《2021》クイーンステークス【最終追い切り】調教

2021 クイーンS 追い切り 調教評価

2021年8 月1日(日)に函館競馬場で行われる『クイーンS(G3)芝1800m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は12頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

イカット      55.0 【C】

函館W単走。馬なり⑥

活気はあるのだが、クビの使い方が悪く推進力を上に逃がす走り。気持ちに脚元もついて行っていない。走りのバラバラ感が強く評価できない。

ウインマイティー  55.0 【B+】

函館W単走。馬なり。

直線からの映像で完全に流すだけの軽い内容。1週前にしっかり追ったので、これで良いのだろう。動きは、この馬の100%ではないように思えるが、大きく伸びやかに動けており問題なさそう。フォームは美しくこのメンバーではフットワークの安定性が際立っている。プラスに評価したい。

jamie

この馬の本当に良いときの追い切りは唸るような走りをみせてくれます。それに比べると物足りないというのが正直な感想です。とは言え、強めに追った1週前追い切りでは、クビを使って脚の回転鋭く、しっかり地面を掴んで走ることができていました。このメンバーでは上位です。

クラヴァシュドール 55.0 【B】

函館芝単走。G前軽仕掛け⑦

ピッチ走法の馬。函館の芝コースを淡々と同じリズムを刻み駆けた。そこそこの時計を出した割には馬はラクそうに走っており、これは能力の高さなのだろう。ただ動きに伸びやかさがなく、高い評価は与えづらい。

jamie

今年のクイーンSは例年と異なり函館での施行。小回りのコースには、この馬の走法はフィットしそうです。パドック良ければ買いたいと思います。

サトノセシル    55.0 【A】

札幌ダ単走。馬なり⑤

クビを上手に使って身体全身を使ったダイナミックな走り。四肢の可動域も広く動き伸びやか。鞍上は持ったままで馬みずからがハミを取り、走る気満々。毛艶、筋肉のハリも上々。調子が良いのだろう。高く評価したい。

シゲルピンクダイヤ 55.0 【B】

函館W併せ。G前軽く促す⑤

2頭併せの内。前をどのくらい追走していたのだろうか。恐らく2馬身程度だろうか。直線向いても差が1馬身あったが、最後にスッ半馬身先着。クビの使い方にまだ硬さは見られたため評価は据え置くも、短い函館Wの直線で差し切れる脚力は評価できる。

シャムロックヒム  55.0 【B-】

函館W単走。馬なり⑩

1週前にコースで80秒台前半という早い時計は出しているものの、終い失速しており余力ない内容。最終追い切りは軽めの調整だったものの、動きに覇気なくまだ本調子になっているようには思えない。前走マーメイドSで唯一の【A】とし、単勝20.5倍(10人気)をプレゼントしてくれた馬だが、今回は割り引きたい。

テルツェット    55.0 【B+】

函館W単走。G前軽く促す⑨

四肢の可動域はそれほど広くないものの、クビを力強く前に振って推進力あるフットワーク。右回りのコーナーリングも上手。ただ、直線における手前替えでスピードを落とした点は割引き。その後は再びクビを使って推進力ある走りに戻りはしたものの、左手前時の走りは少しアタマが高かった。それでも総合的に見ると活気十分に推進力ある走りができておりプラス評価となる。

ドナアトラエンテ  55.0 【B+】

函館W併せ。馬なり②

2頭併せの内。外は同レースに出走予定のマジックキャッスル。これを1馬身追走からコーナーワークで差を詰め、終い馬なりのまま余力十分にスッと並び掛けて併入と言う内容。手応えはこちらの方に分があるようにも見えた。相手のカゲに隠れ動きはよく見えなかったが、前脚の伸びやかさは、マジックキャッスルと比較すると良く見える。こちらを上位とってみたい。

フェアリーポルカ  56.0 【B-】

函館W併せ。G前強め⑨

2頭併せの外。1馬身先行してコーナー深く回り直線へ。鞍上は終始促し続けるもギアの入りきらない走り。まだ少し動きが重たく感じる。評価は割引きたい。

マイエンフェルト  55.0 【B+】

函館W単走。馬なり⑤

この馬もピッチ走法気味に走る馬。直線向いてカチッと手前を替えると、そこからは脚の回転鋭い走り。直線向いてからの走りには勢いがあった。走りの質としては【B】評価が妥当かもだが、調子は良さそう。明示的にプラス評価にしてみたい。

jamie

穴馬はこの馬かも知れません。パドックは注視したいと思います。

マジックキャッスル 56.0 【B】

函館W併せ。馬なり⑤

2頭併せの外。内は同レースに出走予定のドナアトラエンテ。これに1馬身先行して直線へ。鞍上は持ったままだったとは言え、前脚の出が悪く、今一つ推進力のない走り。クビを使って活気十分に走れているのだが…。最後は内から余力十分のドナアトラエンテにスッと並ばれ併入。どちらかと言えば相手の方が余力十分の内容で、見栄えも悪い。とは言え、馬体のハリ艶良く、安定したフットワークは健在。評価は据え置くも、高い評価は与えづらい。

ローザノワール   55.0 【B-】

函館W単走。馬なり⑥

軽めの内容でバネ感あるフットワークで走る馬だが、脚元が非力。戦歴見るとダートを使ってきた馬。芝の方が向きそうな走りをしており注意は必要かも知れない。ただ今一つ魅力薄い内容で評価しづらい。

出走が叶わかった馬たち

アラスカ      55.0 【B-】

函館ダ単走。G前仕掛け⑦

クビの可動が狭い馬。活気はそれなりにあるものの、走りの推進力が物足りない。ゴールに向かうにつれ、脚色も悪くなっており評価しづらい。

ラキ        55.0 【B】

札幌ダ単走。G前仕掛け⑧

クビの可動が狭く、クビの動きに硬さは見られるも、直線向いてからゴールに向かうにつれて脚の回転力を上げていき、走りに勢いがあった点は評価できる。ただ手前替えができていなかった点は割引き。本来マイナス評価がだろうも、活気と勢いは十分。この馬なりに調子は悪くなさそうに思え、評価は据え置いた。

ルビーカサブランカ 55.0 【B】

函館W併せ。G前仕掛け⑧

2頭併せの内。外を1馬身追走し直線へ。G前強めに仕掛けて併せた相手に1馬身先着。クビの動きに硬さが見られ、時計面でも強調できないものの、きっちり併せて馬で先着できた点は評価したい。

今週の新馬戦

7/31(土)新馬戦(3レース分)

あわせて読みたい
《2021》7/31(土)新馬戦【追い切り・調教評価】
《2021》7/31(土)新馬戦【追い切り・調教評価】本記事は、2021年7月31日(土)に行われる新馬戦の追い切り評価をまとめた記事となります。レースによっては、出走馬のうち、ほとんど追い切り動画が公開されていないレ...

8/1(土)新馬戦(3レース分)

時間が確保できず記事が書けませんでした。ご了承下さい。

先週のレースの振り返り

アイビスサマーダッシュ(G3)

あわせて読みたい
《2021》アイビスサマーダッシュ【評価結果】―レース回顧
《2021》アイビスサマーダッシュ【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭に評価を付け高評価としたのは5頭。うち2頭が馬券内。1頭は人気薄のバカラクイーン。参考...
2021 クイーンS 追い切り 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる