元パワフルも、中間に早い時計も出しておらず、調整過程には疑問の残る内容。評価は据え置いた。

jamie

外は古馬1勝クラスのランドアーティストです。

タイムトゥヘヴン   56.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑦

先週の安田記念にエントリーしていたが除外となり出走が叶わなかった馬。最終追い切りは状態を維持するためのサラリとした内容。リラックスして軽やかに走れている。安田記念に出てきても面白いかもと思った1頭で、ここに入ると動きは上位。プラスに評価したい。

jamie

参考までに安田記念の最終追い切り(エプソムCの1週前追い切り評価記事を掲載しておきます。

1週前追い切り

クビを使って低い姿勢での走り。少しアタマが低過ぎるが故に推進力を損ねる完歩も少なからずあったものの、直線でのギアチェンジ性能はなかなか。能力はさておき、好調な一頭だろう。マイナス評価にはしたくない。

トーセングラン    56.0 【B】

美浦坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを1頭分空けたところを登坂。ディープインパクト産駒ではあるが、重心低くずっしりと重厚感ある走り。そんな中にもこの産駒らしい弾力性感じる内容。時計は出していないものの、手前を綺麗に替え、真っ直ぐ集中して走れている。好調だろう。

jamie

プラス評価とするが迷った1頭です。【B】の中では最上位です。走りを見る限り力の要る馬場も合いそうです。

トーラスジェミニ   58.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑥

弾力性ある伸びやかなフットワーク。活気も十分で、好調さ伺える仕上がり。ワーッと気分良く駆けたが、最後に僅かに脚色が衰えた分だけを割引いた。とは言え、良いころのトーラスジェミニに戻って来ている。高く評価したい。

jamie

【A】評価とするが迷った1頭です。雨で多少時計がかかる馬場も良さそうです。

ノースブリッジ    56.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり⑥

伴騎手が騎乗(レースは岩滝康騎手)。3頭併せの内。1週前に早い時計を出しており、最終追い切りは軽めの調整。それでも外の動けている2頭に対して、馬なりのままラクラクと併入。ゴール後は僅かに前に出ていた。アタマ高めも脚色パワフル。余力十分な仕上げに好感の持てる内容。高く評価したい。

jamie

少し気になったのは、この馬は右手前の走りをあまり好まないというところ。相手に並びかけようと馬自らギアを入れた際、左手前に戻して走っていました。それでも状態の良さを評価して【A】評価とします。

ハッピーアワー    56.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中に入ってくるも、トモが流れジワジワと左に斜行。クビを前に出して走れておらず推進力のない入り。舌もベロベロと出し集中力を欠く内容。評価できない。

ヤマニンサンパ    56.0 【C】

栗東坂路併せ。G前強め。

団野騎手が騎乗(レースは川田騎手)。手前を替えようとして替えれなかった点は割引。ただ右手前に勝る走りは府中の舞台を考えると悪くない。ラスト1F手前から仕掛けて相手を追い抜こうとするも、馬が走るのを止め失速。気紛れな馬だ。前脚の着地ポイントが近く後肢を外から回す走法も、渋った馬場では割引。

jamie

8戦中7戦が1800m。徹底してこの距離を使われています。前走は1勝クラスから3勝クラスに格上挑戦し、これを優秀な勝ち時計で突破。勢いあるこの馬に川田騎手です。過剰に人気することが想定されます。

今週開催のその他重賞レース

函館スプリントステークス(G3)

あわせて読みたい
《2022》函館スプリントステークス【最終追い切り】調教評価 2022年6月12日(日)に函館競馬場で行われる『函館SS(G3)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評...

今週の新馬戦

2022年6月11日(土)

あわせて読みたい
《2022》6/11(土)新馬戦【追い切り・調教評価】 本記事は、2022年6月11日に行われる新馬戦の追い切り評価となります。 追い切り動画がない馬については評価してません。 【12:15 函館5R 芝1600m】 出走馬9頭中、7頭...

2022年6月12日(日)

あわせて読みたい
《2022》6/12(日)新馬戦【追い切り・調教評価】 本記事は、2022年6月12日に行われる新馬戦の追い切り評価となります。 追い切り動画がない馬については評価してません。 この日の新馬戦は3鞍ありますが、まずは東京5R...
エプソムC 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる