《2021》チャンピオンズカップ【1週前追い切り】調教評価

2021年12月5日(日)に中京競馬場で行われる『チャンピオンズC(G1)ダ1800m(定量)』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は19頭。追い切り動画で確認できた16頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • ウェスタールンド
  • カジノフォンテン
  • タガノビューティー
目次

アナザートゥルース 57.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑧

2頭併せの外。併せたていたのは2歳未勝利馬。これに1馬身先行した状態で直線に入ってくる。直線で並び掛けられるもステッキも入れ強めに仕掛けて1馬身先着という内容。仕掛けてからの反応は少し物足りないものの、右手前に替わってからが伸びやかな走り。動きの質は高くマイナス評価にはしたくない。

jamie

前走みやこSは10人気ながら3着の激走。前走も高評価していましたが、似た動きを見せています。ただ前走時の最終追い切りの動きの方が上です。

インティ      57.0 【B-】

栗東CW単走。G前仕掛け⑥

アタマを前に突き出す、この馬らしい低い姿勢で馬場の真ん中やや外目を気分よく駆けさせた。ラチ沿いを走る全く関係ない他厩舎の馬にあっさり交わされ今一つ見栄えは良くなかったが、この馬としては動けているのだろう。ただ胴の詰まった体型ということもあり、動きの伸びやかさが物足りない。脚の回転は鋭くパワフルさもあるのだが…。評価は割引いた。

エアスピネル    57.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。全体時計55.9-13.3秒とかなり軽めの内容。顔が真っ直ぐ向かず、クビを上に振っており推進力ない走り。本追い切りは最終追い切りとなるだろう。現時点では評価しづらい。

オーヴェルニュ   57.0 【B+】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑤

福永騎手が騎乗しての追い切り。四肢の可動域は決して広くないものの、余力十分の内容で最後までスピード感のある走り。綺麗な加速ラップを踏み、爽やかに駆け抜けることができている。ダート馬としては珍しく地面を掃うような走りでパワフルというより軽やかな走りをする馬だ。今回は動けている。高く評価しておきたい。

jamie

コースと坂路の併用調教が多い馬の印象で、コースで併せ馬を行うことの少ない馬という印象でもあります。どのような最終追い切りをしてくるか?その辺りも注目したいと思います。

カフェファラオ   57.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。外の相手は古馬OP馬カウディーリョ。これを3馬身追走し直線で並び掛ける。前脚を高々を上げ活気十分。強めに追う相手を相手にすることなく1馬身先着。十分な内容ではあるものの、走りに少し力みが感じられた点を割引き評価を一つ下げたが、終いの脚の爆発力は非凡。最終追い切りで改めて注目してみたい。

jamie

プラス評価とするか迷った馬の1頭でした。【B】評価の中では最上位評価です。

クリンチャー    57.0 【B-】

栗東CW単走。G前一杯⑦

直線でなかなか手前が決まらなかった点は割引き。右手前に替わってからは伸びやかな動き。ゴールを過ぎても強めに追われ十分な負荷をかけられていた。時計は84.9-12.6秒と遅いも、部分的ではあったが動けてはいる。評価は据え置いた。

jamie

1週前追い切りの評価は割引きました。ただ、いつになく活気があり、四肢を大きく広げて走っているのが印象的でした。最終追い切りでは最注目したい1頭です。

ケイティブレイブ  57.0 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

美浦坂路の緩いコーナーを逆手前で入ってきた点は割引き。そのまま右手前で走り切り、併せた相手に2馬身半先着と一見見栄えは良いが、これは相手が明らかに動けていない。この馬自身の走りも少し重心は高め。時計も遅く高い評価は与えづらい。

ケンシンコウ    57.0 【B-】

美浦坂路単走。馬なり。

丸山騎手が騎乗しての追い切り。時計は出ていないが低い姿勢を保ちパワフルに駆けることができている。ただ、左手前1本の走りで手前を替えなかった点は割引き。また顔を真っ直ぐ向けて走れていなかった点も割り引きだ。ただリズミカルに身体を上下運動させ、脚元のパワフルさは目をひいた。最終追い切りで改めて注目してみたい。

サンライズノヴァ  57.0 【B】

栗東坂路併せ。G前強め。

2歳1勝クラスのインプロバイザーとの併せ馬。こちらは助手騎乗で、相手は騎手騎乗。これに追い付かれ気味にハナ差遅れ。とは言え、全体時計51.4-12.4秒は優秀な時計。ただラスト1Fで0.1秒と僅かに減速。良い時はこの時計で加速ラップが踏める馬だ。体幹しっかりに真っ直ぐ走れているためマイナス評価とはしないが、強めに追ってのものであり、良い頃と比べると正直物足りない。最終追い切りでの巻き返しに期待したい。

jamie

併せた相手を褒めてあげたい内容です。インプロバイザーは、12/5(日)阪神9Rのさざんか賞(芝1200m)に登録があります。

サンライズホープ  57.0 【B】

栗東CW併せ。G前一杯⑦

2頭併せの内。古馬1勝クラスと併せて2馬身先着。この馬らしい大きなフットワークで走ることはできるのだが、首が前に出ておらず思ったように前に推進しない走り。最後も手前を戻しての走りとなっていた点は割引き。最後も余力なく、内容としてはマイナスでもおかしくないのだが、大きなフットワークに資質というか魅力を感じる馬。最終追い切りへの期待も込め、評価は据え置いた。

スワーヴアラミス  57.0 【B】

栗東CW併せ。G前強め⑥

松田大作騎手が騎乗。3頭併せの内。併せた中の相手は古馬3勝クラスのルビーカサブランカ。この相手と直線で激しい追い比べ。併せた相手はほぼ馬なりで、手応えは相手の方にあったが松田騎手が見せムチで馬を鼓舞。これに馬が応え、勝負根性を見せ併せた相手に半馬身先着した。好時計でもあり一定の評価はできるものの、まだ動きに幾分硬さが見られる。評価は据え置いた。

ソダシ       54.0 【A】

栗東坂路併せ。G前軽仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ側に入ってくる。相手は古馬3勝クラスのサトノアイ。これを1馬身追走から、残り300m辺りで左手前に替わると、馬なりのまま残り200mあたりで相手を捕らえる。そこから軽仕掛けて強めに仕掛けた相手に半馬身先着。少し重心高めも、前進気勢に溢れ勝負根性を見せつける内容。高く評価したい。

jamie

2週前追い切りでは、ダートコースで併せ馬を行い、強めに追う相手を尻目に馬なりのままラクラクと1馬身先着していました。全体時計は遅かったですが、ラスト1Fは11.2秒です。併せた相手も調教駆けするアディラートだっただけに価値が高いと思います。

ダノンファラオ   57.0 【A】

栗東CW併せ。G前強め⑦

3頭併せの内。前を3馬身追走から直線向いて1馬身差まで差を詰める。直線仕掛けて中の相手に1馬身半先着という好内容。また時計も栗東CWで79秒台という好時計だ。仕掛けてからの反応が鋭く、併せた相手を一瞬で交わし去る時の脚は目をひいた。その後の走りも余力があり、追えばまだまだ伸びていきそうな勢い。鞍上は意図的に最後は少し緩めていた。ラスト1Fの12.4秒はその分だろう。動きは大きく伸びやか。そして柔らか。高く評価したい。

チュウワウィザード 57.0 【B-】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑥

戸崎騎手が騎乗しての追い切り。2頭併せの内。外の相手は古馬OP馬のダノンテイオー。これを1馬身追走から、直線仕掛けて1馬身先着。元々こういう馬だが四肢の可動域が狭くピッチ走法で走る馬。手前替えで鞍上からの扶助を受けており、仕掛けてからの反応もまだ物足りない。幾分身体が重たく感じる。

テーオーケインズ  57.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑧

ゆったりと駆けさせて全体時計81秒台前半、ラスト1Fが11秒台後半という素晴らしい時計。時計だけでなく動きの質も高く4歳にして完成度の高い走り。一完歩一完歩前脚を大きく前に投げ出し、滞空時間の長い走り。スピードに乗るにつれクビの角度も良くなっている。四肢の可動域も広く、尾も綺麗に流れている。美しい走りでほぼ文句なし。高く評価したい。

メイショウハリオ  57.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

全体時計56.6-13.7秒と遅い時計であるにも関わらず、ラスト1Fで0.2秒の失速。重心も高く動きに覇気が感じられない内容。評価できない。

jamie

みやこSから中3週の臨戦過程ですが、まだ疲れが取れきっていないのでしょうか。少し軽すぎるのが心配です。最終追い切りではさすがにビシッとした追ってくることと思います。

最終追い切りは必ずチェックしよう

あわせて読みたい
《2021》チャンピオンズカップ【最終追い切り】調教評価 2021年12月5日(日)に中京競馬場で行われる『チャンピオンズC(G1)ダ1800m(定量)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の...

同開催のその他重賞レース

ステイヤーズS(G2)

あわせて読みたい
《2021》ステイヤーズステークス【最終追い切り】調教評価 2021年12月4日(土)に中山競馬場で行われる『ステイヤーズS(G3)芝3600m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は13頭。追い切り動画で確認できた12頭の追...

チャレンジカップ(G3)

あわせて読みたい
《2021》チャレンジカップ【最終追い切り】調教評価 2021年12月4日(土)に阪神競馬場で行われる『チャレンジC(G3)芝2000m(別定)』の最終追い切り評価となります。 出走馬は11頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる