《2022》東京新聞杯【最終追い切り】調教評価

東京新聞杯 追い切り 調教 評価
  • URLをコピーしました!

2022年2月6日(日)に東京競馬場で行われる『東京新聞杯(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

シュリは右後肢フレグモーネで出走取消となりました。

目次

アオイクレアトール  56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑤

2頭併せの内。コーナーを逆手前で回ってくる。クビに硬さは見られるも脚元はパワフル。走りに雑な点は多々見られるも、前を大きく追走し、ほぼ馬なりで、併せた相手を1馬身突き放した脚力を評価したい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

併せた相手は古馬2勝クラスのジェロボームです。

イルーシヴパンサー  56.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。何馬身前を追走していたのだろうか。およそ10馬身近くは前を追走。直線向いても相手はまだ2馬身前だったが、持ったままでラクラクと追い抜き、1馬身先着。1週前も素晴らしい動きを披露してくれたが、ここでも変わらず良い動き。クビの使い方が上手く、相手を捕らえに行く際にグッとギアが変えて走ることができている。

【1週前追い切り B+】

jamie

併せた相手は障害未勝利馬のディープサドラーズでした。

ヴェロックス     57.0 【B-】

栗東坂路単走。G前一杯。

ラチ沿いを1頭分空けて登坂。序盤のフットワークは力強く、一瞬「オッ」と思ったが、鞍上が手前替えを促すとそれに激しく抵抗し、大きくアタマを上げた走りになった点は割引き。それでも加速ラップは踏めている。平均的な全体時計ではあるが…。

【1週前追い切り C】

jamie

ただ、いつになく脚元に力感は感じました。パドックは注目です。

エイシンチラー    54.0 【B】

美浦坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中に入ってくる。この馬もコーナーで逆手前。ただ軸の安定した走り。直線半ばで入れた強烈な肩ステッキに対しても、しっかり反応し脚色を伸ばすことができている。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

カテドラル      58.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

序盤はクビを使わない走り。後半にかけてクビを使うようにはなったが、苦し紛れに使っているようにも見える。前後の脚を真っ直ぐ前に出して走れるのがこの馬のセールスポイントではあるが、今回は手前を替えずに登坂し、余力を感じない内容。決して悪くはないのだが、良い頃と比べると落ちる印象。この評価とした。

【1週前追い切り B-】

カラテ        57.0 【B】

美浦坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ側に入ってくる。アタマが高いのはいつものこと。この馬らしい大きなフットワークで、綺麗な加速ラップを踏んで登坂した。毛艶は黒光りしており良好。鞍上も持ったままでこの時計。今までのカラテの中ではもっとも調子が良さそうに映る。アタマが高い分だけを割り引いた。

【1週前追い切り B】

jamie

【B】評価の中では最上位の評価です。

カレンシュトラウス  56.0 【A】

栗東坂路単走。G前強め。

序盤は何がイヤだったのかアタマを上げる仕草。ただその後は前後の脚を真っ直ぐ前に出す好フォームで登坂。ラスト1Fからの仕掛けにも、しっかり反応しもう一段ギアを上げる走り。毛艶良く活気十分の走りで、好時計の好ラップ。高く評価したい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

プリンスリターンの回避により抽選なく出走可能となりました。運も持っていますね!

ケイデンスコール   59.0 【A】

栗東坂路単走。G前強め。

手前替えでスムーズさを欠くシーンはあったものの、毛艶はピカピカで、首を大きく縦に振り活気十分。前肢を高く上げパワフルに最後まで集中して走れている。高く評価したい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

59㎏のトップハンデです。実績を考えると仕方ありませんが、これはやはり気になります。とは言え、追い切りの内容としては素晴らしく十分【A】評価です。

ディアンドル     56.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

この馬はいつもアタマが高く、首を使わない走りで追い切り栄えしない。ただ今回はいつもよりかは、体幹しっかりに、しっかり地面を叩きつけて走れている。とは言え、ラスト2F時計は馬鹿にできない時計も、ラスト1Fで0.5秒の失速。このフォーム含めて評価できない。

【1週前追い切り 映像なし】

トーラスジェミニ   58.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。外はきさらぎ賞に出走予定のトーセンヴァンノ。これを1馬身追走からゴール前で併入という内容。直線で右手前に替わった直後、何かフワフワとした走りになった点は割引き。クビに硬さも残っており、動きの伸びやかさを欠く走り。良い時はもっとクビを前に突きだして走れている。評価は割引いた。

【1週前追い切り B】

ドナアトラエンテ   54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり②

2頭併せの内。国枝厩舎らしい馬なり調教。前を2馬身追走し直線に入ってくる。脚元の力感はやや薄いも均整のとれた好フォーム。併せた相手には僅かに手応え劣るカタチで併入も、フォームが美しく一定の評価は与えたい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

併せた相手は古馬3勝クラスのセリユーズです。

ファインルージュ   55.0 【C】

美浦南W併せ。馬なり⑤

3頭併せの中。内は同レースに登録しているダーリントンホール。これに対して4馬身先行から併入という内容。正直後ろから来たダーリントンホールの脚色の方が目立っていた。クビに硬さが見られる走りで、右手前への変換タイミングも遅い。しっかり地面を叩いてパワフルには走れているものの、評価できない。

【1週前追い切り B-】

jamie

ダーリントンホールの方が良く見えます。

ホウオウアマゾン   57.0 【B+】

栗東CW併せ。G前軽く一追い⑥

坂井瑠騎手が騎乗。2頭併せの内。相手のカゲに隠れて動きはほとんど見えなったが、前を3馬身近く追走し、しっかりと1馬身先着。後肢を深く前に着き、安定したフットワークで走れている。この馬の良さはフットワークの安定性と勝負根性。1週前同様の評価とした。

【1週前追い切り B+】

jamie

併せた相手は古馬3勝クラスのホウオウライジンです。道中少しチグハグなラップを踏んでいますが折り合いが取れていると前向きに捉えたいです。

マルターズディオサ  56.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑤

嶋田騎手が騎乗。2頭併せの内。相手が仕掛けるのを待ってから、馬なりで差を詰め、ゴール併入と好感のもてる追い切り内容。ただ、四肢の可動域が狭く脚元の力感は薄い。評価は割引いた。

【1週前追い切り B-】

jamie

併せた相手は3歳1勝クラスのリンクスルーファスです。

ワールドバローズ   56.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

前を1馬身追走しながら馬場の真ん中を駆け上がってくる。序盤はアタマが上りフワついた走りも見られたが、直線半ばからは、低い姿勢を保ちキビキビとしたフットワーク。併せた相手を3馬身突き放す好内容。とは言え、脚元の力感が薄く評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

出走が叶わなかった馬

シュリ        57.0 【B+】

右後肢フレグモーネで直前で出走取消となりました。

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。やや左に顔を向け斜に構えたフォームに見えるが、これは鞍上が抑えていたこともあるだろう。最後まで完全馬なりで綺麗な加速ラップを踏んで登坂した。追えばまだまだ伸びる脚色。高く評価したい。

【1週前追い切り 映像なし】

jamie

【B+】の中では最上位の評価だっただけに残念です。

プリンスリターン   57.0 【B-】

調教中に左前脚を打撲したため出走を回避しました。

栗東CW併せ。馬なり⑦

松山騎手が騎乗。2頭併せの外。終い重点の内容。前を大きく追走から併入という内容。道中は松山騎手は馬の状態を確かめるかのような走りで、もったまま、ゴール手前で相手を射程に捕らえると、馬自ら走る気を見せ、四肢を大きく広げてグイっ、グイっと断続的な伸び脚を見せた。終い重点の内容であったとは言え、動きはスローで、馬体もまだ少し太く映る。評価は割引いた。

【1週前追い切り B】

1週前の動きもチェックしておこう

あわせて読みたい
《2022》東京新聞杯【1週前追い切り】調教評価 最終追い切り評価記事も既に公開済みです。併せてご確認下さい。 2022年2月6日(日)に東京競馬場で行われる『東京新聞杯(G3)芝1600m(別定)』の1週前追い切り評価と...

今週開催のその他重賞レース

きさらぎ賞(G3)

あわせて読みたい
《2022》きさらぎ賞【最終追い切り】調教評価 2022年2月6日(日)に中京競馬場で行われる『きさらぎ賞(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走登録は11頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い...
東京新聞杯 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる