《2022》中山牝馬ステークス【最終追い切り】調教評価

中山牝馬S 追い切り 調教 評価
  • URLをコピーしました!

2022年3月12日(土)に中山競馬場で行われる『中山牝馬S(G3)芝1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アブレイズ      56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

ラスト1Fからの映像。舌を出していた点は割引きも、まっすぐに力感十分のフットワーク。毛艶良く馬体をふっくら見せている点は好感が持てる。ラスト1Fで0.2秒失速はしているものの、馬なりでしっかりとした時計を出せている。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

ハンデ56㎏は見込まれ過ぎた印象ですが、この人気なら一考の価値はあると思います。

クールキャット    54.0 【B-】

美浦南W単走。馬なり⑦

2頭併せの外。内はフィリーズレビューに出走予定のキミワクイーン。これに1馬身先行した状態からコーナーワークで並び掛けられ、互いに馬なりのまま併入という内容。動きに覇気がなく評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

フットワークの大きい走りをする馬ですが、何かこじんまりとした走りです。

クリノプレミアム   53.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。前を2馬身追走。コーナー手前から抑えきれない手応え。直線向いても2馬身差はあったが、手綱を開放するとアッという間に追い抜き、追う外の相手を寄せ付けず1馬身先着。四肢の可動域十分に走れている。高く評価したい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

【B+】では最上位の評価です。

ゴルトベルク     53.0 【C】

美浦南W併せ。G前軽く促す⑨

2頭併せの外。内に1馬身先行した状態でコーナー深く回ってくる。コーナーでは抑えが効かずアタマの高い走り。舌もハミを越していた。直線向いてもこれらは改善されず、終始アタマが高い走り。四肢の可動域小さく、推進力のない走り。評価できない。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

併せた内の相手は古馬OP馬のワーケアです。

シャムロックヒル   53.0 【B-】

栗東CW単走。G前強め⑦

団野騎手が騎乗。馬場の7分どころをこの馬らしいピッチ走法で回ってくる。通ったコースを考えると時計はそこそこ出ているものの、最後は強めに追っており、動きに余力を感じない。踏んだラップも少しチグハグ。序盤少し行きたがっていたか…。

【1週前追い切り B-】

jamie

良い時はもっと伸びやかな動きをみせてくれる馬です。過去に高い評価をしたことのある馬ですが、今回は割引きです。

シングフォーユー   53.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑥

3頭併せの中。序盤の雰囲気は悪くなかったものの、直線向いて左手前に替わってからの走りが一息。推進力が前に向かない走りになっており、一度は前に出るも外の相手に追いつかれ併入。牝馬にしては馬格のある馬ではあるが…。評価できない。

【1週前追い切り C】

jamie

1週前は美浦南Wで弥生賞3着のボーンディウェイとの併せ馬。3頭併せで内がボーンディスウェイ。外が本馬です。相手が相手とは言え、馬なりのボーンディスウェイに対して追って半馬身遅れ、ピリッとしない内容です。

ジュランビル     53.0 【B+】

栗東CW併せ。馬なり⑩

2頭併せの外。1馬身半先行した状態でコーナー深く回ってくる。直線は相手と馬体が併さってから軽く仕掛けて脚を伸ばすという内容。右手前に戻しての走りではあったが、アタマをグッと下げスピード感十分の走り。四肢の可動域が広くなくピッチ走法の馬で、普段あまり見栄えしない馬なのだが、今回は良く見える。プラスに評価してみたい。

【1週前追い切り B】

jamie

1週前追い切り映像もありましたが、併せた相手はフィリーズレビューに出走予定のゼロドラゴンです。ゼロドラゴンは追い切り映像がありませんでしたが、ジュランビルの1週前追い切りで1週前の動きは確認することができます。

スマイルカナ     55.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑨

柴田大騎手が騎乗。久々に「キター」という感じの内容。こう書くとかなり大袈裟だが、だいぶと良い頃の雰囲気に戻ってきている。リラックスして綺麗なフォームで走れいるかがポイントの馬。そういう意味では、今回もまだ若干力みを残している。もう少し力を抜いて推進力ある走りができていれば良かったのだが…。ただ近走と比べると状態上向き。期待も込めてプラスに評価してみたい。

【1週前追い切り B】

jamie

近走成績から人気がなさそうで、積極的に買いたい1頭です。

スライリー      53.0 【A】

美浦南W単走。馬なり⑤

石川裕騎手が騎乗。いつも良く見せてくれる馬だが、今回もとても良い雰囲気で走れている。力みの少ないリラックスした走り。四肢の可動域十分に、適度な活気を保ち大きく伸びやかに走れている。

【1週前追い切り A】

jamie

1週前追い切りも【A】評価です。馬体をふっくら見せ、バランスの良い好フォーム。柔らかくパワフルな動きで、併せた外の相手にラクラクと1馬身先着していました。

テルツェット     56.5 【B-】

美浦南W単走。馬なり⑥

田辺騎手が騎乗。大きなストライドで腕節のスナップを効かせ走れているものの、今一つ推進力を感じない走り。時折りフワッとした完歩も見られた。評価は割引いた。

【1週前追い切り B-】

jamie

1週前追い切りはアタマを振りながらのコーナーリングで、ギアの入りが少し遅くマイナス評価です。人気とハンデを考えると積極的に買いたいとは思わない1頭です。

ドナアトラエンテ   55.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり②

2頭併せの内。外の相手を1馬身追走。コーナーワークで差を詰め直線に入るも、クビ差前を行く相手との差がなかなか詰まらない。最後は追い付くも、これは相手が緩めていたか。ゴール直前で手前を戻した点も割引き。相手が動けていたとは言え、高い評価は与えづらい内容。ただ、この馬自身のフォームは悪くない。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

併せた相手は、3/13(日)のアネモネ賞に出走予定のウィズグレイスです。この馬も良い動きです。注目したいと思います。

フェアリーポルカ   56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

ピッチ走法気味。良い時と比べるとまだ脚元の力感に欠けるところはあるものの、真っ直ぐに走れている点は好感が持てる。鞍上も真っ直ぐ走らせることを意図しており、手綱でそれを扶助するも少し余計なアクションが多いように思えた。それでも馬は集中力を切らすことなく加速ラップを踏めていたが…。1週前と比べると上向いた感はあるもののプラス評価には至らない。

【1週前追い切り B-】

jamie

1週前追い切りでも良いときの唸るような走りが見られませんでした。

ミスニューヨーク   55.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

輸送を考慮してか最終追い切りは軽め。真っ直ぐに走れてはいるのだが、やや斜に構えたフォームだった点は割引き。ただ、1週前(CW)は併走馬を瞬時に1馬身突き放す反応の良さを見せており、四肢を大きく広げて伸びやかな走りができている。状態は良いだろう。1週前追い切り内容も加味し、プラス評価とする。

【1週前追い切り A】

jamie

前々から素晴らしい動きをする馬で、何度も【A】評価をうってきた馬です。この馬が強いのは前々からですが、ターコイズSで強さがバレてしまいました。すっかり人気するようになってしまい妙味が薄れてしまったのが残念です…。

ルビーカサブランカ  55.0 【B】

栗東坂路併せ。馬なり。

先行して馬場の真ん中に入ってくる。外ラチ沿いを走ってきた相手にアタマ差交わされるも、パワフルな走りで余力十分の内容。1週前追い切りでは右手前に戻して走っており、左手前の走りが苦手に思えたが、最終追い切りでは左手前にカチッと替えてしっかり走れていた。雰囲気は悪くない。評価は据え置いた。

【1週前追い切り B】

jamie

併せた相手は3歳OP馬のプルパレイです。調教駆けする相手で、この遅れはさほど気になりません。

ローザノワール    54.0 【B】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

輸送を考慮してのものか最終追い切りは終い重点の内容。全体時計56.4秒でラスト1Fが12.1秒という極端なラップ。全体時計が遅いため当然といえば当然かもだが、終いの伸びは鋭かった。集中してまっすぐ走れてもいる。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

ロザムール      54.0 【C】

美浦南W単走。G前仕掛け⑧

首筋に激しい発汗が見られた点は大きく割り引き。アタマが高くステッキ入れて反応を促すも、さしたる反応を見せず、動きも緩慢。評価できない。

【1週前追い切り 映像なし】

今週開催のその他重賞レース

フィリーズレビュー(G2)

あわせて読みたい
《2022》フィリーズレビュー【最終追い切り】調教評価 2022年3月13日(日)に阪神競馬場で行われる『フィリーズレビュー(G2)芝1400m』の最終追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切...

金鯱賞(G2)

あわせて読みたい
《2022》金鯱賞【最終追い切り】調教評価 2022年3月13日(日)に中京競馬場で行われる『金鯱賞(G2)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は13頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評...
中山牝馬S 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる