《2022》フィリーズレビュー【最終追い切り】調教評価

フィリーズレビュー 追い切り 調教 評価
  • URLをコピーしました!

2022年3月13日(日)に阪神競馬場で行われる『フィリーズレビュー(G2)芝1400m』の最終追い切り評価となります。

出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • ゼロドラゴン

ゼロドラゴンについては最終追い切り動画が公開されていなかったため評価は付けていません。ただ、1週前(3/3)に中山牝馬Sに出走予定のジュランビルと併せ馬をしており、ジュランビルの1週前追い切り映像で、本馬の動きを確認することができます。気になる方はご確認ください。

目次

アドヴァイス     54.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

和田騎手が騎乗。両前肢をほぼ同時に前に投げ出す走り。どちらの手前で走っているのか分かりづらい。クビを大きく動かし活気十分。クビの振りが上に大きく推進力が上に向きかねないところを脚力の強さでカバーしている。ラチ沿いを登坂も最後は植え込み側まで流れた。後肢の蹴りの方向が少し悪いのかも知れなし、体幹も少し弱いのかも知れない。時計は平凡も綺麗な加速ラップを踏めており悪くない。状態は良さそう。プラスに評価してみたい。

アネゴハダ      54.0 【B】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

坂井学騎手が騎乗。ピッチ走法でキビキビとラチ沿いを登坂。最後は顎があがっており苦しかったとは思うが、仕掛けた相手に並ばれそうになると、鞍上に鼓舞されグッと3/4馬身先着した。勝負根性の垣間見れる内容。評価は据え置いた。

ウィリン       54.0 【A】

美浦坂路併せ。馬なり。

ラチ沿いの相手を1馬身半追走し直線へ。少し線が細く映るも、低い姿勢を保ちキビキビとしたフットワーク。活気は十分。相手を追い抜くときの脚の回転の鋭さが目をひく内容。特に前肢による掻き込みが力強い。追う相手に対して、馬なりで2馬身突き放す圧巻の内容。早い時計でゴールに向かって加速度合いを増すラップが踏めている。高く評価したい。

キミワクイーン    54.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑦

内田博騎手が騎乗。2頭併せの内。前を1馬身追走。直線での手前替えがぎこちなく、走りが乱れた点は割引き。もたついている間に相手にアタマ差前に出られると、そこから伸びて最後に併入という内容。後肢の蹴りは悪くないものの、左手前時の動きが一息。評価は割引いた。

jamie

併せた相手は、同週の府中牝馬Sに出走予定のクールキャットです。

コンクパール     54.0 【B-】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

泉谷騎手が騎乗。何が嫌だったのか。鞍上とのコンタクトが全く取れていない状況。アタマを高く上げ、アタマを振りながら坂路に入ってくる。手前もコロコロ替えながらの走り。ラスト1Fからはまともに走ったがそこまでの消耗が激しく、さほど目立たない内容。ただ脚元は力強く、まともに走ったらどうなるだろうと気になるパワフルさはあった分、【C】評価にはしなかった。

サウンドクレア    54.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

団野騎手が騎乗。植え込み側を登坂。アタマが高く推進力を上に逃がす走り。最後まで改善されることなく、手前を替えることなく右手前一本で登坂。最後は力なく0.3秒の失速。脚元も非力。評価できない。

サブライムアンセム  54.0 【C】

栗東CW単走。馬なり⑥

池添騎手が騎乗。前肢の伸ばし方が半端。後肢の蹴りの強さに対して、前肢の伸びが足りず、コーナー手前からぎこちない走り。直線でも後肢の蹴りの強さに前駆が付いてこずフワっとバランスの悪い走り。左手前の走りも苦手に見える。評価できない。

スリーパーダ     54.0 【B】

栗東CW併せ。馬なり⑧

坂井瑠騎手が騎乗。2頭併せの内。前を2馬身追走しコーナー深く回ってくる。序盤は力みながらの走り。気正面で難しいところはありそうだ。直線は手前をコロコロ替えながらも、スピードを殺すことなく走れておりセンスの良さを感じる内容。併せた相手を難なく追い抜き1馬身半先着した。四肢の可動域は及第点も、クビの角度よく走れている。

jamie

【B】の中では最上位です。

テイエムスパーダ   54.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

国分恭騎手が騎乗。馬場の真ん中に入ってくるも、前の馬を避けてラチ側へ。重厚感のある安定したフットワーク。最後は少し苦しそうになりアタマを右前脚の上に置き、少し斜に構えたフォームとなった点は割引き。とは言え、馬なりのまま綺麗な加速ラップを踏んで力強く登坂できている。フォームの安定性とこの脚力を高く評価したい。

ナムラクレア     54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

スーッとラチ沿いに入ってくる。走りの質が一頭だけ違う。ラチ沿いをクビを小刻みに動かしキビキビと活気十分に登坂。体幹もしっかりしており、軸のブレがまったくない真一文字の走り。右手前一本の走りではあったが、余力は十分で時計も出ている。踏んだラップも美しい。人気は必至だろうが、この評価以外は付けられない。

jamie

1週前もCWで格上馬相手にクビ差先着していました。ここでも前脚の掻き込みの力強さが目立っていました。

ブッシュガーデン   54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

3頭併せの外。内を2馬身、中を1馬身追走。直線で手前が替えられなかった点は割引き。併せた相手とは併入も、相手もバラバラな走りで動けていない。最後は流すカタチで相手と併入した。輸送を考慮して最終追い切りは軽めだったのかもだが目立たない内容。ただ1週前は動けており評価は据え置いた。

jamie

この馬とナムラクレアだけが1週前追い切り映像がありました。1週前は追う格上馬相手に馬なりで併入。手前をきっちり決め力強く走れていました。

マイシンフォニー   54.0 【B】

栗東CW単走。馬なり⑦

角田和騎手が騎乗。馬場の7分どころに入ってくるもゴール手前ではラチ沿いまで来ており、少し左にささりながらの走りだっただろうか。これは割引き。ゴールを過ぎた後に仕掛けて気を抜かせることなく駆けさせていた。時折りフワッとする完歩が見られたが、クビの角度はよく、この産駒らしい柔らかな走りができている。評価は据え置いた。

モチベーション    54.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

完全うアマなりの軽めの内容。鞍上が脚元を覗き込むも手前替えができていない。肩ステッキを1発入れると、手前を替えて脚を伸ばした。軽めの内容だったとは言え、適度な気合乗りを示し、カチッとした安定したフォームで走れている。評価は据え置いた。

ラブリネスオーバー  54.0 【B】

美浦南W単走。馬なり。

2頭併せの外。内に2馬身先行した状態でコーナーを回ってくる。鞍上が左手綱を使って手前を替えさせようとするも、なかなか手前が替えられなかった点は割引き。その間に相手に前に出られるも、左手前に替わってからは喰らい付くも届かずの1馬身遅れ。ただ、これは相手も動けていた。見栄えは良くないものの、この馬自身の走りはさほど悪くない。評価は据え置いた。

jamie

併せた相手は古馬OP馬のトウシンマカオです。相手も動けており、それを考えると評価できる内容です。

今週開催のその他重賞レース

中山牝馬(G3)

あわせて読みたい
《2022》中山牝馬ステークス【最終追い切り】調教評価 2022年3月12日(土)に中山競馬場で行われる『中山牝馬S(G3)芝1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...

金鯱賞(G2)

あわせて読みたい
《2022》金鯱賞【最終追い切り】調教評価 2022年3月13日(日)に中京競馬場で行われる『金鯱賞(G2)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は13頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評...
フィリーズレビュー 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる