《2021》セントライト記念【最終追い切り】調教

2021 セントライト記念 最終追い切り 調教評価

2021年9月20日(祝)に中山競馬場で行われる『セントライト記念(G2)芝2200m』の最終追い切り評価となります。

出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アサマノイタズラ   56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前一杯⑧

2頭併せの内。前を3馬身追走し、コーナーワークで半馬身差まで詰めるも、直線でジワジワと差を広げられ、最後は1馬身遅れてのフィニッシュ。四肢の可動域は広いのだが、脚元が非力で、推進力のない走り。最後は強烈な尻ムチ2発入れてめい一杯追われており、見栄えも悪かった。また首筋に発汗も見られた。評価しづらい。

ヴィクティファルス  56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。重心高めの走り。アタマの位置が高い。それでも脚力が強いのだろう。推進力を損ねることなく、馬なりのままスーッとゴールに向かって伸びていた。1週前追い切りも好時計を出しており、調子は悪くはないのだろうが、どこかピリッとしない走り。高い評価は与えづらい。評価は据え置いた。

オーソクレース    56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前強め⑥

2頭併せの内。前を3馬身追走し、コーナーワークで1馬身差に詰め、直線強めに追って何とか併入という内容。直線の入り口で鞍上が肩を叩くも、それに対する反応はなく、手前を替えることなく右手前1本の走り。ゴール直前でようやく手前を替えていたが…。馬体はふっくらと見せているものの、動きはスローで脚元の力感薄く、評価しづらい。

カレンルシェルブル  56.0 【B-】

栗東CW単走。馬なり⑧

とても軽い内容。軽めとは言え、前脚の出が悪く、捌き硬めのフットワーク。挑戦者としてクラシックの最終切符を賭けて勝負する追い切り内容ではない。ただある程度スピードに乗ってからは、クビを使った走りで安定したフォームでは走れている。最低評価を付けるほどでもなく、この評価とした。

グラティアス     56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

3頭併せの内。最終追い切りは軽めの内容。3頭びっしり馬体を併せ、その真ん中で折り合いをつけることを意図した追い切り。ただその意図に反して、馬は顔を右に向け集中力欠く走り。遅れはしなかったものの、気持ちの入らない平凡な走りで、3頭並んで併入という内容。1週前の好時計を少し考慮し、評価は据え置くも、高い評価は与えづらい。

jamie

1週前は、同じく美浦南Wで全体時計79秒台、ラスト1F11秒台後半という好時計。ただゴール地点では相手に遅れており、ゴール後に相手を交わすという見栄えの悪い内容でした。ただ、キレイな馬場だったとは言え、状態悪い中で出せる時計でもなく、一つ評価を上げました。

ソーヴァリアント   56.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。外の相手は1勝クラスのララサンスフル。これを1馬身追走からクビ差先着という内容。決して強く追っておらず調整程度の内容。中山の舞台と同じ右回りの美浦南Wで、直線での手前替えが上手くなかった点は割引き。手前を替えた後も再加速するまでにやや時間を要していた。パワフルな走りではあるものの、脚捌きに少し硬さも見られる。評価は据え置いた。

タイトルホルダー   56.0 【A】

美浦南W単走。G前軽仕掛け⑧

ゆったりとコーナー深く回ってくる。直線でなかなか手前を替えず、鞍上が手前替えを扶助するも、バランスを崩すことなく替えることができており問題なし。特筆すべきは、軽く仕掛けてからの反応速度。軽く仕掛けると即座にギアが入り、脚の回転を挙げて急加速。ラスト1F時計は驚きの10.9秒。なかなか見ない時計だ。適度な活気を保ち、鞍上の制御下にしっかりと置かれ、相変わらずの好フォーム。折り合いもばっちしで、間違いなく好調だろう。高く評価したい。

jamie

2週続けて単走追いではあるが、昨年の東スポ杯から一貫してこの調整内容。これで結果を残してきており、全く問題ないと思います。夏を越して良い意味で活気が増している点はプラスに捉えたいです。

タイムトゥヘヴン   56.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑧

併せ馬ではあったが、馬場の真ん中を走る相手に対して、本馬はラチ沿いを走り、馬体を離したカタチの併せ馬。そのままコーナー深く回り直線へ。手前を替えず、右手前1本で走った点は割引きも、毛艶はピカピカでキレのある動き。併せた相手を馬なりのまま3馬身近く突き放していた。調子は良さそうで高く評価してみたい。

ノースブリッジ    56.0 【B+】

美浦南W併せ。馬なり③

2頭併せの内。前を3馬身追走し、コーナーワークで半馬身差まで詰める。直線では互いに激しく競り合う好内容。相手は途中から強めに追うも、こちらは馬なりのまま。最後は1馬身突き放し先着した。アタマは高めも、前脚を高く上げ一完歩一完歩、前脚を上から叩きつけるような力強いフットワーク。クビが前に出ていかないため、何か奇妙な走り方ではあったが、活気十分で脚元は極めてパワフル。この脚力なら、中山の急坂は難なくこなしてくれそう。高く評価したい。

ベルウッドエオ    56.0 【C】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。コーナー途中で手前替えを行うなど幼い走り。直線向いてからの動きもスローで脚元も非力。推進力のない走りで、さして動けていない外の相手にやや劣勢に併入。ゴール手前では手前も戻しており、評価できない。

ルペルカーリア    56.0 【B+】

栗東芝単走。馬なり⑨

この馬の追い切りを見て、まず思ったのがサートゥルナーリア。あの偉大な兄を彷彿とさせた。血統には疎い筆者ではあるが、馬の走りはよく覚えている。少し話は逸れたが、最終追い切りの走りは上々。クビの角度が素晴らしく、クビと前後の脚の連動性が高く美しい。キレ味十分の鋭い走りができている。評価を一つ下げたのは、手前を替えることなく右手前1本で走った点。内側にやや斜行していたが、これは鞍上が脚元を確認したことで重心がズレたためであり、本番では起こりえない。気にしなくも良い。どのような走りをみせてくれるか楽しみな1頭だ。

jamie

1週前追い切りでは全く覇気のない走りでしたが、最終追い切りでは別馬のよう。激変していました。

レインフロムヘヴン  56.0 【C】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け⑥

3頭併せの中。3頭雁行状態で直線に入ってくる。変なタイミングで手前を替えてしまい、コーナーを曲がりながら一時は逆手前。違和感を覚え、正手前には戻していたがチグハグな走り。最後は内には1馬身先着も、外とは併入。発汗がひどく、走りにキレもない。

レッドヴェロシティ  56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前仕掛け④

3頭併せの中。こちらも3頭雁行状態で直線へ。外の馬に1馬身前に出られた状態から仕掛けて、最後に追いつき3頭並んで併入という内容。相手のカゲに隠れ動きはよく見えなかったが、ある程度活気ある走りも、アタマは高めで、動き平凡。評価しづらい。

ワールドリバイバル  56.0 【A】

栗東CW併せ。G前仕掛け⑧

2頭併せの外。前を1馬身以上追走し、コーナー深く回ってくる。直線向いてまだ内の相手は1馬身前。ラスト1Fで軽く仕掛けると、内でめい一杯追う相手をラクラクと交わし、1馬身先着という好内容。水平クビで、風の抵抗少ない好フォーム。前脚もしっかり前に出て四肢の可動域十分の推進力溢れる走り。時計も上々。高く評価したい。

今週開催のその他重賞レース

ロースステークス(G2)

あわせて読みたい
《2021》ローズステークス【最終追い切り】調教
《2021》ローズステークス【最終追い切り】調教2021年9月19日(日)に中京競馬場で行われる『ローズS(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた17頭の追い切り評価となり...
2021 セントライト記念 最終追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる