《2021》アイビスサマーダッシュ【評価結果】―レース回顧

2021 アイビスサマーダッシュ 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭に評価を付け高評価としたのは5頭。

うち2頭が馬券内。1頭は人気薄のバカラクイーン。

参考になったという方は少なかったかも知れないが、この馬を追い切りから拾えたことに可能性を感じる結果となった。

着順馬名評価人気
1オールアットワンスB1
2ライオンボスB+2
3バカラクイーンB+14
4トキメキ11
5ジュランビルB9
6グレイトゲイナーB6
7タマモメイトウB-4
8ルドラクシャ13
9ヒロイックアゲンB+10
10アルミューテンB-12
11ビリーバーB7
12モントライゼB+3
13セピアノーツC8
14モメショッタB-15
15ロードエースA5
16リッチクレマス16

レース回顧

勝ち時計54.2秒は普通。過去10年の平均勝ち時計も54.2秒である。

前半2Fが21.9秒、前半3Fが32.4秒とペースラップもほぼ例年通りであった。

このペースを作ったのはライオンボス(鮫島克)であった。

パドック

パドックでは、1、2着馬を挙げるも人気馬。最後の1頭はジュランビルかバカラクイーンで迷ったが、前者を選択した。

jamie

パドックを後追いで見る時間がある方は、是非パドックを見てみてください。バカラクイーンのパドックは良かったです。

回顧

オールアットワンス。軽く促すだけで難なく2列目の好位を確保。ラクに好位を取れる脚は魅力だ。追走も余力十分。追い出しを開始したのは、ライオンボスと馬体が並んだ残り400mあたりから。そこから少し馬体を離したカタチで追い比べ。後半に脚を残したオールアットワンスが競り勝ち、ライオンボスに3/4馬身を付けての優勝となった。

ただ、ライオンボスの57㎏に対して本馬は51㎏。これを考えると強かったとは言え、ライオンボスとの能力差はどうだろうか。まだライオンボスの方が強いかも知れない。ただライオンボスはもう6歳で本馬はまだ3歳である。枠に恵まれたとは言え、4着馬以降には短距離では圧倒的とも言える2馬身差をつけており、この枠からなら何度やってもこの馬が勝つと思える強さ。この馬の気になる点を挙げておくなら馬体重か。448㎏と短距離馬としては馬格に恵まれていない。430㎏のデビュー時から+18㎏と順調に成長しているが、現状は「パワー馬場」より、今回のような「早い馬場」が合うかも知れない。

ライオンボス。好枠だったこともあり序盤から強気に押して行きラチ沿いを難なく確保。ただ結果的には序盤に少し脚を使い過ぎたか。オールアットワンスと並んでからも鮫島克騎手が懸命に追って粘るも、最後は3/4差付けられての2着となった。3着以下には1馬身差を付けており、斤量57㎏を考えると、このメンバーではやはり能力上位であった。

バカラクイーンについても触れておかなかればならないだろう。この馬は追い切りでも良く見えた1頭で評価コメントで以下のように述べていた。

バカラクイーン    54.0 【B+】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け③

コーナーを上手に回れず、外の相手に馬体をぶつけながらのコーナーリング。そのため変なタイミングで手前を替えてしまうが、そこからの動きは悪くない。軽く仕掛けると、追う相手にラクラクと2馬身先着した。クビの動きにやや硬さが見られるも脚元はパワフルで推進力ある走り不器用な馬。そういった意味では直線競馬は合うのかも知れない。プラスに評価してみたい。

想像力に欠如する筆者は、この馬が内ラチ沿いを走ることを想像もしなかった。この作戦を指示したのは武井亮調教師とのことであるが見事である。この作戦は、単純にこの馬が最内枠だからという訳ではないだろう。この馬の性格を考えると最内枠が最適(寧ろ好ましい)と判断したと考える。

来年以降も、この作戦が通用するとは筆者は思わない。馬群で走らせることで闘争心や勝負根性を引き出せるメリットもある訳で、このレースの外枠有利は今後も継続すると考える。これで来年以降、人気馬が最内枠に入れば人気するかも知れない。ただ筆者は変わらず割り引いてみたい。

筆者本命のロードエースは、ライオンボスを見るカタチの2番手。ここまでは想定どおりだった。あとは「調子の良さ」で終い「スッ」とライオンボスを差して優勝。というのが筆者のシナリオであった…。さすがに本馬にとっては時計が早かったか。能力面でまだ足りなかった。ただ調子の良さで能力以上のものを出せることもある。今回は嵌らなかったと割り切りたい。

余談

少しだけ読者にとって、どうでも良い話をさせてください。

枠順確定後の筆者の印は、

◎ロードエース

○ライオンボス

▲オールアットワンス。

もしロードエースがもう少し内枠だったら、ライオンボスを本命とする予定だった訳で、3連単22万馬券をGETできていました…。

これは、筆者個人の話であり、筆者が悶絶したことをお伝えしたかっただけの完全にタラレバの話です。

多くの人によくあることなのですが、バカラクイーンが見えていただけにちょっと悔しかったので…。

jamie

あっ、でもバカラクイーンが内ラチ沿いを単騎で走るとは思っていませんでした!

競馬って夢がありますよね。

2021 アイビスサマーダッシュ 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる