《2022》きさらぎ賞【最終追い切り】調教評価

きさらぎ賞 追い切り 調教
  • URLをコピーしました!

2022年2月6日(日)に中京競馬場で行われる『きさらぎ賞(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走登録は11頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り評価となります。

以下の馬については、追い切り動画がありませんでした。

  • メイショウゲキリン
目次

アスクワイルドモア  56.0 【B+】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑥

武豊騎手が騎乗。2頭併せの内。前を3馬身追走し1馬身半先着。前脚を高々と上げ、後肢でしっかりと地面を蹴り、弾むようなフットワーク。タイミングよくクビを前に突き出すことで、推進力を上に逃がさない走りができている。また、この馬は右手前の方が伸び伸びと走れており、右手前の方が得意かも知れない。中京舞台は良さそうだ。

エアアネモイ     56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽く気合を付ける。

序盤少し煩い仕草。アタマを右前脚の上に置く癖があるためか、終始右にささりそうになるのを何とか我慢しながらの走り。そのため走りの軸が安定せず、右に左にと走りがフラついていた点は割引き。それでもラスト2F時計24.2-11.8秒は優秀。脚元パワフルも走りの質が悪く評価しづらい。

シェルビーズアイ   56.0 【C】

栗東坂路併せ。G前強め。

松田大騎手が騎乗。相手の真後ろに付け、直線で横に出し相手を交わそうとする実践を想定した内容。ただ手前を替えようとするも、なかなか替えられず、走りがヨレた点は割引き。ラスト1Fでようやく手前が替わり、そこから鞍上がめい一杯仕掛けるも、ほぼ馬なりで走るラチ沿いの相手にアタマ差遅れ。最後は完全に顎があがりクビが前に出ない走りとなっていた。評価できない。

jamie

併せた相手は3歳未勝利馬のトランソニックです。

ショウナンマグマ   56.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

吉田豊騎手が騎乗。ラチ沿いを走る相手を追走し直線に入ってくる。序盤はアタマの位置が少し高かったが、ゴールに向かうにつれアタマを下げ脚色を伸ばした。脚元の力感はやや物足りないのの、体幹はしっかりしており、馬なりで綺麗な加速ラップを踏めている。一定の評価は下したい。評価は据え置いた。

jamie

併せた相手は古馬1勝クラスのショコラブリアンです。

ストロングウィル   56.0 【A】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑦

ゆったりとコーナーを回って来る。カチッとした好フォーム。雰囲気だけで良い馬であることが早々に伝わってくる。直線半ばで、鞍上が軽く合図を送ると、クビをグッと下げ加速。ギアチェンジ性能が秀逸。四肢の連動性も高く、クビでリズムを取り身体全身を使った走り。動きにムダがなく、ピタッと折り合える気性も素晴らしい。褒めるところしかない。いや良い馬だ。

セルケト       54.0 【B】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑦

岩田望騎手が騎乗。序盤は動きがスローだったが、後半はキレある走り。ただ前肢に対し後肢が長く、前傾姿勢の強すぎるフォーム。また後駆の伸びやかさに対し、クビを含めた前駆の伸びやかさが物足りず、走りが少しアンバランスになっている点は割引き。この評価とした。

jamie

【B】評価の中では最上位の評価です。

ダンテスヴュー    56.0 【B】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑤

川田騎手が騎乗。2頭併せの内。前を5~6馬身追走しコーナーをややショートカット気味に回り直線に入ってくる。ピッチ走法のため四肢の可動域は広くなく、完歩もそれほど大きくない。動きが少し重く感じるものの、川田騎手が仕掛けてからは、首をグッと前に突きだしパワフルな走りで、きっちりアタマ差先着。評価は据え置いた。

jamie

外の相手は3歳1勝クラスのミントです。評価は据え置きましたが、人気を考えると、個人的には割り引いて考えたい1頭です。

トーセンヴァンノ   56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑦

2頭併せの外。内に1馬身先行しコーナーを回ってくる。直線、互いに馬なりだったが相手に対して手応え劣勢。ただ相手は東京新聞杯に出走予定のトーラスジェミニ。相手が相手だっただけにこれは仕方ないか。前肢の伸びやかさが少し物足りないものの、この馬なりに大きくは動けてはいる。ただゴール近くで仕掛けてからの反応が物足りない。評価は割引いた。

jamie

併せた相手は、東京新聞杯に出走予定のトーラスジェミニです。

フォースクエア    56.0 【B-】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

馬場の内側やや植え込み側に入ってくる。相手はラチ沿い。直線に入ってから左に斜行しながら徐々に相手に馬体を併せに行く。馬体を大きく見せパワフルで迫力ある走りはできているのだが、手前を替えたいところで替えられなった点は割引き。替わったのは残り100mあたりから。併せた相手には辛うじてアタマ差先着した。

jamie

併せた相手は、古馬2勝クラスのアステロイドベルトです。

マテンロウレオ    56.0 【A】

栗東CW単走。馬なり⑨

とてもリラックスした走りでコーナー深く回ってくる。見るからに好気配。腕節・球節が柔らかで前脚のスナップが効いた走り。トモの可動域も広く、後肢を深々と前に突き、大きく後ろに蹴り出して走れている。後肢の繋ぎの返りもとても綺麗だ。四肢の連動性も素晴らしく、走りにムダなところがない。クビの角度よく体幹もしっかり。高く評価したい。

他のレースに回った馬

2/6(日)東京9R ゆりかもめ賞に回りました。

レヴァンジル     56.0 【C】

美浦南W併せ。G前強め③

2頭併せの内。前を2馬身追走し直線に入ってくる。直線半ばでジワジワと相手に遅れだすと、そこから強めに仕掛けるも、馬なりのままの相手に1馬身突き放されてしまう。相手が強かったとは言え、アタマが高く推進力を上に逃がす走りとなっており、評価できない。

jamie

併せた相手は古馬3勝クラスのヴィクターバローズです。1週前も併せ馬で遅れていましたが、まだ1週前の方が良い動きでした。

今週開催のその他重賞レース

東京新聞杯(G3)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2022》東京新聞杯【最終追い切り】調教評価 2022年2月6日(日)に東京競馬場で行われる『東京新聞杯(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2022》東京新聞杯【1週前追い切り】調教評価 最終追い切り評価記事も既に公開済みです。併せてご確認下さい。 2022年2月6日(日)に東京競馬場で行われる『東京新聞杯(G3)芝1600m(別定)』の1週前追い切り評価と...
きさらぎ賞 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる