《2021》阪神ジュベナイルフィリーズ【1週前追い切り】調教評価

2021年12月12日(日)に阪神競馬場で行われる『阪神JF(G1)芝1600m』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は23頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の9頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • サウンドビバーチェ
  • サク
  • シークルーズ
  • タナザウィング
  • トーホウラビアン
  • ナミュール
  • パーソナルハイ
  • ルージュラテール
目次

アネゴハダ      54.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。ラスト1Fを切ってから強めに仕掛けるも手前が替わらず最後まで右手前1本で登坂した点は割引き。追ってから少しバランスを崩すなど、まだ体幹もしっかりしていない。評価は割引いた。

ウォーターナビレラ  54.0 【B-】

栗東CW併せ。馬なり⑥

武豊騎手が騎乗。2頭併せの内。終い重点で折り合い重視の内容。ゆったりと前を追走し、直線はいつでも抜け出せる構え。自然なカタチで馬にギアが入るとアッと言う間に1馬身半突き放した。ただ本気で走っていなかったとは言え、序盤の走りはアタマが高く推進力を上に逃がす走り。ギアが入ってからもまだ重心は高くクビの出が悪かった。一方で脚元は力強く特に後肢の蹴りの強さは目をひいた。評価は難しいが一旦割り引いた。能力は高そうで最終追い切りで再度注目してみたい。

エンタングルメント  54.0 【B】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑧

横山典騎手が騎乗。2頭併せの内。前を3馬身追走。直線向いてもまだ相手は2馬身前。直線半ば、馬が手前を替えたタイミングを契機に、鞍上が軽く促すように仕掛けると、グンと伸びて1馬身先着。抜け出す時の脚は鋭かったが、エンジンのかかりは少し遅いように思えた。また前脚をピンと伸ばし地面を掃うような走りで、走りに力強さは感じない。クビを大きく動かし活気はあるもののアタマの位置が安定しない点も割引き。伸び代感じる馬も、荒い面も多々見られる。評価は据え置いた。

キミワクイーン    54.0 【B】

美浦南W併せ。G前強仕掛け⑦

2頭併せの内。前を3馬身追走から直線鋭く抜け出し1馬身半先着。毛艶良く、胸前と後肢の筋肉が発達しておりボリューム感十分。そして脚元はパワフル。ただ重心高めの走りであった点が勿体ないところ。また前脚の出は悪く、追ってからの反応と伸びも少し物足りない。状態は悪くなさそうだが、もう一段上のギアがありそう。評価は据え置いた。

サークルオブライフ  54.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑤

3頭併せの中。3頭雁行状態から馬体を並べて直線に入ってくる。直線半ばで仕掛けて抜け出そうとするも、左手前に替わった際、右にささったため鞍上が左手綱をひき進路を補正した点は割引き。これもあり、馬なりのままの外の相手に追いつかれ併入した。重心低くバランスの良い好フォームではあるが…。評価は据え置いた。

jamie

外は古馬1勝クラスのクライミングリリーでした。少し見栄えが悪かったのは、この馬が動けていたこともあると思います。この馬にも注目です。

スタティスティクス  54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。全体時計55.0秒。ラスト2F時計25.8-12.4秒と軽めの内容。ただ重心を身体の真ん中に置く安定したフォームで集中した走り。ゴールに向かって馬自ら脚色を強めていた。マイナス評価にはしたくない。最終追い切りでどのような走りをみせてくれるか注目したい。

ステルナティーア   54.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑤

3頭併せの外。軽めの内容。内に3馬身、中に1馬身半先行した状態でコーナーを回ってくる。馬体をふっくらと見せパワフルな走り。それでいて動きに余裕があり軽やか。追う中の相手をラクラクと1馬身突き放し、内の相手とは併入した。クビの使い方に硬さは見られるも、集中して気分良さそうに走れている。プラスに評価したい。

スプリットザシー   54.0 【B-】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。重心は少し高めも、序盤の走りは手前替えスムーズでキビキビとした走り。真っ直ぐに走れいている点も好感もキレのある動き。残念だったのは終い脚色が鈍った点。線も細く映り、脚元もまだ非力。評価は割引いた。

ダークペイジ     54.0 【A】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑧

2頭併せの内。前を2馬身追走。低い姿勢で安定感あるフットワーク。直線向いて綺麗に手前を替えると、その後の仕掛けに素早く反応し、アッと言う間に2馬身突き放す好内容。四肢の可動域は十分で、クビと脚との連動性も高い。時計は平凡も、フォームの良さが目を引く馬。高く評価したい。

ナムラクレア     54.0 【B+】

栗東坂路併せ。G前仕掛け。

ラチ沿いを走る相手の後ろに付け、ゆったりと追走してくる。ラスト1Fを切ったあたりから鞍上が仕掛けると急速にギアチェンジ。このギアチェンジ性能はかなりのものだ。ラスト2F時計は25.2-11.7秒。ラスト1Fだけで1.8秒も加速していることになる。ギアチェンジした際、馬は手前を替えようとしたにも関わらず、手前が替えられなかった点だけを割り引いた。

ナムラリコリス    54.0 【B】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑥

2頭併せの外。前を1馬身追走から相手の外を回し、直線仕掛けて3馬身突き放す好内容。弾むようなフットワークで飛びの大きい馬。クビを大きく前に突き出し四肢の可動域も十分。全体時計80秒台の好時計。気分良さそうに走れている。終い少し疲れてしまい動きが緩慢になった分を割り引いた。

jamie

プラスとするか迷った1頭です。最終追い切りにも注目したいと思います。

ヒノクニ       54.0 【C】

美浦南P併せ。G前強め⑧

3頭併せの外。内に5馬身、中に3馬身先行しコーナーを回ってくる。直線で馬体が並び相手の仕掛けに呼応するカタチで仕掛けるも、さしたる反応を見せず、辛うじて併入。ゴール後には少し遅れをとっていた。首筋に発汗が見られ、前脚の出が悪く伸びやかさのない動き。気になるのは、鞍上が終始左前脚を気にしていた点。何か異常でも感知したのだろうか。この評価とした。

ベルクレスタ     54.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中に入ってくるも、前に馬がいたため進路を植え込み側に取る。アタマを回すように振っており、クビの振り方も悪く推進力を上に逃がす走り。フォームが悪く本来ならマイナス評価。ただこのフォームでありながら、馬なりで全体時計51.1秒。ラスト2F24.2-12.0秒。この日の馬場を考えるとかなり優秀な時計。脚力がよほど強いのだろう。不気味な能力を感じる1頭。最終追い切りで再チェックしたい。評価は据え置いた。

ラブリイユアアイズ  54.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。前を1馬身半追走から直線並び掛け、ゴール前でスッと半馬身先着という内容。好フォームで余力十分の走り。四肢も大きく広げて走れている。何やらとても好気配。プラスに評価したい。

最終追い切りの動きは必ずチェックしよう

あわせて読みたい
《2021》阪神ジュベナイルフィリーズ【最終追い切り】調教評価 2021年12月12日(日)に阪神競馬場で行われる『阪神JF(G1)芝1600m』の最終追い切り評価となります。 出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価とな...

同週開催のその他重賞レース

中日新聞杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》中日新聞杯【最終追い切り】調教評価 2021年12月11日(土)に中京競馬場で行われる『中日新聞杯(G3)芝2000m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた15頭の追...

カペラS(G3)

あわせて読みたい
《2021》カペラステークス【最終追い切り】調教評価 2021年12月12日(日)に中山競馬場で行われる『カペラS(G3)ダ1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる