《2021》7/25(日)新馬戦【追い切り・調教評価】

2021 POG21-22 新馬戦 追い切り 調教

本記事は、2021年7月25日(日)に行われる新馬戦の追い切り評価をまとめた記事となります。

レースによっては、出走馬のうち、ほとんど追い切り動画が公開されていないレースもあります。

そのため、本記事では、追い切り動画で確認できた馬については、AB+BB-Cの5段階評価を行いますが、各馬の追い切り詳細については省略いたします。ただ、各レースごとに、「追い切り注目馬」だけ短評を記載いたします。

目次

12:15 函館5R 芝1800m

出走馬8頭中、7頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

もっとも良く見えたのは、2.オディロンです。表記は単走追いでしたが実際は併せ馬。外を走る馬を1馬身追走から、相手をまったく寄せ付けず5馬身以上突き放す好内容。コーナーをショートカット気味に回ったとは言え、見栄えの良い内容です。クビを使って推進力ある走りで、手前の切替も極めてスムーズ。四肢の可動域十分に、地面をしっかり掴んで走るパワフルなフットワーク。時計は出ていませんが高く評価したいと思います。

B+評価馬

1.アリシアンは、前を1馬身追走から馬なりでクビ差先着。手前の切替はスムーズで四肢の可動域も十分で、馬場の8分どころを走ったことを考慮すると終いは優秀な時計です。手前の切替もスムーズで、大きく伸びやかな動き。あまり割り引くところのない完成度の高い走りで、1番人気も頷けます。

4.シンティレーションは、ピッチ走法の馬。四肢の可動域は広くないものの、全体時計63秒台後半。ラスト1Fは11秒台後半と極めて優秀な時計が出ています。馬場の7分ところを通っておりこの時計は評価すべきでしょう。しかし、よくこの走法でこれだけ早い時計が出せるなという印象。能力は高そうです。G前軽く仕掛けて内の相手をラクラクと1馬身突き放し、力の違いを見せつけていました。

その他注目馬

ここでは、マイナス評価とした人気馬について述べたいと思います。

8.トップキャストは、コーナーを逆手前で走り、直線も最後で手前を戻すなど走りが荒削りです。直線向いても顔を相手の方に向け相手を威嚇し、気性面の幼さも見せました。それでもこの人気になるのは、かなり優秀な時計が出ているからでしょうが、この能力が発揮できない可能性は秘めています。割り引きたいと思います。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人2.9倍B+1.アリシアン
2人4.1倍A2.オディロン
3人4.4倍B-8.トップキャスト
4人5.4倍B+4.シンティレーション
5人10.8倍B5.コスモルーテウス
6人20.9倍C6.ソアリング
7人29.4倍B-7.ビップソリオ
8人25.3倍3.メリリー
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日22:10 )のものとなります。

12:30 新潟5R 芝1800m

出走馬13頭中、9頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

4.サトノジークは、筋肉隆々の馬体。直線向いても1馬身前に相手がいましたが、これをラスト1Fだけでラクラクと1馬身半突き放す好内容。終い重点の内容でしたが、既に仕上がっているのでしょう。クビの使い方にまだ硬さが残るも、パワフルに走れています。鞍上が川田騎手というのも心強いです。

B+評価馬

12.レディバランタインは、当日騎乗の戸崎騎手が跨っての最終追い切り。前の3頭を3馬身追走も、あまり攻め過ぎないようにとの指示だったか、コーナーの途中で抑えたためアタマを上げて嫌がる仕草。折り合い面で難しいところを見せました。とは言え、コーナーに進入する際の推進力ある力強いフットワークは、前を走る3頭(すべて新馬)とは、1頭違う風格を漂わせていました。終いの迫力は欠きましたが、何か気になる1頭。プラスに評価してみたいと思います。

その他注目馬

13.メトセラは、古馬2勝クラスのゲンパチミーティアとの併せ馬。相手は馬なりでしたが、こちらは追って追って何とかハナ差前に出るという内容。全体時計51.6秒は新馬としては十分勝ち負けできる時計も、ラスト1F時計は12.5秒と時計を要しており、0.3秒の失速。高い評価は与えづらいです。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人3.1倍B13.メトセラ
2人4.7倍B-11.レヴァンジル
3人5.3倍A4.サトノジーク
4人7.6倍B-2.コンジャンクション
5人7.6倍B+12.レディバランタイン
6人20.4倍B1.ウェルカムニュース
7人26.1倍B-3.ライラボンド
8人33.2倍B6.テーオーソラネル
9人36.3倍8.ロードヴァレンチ
10人43.4倍7.マイネルユヌスール
11人59.2倍B-10.グリーンバローズ
12人60.6倍5.ユイノゴトク
13人76.1倍9.ラーグルフ
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日22:30)のものとなります。

13:00 新潟6R 芝1400m

B+評価馬

3.アキノポエムは、栗東CWで2頭併せの外。併せた内の相手は同日の新潟5Rに出走予定のライラボンド【B-】。小柄な馬も低い姿勢でキビキビとしたフットワークで走れており、直線で1馬身遅れの状態から、軽く仕掛けて1馬身先着。仕掛けてからの反応もよくプラス評価です。

8.ヴィブラフォンと併せたのは、土曜日の新潟5Rに出走したバトルクライ。これにアタマ遅れと少し見栄えの内容でしたが、これは相手が動けていたのでしょう。この馬自身しっかり地面を掴んで推進力ある走りができています。ただ気になるのは、直線で手前が決まらないなど、走りが幼いところ。将来走ってきそうな雰囲気は漂わせています。プラスに評価しておきたいと思います。

jamie

バトルクライは、今日の新馬戦で9人気(45.9倍)と人気はありませんでしたが4着と健闘しました。追い切り評価では【B+】を付け、筆者のメモでは「こんな人気の馬ではないはず」とありましたが、やはり動けていたのでしょう。

その他注目馬

10.マーゴットビートも、馬体をふっくら見せ、身体全身を使って大きなフットワークで走れていました。手前替えは上手くなく、直線で手前を替えずに走っていたのは割引きです。そのせいもあり併せた相手にはクビ差遅れ。ただ、相手は古馬2勝クラスの馬。直線に入る前も3馬身追走していました。美浦のポリトラック馬場の割には、時計も目立ちませんが、この人気なら押さえておきたい。そう思う馬でしたので挙げておきます。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人3.9倍B9.ジレトール
2人6.3倍B2.スプラウティング
3人6.3倍B+8.ヴィブラフォン
4人7.8倍5.ブルーグラス
5人9.5倍7.アンブロジアーナ
6人13.2倍B+3.アキノポエム
7人17.0倍B-4.ストームゾーン
8人21.0倍C14.ソンテ
9人22.3倍1.イダマンテ
10人25.5倍17.シナモンスティック
11人52.5倍B10.マーゴットビート
(以下、省略)
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日22:50)のものとなります。

今週の重賞レース

アイビスサマーダッシュ(G3)

あわせて読みたい
《2021》アイビスサマーダッシュ【最終追い切り】調教
《2021》アイビスサマーダッシュ【最終追い切り】調教2021年7月25日(日)に新潟競馬場で行われる『アイビスサマーダッシュ(G3)芝1000m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた1...
2021 POG21-22 新馬戦 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる