《2021》シリウスステークス【最終追い切り】調教

2021 シリウスS 追い切り 調教評価

2021年10月2日(土)に中京競馬場で行われる『シリウスS(G3)ダ1900m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた13頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • エルディクラージュ
  • エブリワンブラック
  • サクラアリュール
目次

アシャカトブ     56.0 【B+】

美浦坂路併せ。馬なり。

ラスト1Fをきってからの映像。外の相手と終始並ぶカタチではあったが、ラスト50mで右手前に替わり、最後の数完歩だけでスッと1馬身先着。リラックスした走りであったが、筋肉の隆起が目立ち、手前替えは極めてスムーズ。好調だろう。高く評価してみたい。

jamie

この馬については、1週前追い切りの映像もありました。美浦南Wで併せた外の相手を3馬身以上突き放す好内容で時計も上々。好調でしょう。穴ならこの馬だと思います。

アナザートゥルース  58.0 【C】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中に入ってくる。手前変換はぎこちなく、脚元の力感薄い走り。最後は見せムチ使って懸命に追うも、最後は苦しそうで余力ない内容。時計も54.3-12.6秒と遅く評価できない。

jamie

1週前は同じく栗東坂路で52.4秒とそこそこの時計を出してきましたが、手前変換ができておらず、ラスト1Fも0.5秒失速しています。本調子とは思えない調整内容です。

ウェスタールンド   58.0 【B】

美浦南W単走。G前軽く促す⑦

コーナーをゆったりと回ってくる。この馬らしい重心の低いフットワーク。四肢の可動域十分に、前脚をしっかりと前に投げ出し、大きく伸びやかに走ることができている。序盤、アタマを回しながらの走りだった点を割引いた。

ケイティブレイブ   58.5 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

前を1馬身追走し、美浦坂路の緩いコーナーを逆手前で回ってくる。直線向いてもそのまま右手前。最後は脚色が鈍り、0.4秒失速し、併せた内の相手にクビ差遅れ。少しせわしない走りで評価しづらい。

jamie

トップハンデ58.5㎏もキツイですね。

ゴッドセレクション  54.0 【A】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中やや植え込み側を登坂。大きな馬だが脚長で垢抜けた馬体の馬。残り2Fで綺麗に手前を替えて、弾むようなフットワークで登坂。ラスト1Fで鞍上が肩を叩くと、それに反応し再び伸びていた。好調だろう。高く評価したい。

サンデーウィザード  55.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を登坂。活気十分のキビキビとしたフットワーク。完全馬なりで綺麗な加速ラップを踏んで登坂できている。1週前も好時計を出しており、プラス評価でも良いかなと思う内容。相対評価で一つ評価は下げたが、パドックで注意したい1頭。

サンライズホープ   56.0 【A】

栗東坂路単走。G前軽く促す。

最終追い切りは終い重点の軽めの内容。ラチ沿いを登坂。キレるタイプの馬ではないと思うが、体幹しっかりの大きなフットワークで滞空時間の長い走り。残り100mで綺麗に手前を替えて加速ラップを維持した。上手に仕上がった印象。高く評価したい。

jamie

前走プロキオンSの時の【A】評価とした馬ですが、やはり魅力的な走りをする馬です。少し人気落ちしそうなここは面白いかも知れません。

ダノンスプレンダー  56.0 【B】

1週前追い切りの映像しかありませんでした。この馬については1週前追い切りを見ての評価となります。

栗東坂路併せ。G前強め。

1馬身先行から成す術なく1馬身交わされるという内容であったが、併せた相手はスプリンターズSに出走予定のダノンスマッシュ。これは相手が強い。少し顔が右を向きやや斜に構えたフォームであったが、大きなストライドでこの馬らしいパワフルなフットワーク。ラスト1Fは0.5秒の失速も、見せムチ使って最後まで集中した走り。全体時計は早く、しっかり負荷をかけられた。

jamie

最終追い切りは映像がなかったですが、栗東坂路で55.6-13.6秒なのでサラリと流して調整程度の内容です。

テンザワールド    53.0 【B+】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

ダート馬にしては馬体の小さな馬だが、低い姿勢を保ち、クビを上手に使って身体全身を使って走ることができている。時計は平凡だが、活気十分にキビキビとした走りで真っ直ぐに登坂することが出来ている。プラスに評価してみたい。

jamie

このハンデは魅力です。良い動きをしていたので1週前追い切り時計を調べると美浦南Wで80.2秒の好時計。とても最低人気とは思えない動きの良さです。個人的には是非勝ってみたいと思う1頭でした。

ハヤヤッコ      57.5 【B-】

美浦南W併せ。馬なり③

2頭併せの内。前を1馬身半追走し、コーナーをショートカット気味に内目を回り直線向く時点で並び掛ける。前脚の出が悪く伸びやかさのない動き。外のカレンレベンティス(3歳1勝クラス)が伸びやかに動けていただけに、尚更そう感じる内容。一瞬前に出られるもラスト1Fは11.9秒で最後は併入に持ち込んだ。高い評価は与えづらい。

ブルベアイリーデ   57.0 【B+】

栗東坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを登坂。クビを真っ直ぐ縦に振り、重心が身体の真ん中に置かれる好フォーム。適度な気合乗りで最後まで集中して真っ直ぐに駆けた。全体時計52.0-12.2秒と時計も上々。ラスト1Fで0.2秒の失速もこれは手前を替えなかった分だろう。途中手前を替えようとして、替えれなかった分だけを割り引いた。

リアンヴェリテ    57.5 【B-】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。残り300mで手前を替えてからは、顔を右に向け斜に構えたフォームで余力の無い走り。ラスト1Fで0.9秒の失速。評価しづらい。

ロードリバーサル   54.0 【C】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け。

2頭併せの外。1馬身先行した状態でコーナーを回ってくる。直線向いて長い間、右手前。相手に交わされそうになり左手前に替わるも、そこからの動きは前脚が前に出ず”こじんまり”とした走り。成す術なく1馬身半遅れた。動きはスローで脚元の力感も欠く内容。評価できない。

今週開催のその他重賞レース

スプリンターズS(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2021》スプリンターズステークス【最終追い切り】調教
《2021》スプリンターズステークス【最終追い切り】調教2021年10月3日(日)に中山競馬場で行われる『スプリンターズS(G1)芝1200m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走馬は22頭。追い切り動画で確認できた17頭の追...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2021》スプリンターズステークス【1週前追い切り】調教
《2021》スプリンターズステークス【1週前追い切り】調教2021年10月3日(日)に中山競馬場で行われる『スプリンターズS(G1)芝1200m(定量)』の1週前追い切り評価となります。出走登録は22頭。追い切り動画で確認できた10頭...
2021 シリウスS 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる