《2021》ターコイズステークス【最終追い切り】調教評価

2021年12月18日(土)に中山競馬場で行われる『ターコイズS(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • サンクテュエール
  • ムーンチャイム
目次

アクアミラビリス   54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

重心を身体の真ん中に置く好フォーム。集中して適度な気合い乗りを保ち、前脚をしっかりと上げ、大きく伸びやかに弾力性ある走り。艶やかな汗とりを美しく靡かせ、とても爽やかな印象を受ける。高く評価したい。

アンドラステ     56.5 【B】

栗東CW単走。馬なり⑨

序盤は入れ込み気味。アタマを振りながら集中力欠く走り。ただ脚捌きは柔らか。直線半ばで手前を替え、暫くしてからようやく折り合い真面目に走る気に。そこからの数十完歩の走りは悪くなかった。脚元は力強く、決して調子は悪くなさそう。ただ良い時はもっとよく見せてくれる馬。評価は据え置いた。

jamie

この馬は折り合いが課題かも知れません。当日のパドックは要注意の1頭です。

イベリス       56.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中に入ってくる。4.5馬身前をキャンター気味に走る馬に追いつきそうになり、残り300mで手前を替え進路を植え込み側へ。終始馬なりでリラックスした走り。前を走る相手をラクラクと交わし半馬身先着した。馬体をふっくら見せ、重厚感あるフットワーク。綺麗な加速ラップも踏めている。プラスに評価したい。

jamie

成績にムラのある馬ですが、重賞2勝馬。流石にハンデは見込まれました。ただ追い切りの良さが成績とリンクする馬で、人気を落としそうな今回は面白い1頭だと思います。

ギルデッドミラー   54.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中に入って来るも、左前脚が真っ直ぐ前に出ず、徐々に徐々にラチ沿いに流れるカタチに。ラスト1Fで鞍上が重心を右に移し進路を補正するも、手前を替えることなく、動き小さく重苦しい走り。ラスト1Fで0.5秒の失速。評価できない。

クリノプレミアム   53.0 【B】

美浦南W単走。G前仕掛け⑦

前駆の発達に対して、トモのボリュームが物足りないものの、トモの可動域は大きくバネ感ある走り。直線での手前替えでスムーズさを欠くなど走りの完成度は低いも、活気は十分で元気いっぱい。鞍上が入れた右肩への拳にもしっかりと反応できている。評価は据え置いた。

jamie

人気はなさそうでハンデも魅力。押さえておきたくなります。

ジュランビル     53.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑤

2頭併せの内。ピッチ走法の馬。四肢の広がりは狭い。不気味なのはこの時計。直線は馬場の5分所に入ってくるも、コーナーはそれほど内を回しておらず、純粋に好時計。アタマの抑えが効いており空気抵抗の少ない走り。顎をもう少し前に突き出して走ることができれば、より良くなりそうなのたが…。ただ、いつも追い切り栄えしない馬。今回も良く見えない。評価は割り引いた。

jamie

併せた外の相手は2歳未勝利馬のダノンフューチャーでした。どういう競馬をするかですが、前に付けるようなら面白いかも知れません。

スマートリアン    54.0 【B-】

栗東坂路断層。馬なり。

ラチ沿いを1頭分空けて登坂。アタマが高く上体は高め。一方で脚元は力強く推進力ある走り。割り引いたのは左手前に替わってからの走り。顔を大きく右に背けながら走っていた。評価は割り引いた。

スマイルカナ     56.0 【B-】

美浦南W単走。G前仕掛け。

ラチ沿いを走り全体時計51.0秒は優秀も、ラスト1Fは12.7秒。直線は舌を出して走っており、途中で走るのを止めたようにも見えた。ラスト1Fだけで0.9秒の失速。序盤はこの馬らしい柔らかさを垣間見ることはできたが…。評価は割り引いた。

jamie

真面目に走るのが特徴の馬でしたが、いつの間にかサボることを覚えた印象を受けました。コース追いでとてもよく見せてくれる馬ですが、今回は2週続けての坂路調整です。

ドナアトラエンテ   55.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり③

2頭併せの内。残り100mを切ってからの映像。ほとんど動きは確認できなかった。内容はサラリとしたもの。馬の気分に任せて走らせ、外の相手と併入した。時計は出ているが、通ったコースを考えると過剰な評価は禁物。フォームは悪くないものの、動きに際立つものもない。評価は割り引いた。

ドナウデルタ     56.0 【B】

栗東坂路単走。G前強め。

鞍上が抑えたためか、はたまた単純に馬が入れ込んでいただけなのか、この判断は難しかったが、終始アタマを上げての走り。最後までアタマの高さは改善されなかった。本来ならマイナス評価だが、この評価としたのは脚元の力強さ。チップを高々と蹴り上げパワフルな走りはできている。

jamie

脚元の力強さだけ見ると調子は良さそうに思えます。パドックで注視したい1頭です。

フェアリーポルカ   56.0 【B】

栗東坂路単走。G前軽く促す。

馬場の真ん中を登坂。最終追い切りは軽めの内容。軽めであったとは言え、体幹しっかりに真っ直ぐ登坂。力みの少ない集中した走りだった点は高く評価できる。ただ軽めとは言え、手前を替えることなく右手前1本の走りだった点は割引。また少し元気がなくも映る。一つ評価を下げた。

jamie

とは言え、【B】評価の中では上位の一頭です。

マルターズディオサ  56.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑥

少し上体は高めも軽やかな走り。四肢の広がりも十分で大きく動けている。【B】評価ど真ん中という走り。

ミスニューヨーク   53.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。軽めの内容ではあったものの動きに躍動感あり。残り300mあたりでしっかりと手前を替え、身体全体を使って走れている。プラスに評価したのは最後の数完歩。まだ伸びようとしていた。

jamie

過去に何度も【A】評価を付けてる馬で、本来はもう少し動ける馬です。個人的には重賞を勝てる器という見立て。今回は良いハンデを貰いました。M.デムーロ騎手の継続機序も魅力です。

レッドフラヴィア   53.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

クビを大きく縦に振り活気は十分。ただ手前替えにスムーズさを欠き、追ってからの前脚の出も少し物足りない。評価は割り引いた。

今週開催のその他重賞レース

朝日杯FS(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2021》朝日杯フューチュリティステークス【最終追い切り】調教評価 2021年12月19日(日)に阪神競馬場で行われる『朝日杯FS(G1)芝1600m』の最終追い切り評価となります。 出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価と...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2021》朝日杯フューチュリティステークス【1週前追い切り】調教評価 2021年12月19日(日)に阪神競馬場で行われる『朝日杯FS(G1)芝1600m』の1週前追い切り評価となります。 出走登録は19頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる