《2021》天皇賞・秋【1週前追い切り】調教評価

天皇賞・秋 追い切り 調教 評価

2021年10月31日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞・秋(G1)芝2000m(定量)』の1週前追い切り評価となります。

出走登録は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • カイザーミノル
  • ムイトオブリガード
  • モズベッロ
目次

エフフォーリア    56.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑨

3頭併せの中。今をトキメク横山武史を背に、3頭馬体をビッシリ並べて直線に入ってくる。溢れんばかりの前進気勢。鞍上は少し抑え気味。直線半ばで手綱を開放するとグッと急加速。その時何かがぶっ飛んだが蹄鉄かどうかは定かではない。いずれにせよ、加速時のスナップの力強さを物語る。ギアが入ってからの走りは前脚を大きく前に投げ出すダイナミック走り。悪くはないが、少し制御が効いていないように見えた。評価は据え置いた。

カデナ        58.0 【B-】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を単走で登坂。残り300m辺りで手前を替えるも100mだけ走り、また右手前に戻してしまった点は割引。低い姿勢を保ち真っ直ぐには走れていたが…。ただ、少し覇気に欠ける内容。評価は割り引いた。

カレンブーケドール  56.0 【B】

美浦坂路併せ。G前仕掛け。

併せ馬で馬場の真ん中に入って来る。直線向いてもなかなか手前を替えず右手前一本の走り。鞍上は手前を替えさせようとクビをポンと叩くもこれには応えてくれず、手綱をしごいて強めに仕掛けると、ラスト50mでようやく左手前。手前が替わるとグッと相手の前に出てクビ差〜半馬身先着。前脚は高く上がり悪くはないが、もう少し余力を見せて欲しいところ。この評価となる。

グランアレグリア   56.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。まったく気負うところなく、軽々とバネ感ある走り。併せた相手を何なく2馬身突き放した。前脚をしなるように動かし、クビの角度良く、四肢を大きく広げた走り。トモもふっくら見せている。手前替えも美しい。

jamie

2週前は坂路でしっかり追って50秒台。終い少し時計はかかっていましたが、この1週前追い切りで仕上がったように思えます。

コントレイル     58.0 【A】

栗東CW併せ。馬なり⑦

3頭併せの内。身体全身の関節が柔らく、これがこの馬の最大の強み。特に股関節の柔らかさは群を抜いており、地面にアプローチする時の後肢の動きは他に類を見ない。直線半ばまでは相手に合わせるように走っていたが、ギアが入るとステップを小さく刻み急加速。その後は四肢を大きく広げて走るという器用な動き。ラスト1Fだけで4馬身は突き放しただろうか。高く評価したい。

jamie

少しケチを付けるなら前脚の伸びやかさでしょうか。とは言え、2週前もCWで好時計。この1週前もCWで79秒台を馬なりで楽々と計時。最終追い切りは輸送も考慮し、坂路でサラリとした内容になることが想定されます。

サンレイポケット   58.0 【B+】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑤

いつもどこか走りに硬さの見られる馬だが、この1週前追い切りでは、手前替え含め、とてもスムーズな走り。スムーズさは過去1番と言っても過言ではないかも知れない。毛艶も良くとてもリラックスして走れている。身体全体の連動性も高い。高く評価したい。

トーセンスーリア   58.0 【B】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑧

2頭併せの内。前を2馬身半追走からスピード感十分にコーナー深く回ってくる。直線で綺麗に手前を替えると、そこからグングン伸びて4.5馬身は突き放しただろうか。最後は強烈な尻ムチまで入れて、めい一杯追われた。前脚を高く上げ地面を掻き込むようなフットワークは健在も、クビに少し硬さが見られた点を割り引いた。

jamie

決して悪くはないのですが、本当に良い時はもう少し唸るような走りを見せてくれる馬です。

ヒシイグアス     58.0 【B-】

美浦南W単走。馬なり④

重心高くコーナーリングが安定しない。直線向いても手前が決まらずチグハグな走り。頭の位置は安定せず、こじんまりとした走りで動きに伸びやかさもない。首筋に発汗も見られた。評価できない。

ペルシアンナイト   58.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑦

3頭併せの内。7歳馬だが前脚は高々と上がり脚元の力強さは健在。ただ年々アタマの位置が高くなり、クビが前に出ないフォームになってるのは気になるところ。そのためか脚元の力感ほど前に推進して行かない走り。強めに追って、外の相手には1馬身先着していたが…。評価は割り引いた。

ポタジェ       58.0 【B-】

栗東CW単走。馬なり⑩

コーナーの一番深いところをゆったりと回ってくる。馬の気分に任せての走りで内容は軽め。動きはこじんまりとしており、馬体も小さく見える。毎日王冠から中2週の臨戦ということもあり、1週前追い切りは軽め。この馬は最終追い切りが本追い切りになるだろう。

ユーキャンスマイル  58.0 【B-】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑦

3頭併せの内。中は同レースに出走予定のワールドプレミア。これを1馬身追走から直線向いて並び掛ける。馬なりでジワジワと1馬身前に出てから追い出しを開始。ワールドプレミアがあまりに動けておらず、強めに仕掛けて外の相手に併せに行き、これに併入という内容。馬体をふっくら見せているものの、まだ重さ感じる内容。

ラストドラフト    58.0 【B+】

美浦南W併せ。G前軽く促す⑧

2頭併せの外。コーナーからスピード感十分の走り。よほど手応えがあったのだろう。内目を回る相手に対して、コーナー深く回ってくる。直線では、クビと前脚を大きく前に突き出し、四肢を大きく広げる、とても伸びやかな走り。ステッキ入れて追う相手を、ゴール前できっちりクビ差捕らえて先着。【A】評価とするか迷ったが、左回りのコーナーで手前替えが早過ぎて外に膨らみ、加速に時間を要した分、割り引いた。とは言え、かなり状態良く、高評価。

ワールドプレミア   58.0 【C】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑧

3頭併せの中。内は同レースに出走予定のユーキャンスマイル。これに1馬身先行し、外を2馬身追走しながら直線へ。直線早々に鞍上が首筋を叩いて合図を送るも反応せず。馬なりのユーキャンスマイルに前にも出られるとやる気を無くしてしまい3馬身近く突き放された。地面の上っ面を撫でるような走りで、脚元の力感が全くない。

jamie

この状態でレースに出てくるのだろうか?と疑いたくなる内容です。

最終追い切りは必ずチェックしよう

天皇賞・秋(G1)

あわせて読みたい
《2021》天皇賞・秋【最終追い切り】調教評価
《2021》天皇賞・秋【最終追い切り】調教評価2021年10月31日(日)に東京競馬場で行われる『天皇賞・秋(G1)芝2000m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...

同週開催のその他重賞レース

スワンS(G2)

あわせて読みたい
《2021》スワンステークス【最終追い切り】調教評価
《2021》スワンステークス【最終追い切り】調教評価2021年10月30日(土)に阪神競馬場で行われる『スワンS(G2)芝1400m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた17頭の追い切り...

アルテミスS(G3)

あわせて読みたい
《2021》アルテミスステークス【最終追い切り】調教評価
《2021》アルテミスステークス【最終追い切り】調教評価2021年10月30日(土)に東京競馬場で行われる『アルテミスS(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走馬は11頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り評価...
天皇賞・秋 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる