《2021》7/4(日)新馬戦【追い切り・調教評価】

2021 POG21-22 新馬戦 追い切り 調教

本記事は、2021年7月4日(日)に行われる新馬戦の追い切り評価をまとめた記事となります。

  1. 函館5R 芝1800m
  2. 小倉5R 芝1800m
  3. 福島5R 芝1800m
  4. 小倉6R 芝1200m
  5. 福島6R 芝1200m

レースによっては、出走馬のうち、ほとんど追い切り動画が公開されていないレースもあります。

そのため、本記事では、追い切り動画で確認できた馬については、AB+BB-Cの5段階評価を行いますが、各馬の追い切り詳細については省略いたします。ただ、各レースごとに、「追い切り注目馬」だけ短評を記載いたします。

目次

12:15 函館5R 芝1800m

出走馬14頭中、13頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

6.ブルーシグナルは、小回りの函館ウッドコースで、2馬身以上追走からコーナーワークで相手を一気に交わし去り、強めに追われ2馬身半突き放して先着という好内容でした。コーナーリング性能のとても高い馬で、スピードを殺すことなく綺麗に回れています。また、クビの角度もよく、身体全身を使った走りで四肢の可動域も十分。ラスト1Fは少し疲れましたが、気を抜くことなく走れています。時計で人気を落としていますが、動きは秀逸です。枠も良いので好スタートが切れれば面白いと思います。

jamie

とても最低人気の馬に思えません。必ず買いたい1頭です。

13.ウインアウォードは、馬体のハリ艶よく、クビを使った活気十分の走りでした。四肢の可動域も広く、併せた相手に1馬身先着しています。外目を走ったことを考えると、かなり優秀な時計です。パワフルな馬体をしていますが、柔らかく動けている点も好印象です。

jamie

今をときめく杉山晴紀厩舎の管理馬です。

B+評価馬

3.アルナシームは、外の馬を1馬身半追走から併入という内容でしたが、相手はムチまで入れて一杯に追ったのに対して、本馬は馬なり。直線で相手と馬体を並べてから左手前に替えるなどセンスの良い走りをしていす。脚の回転鋭く、キビキビとしたフットワークで走る馬です。脚元に力強さもあります。ゴールを過ぎても緩めることなく駆けさせており、初戦からの勝負気配を感じます。

jamie

併せた相手(内)は、同レースに出走するアクティブバイオ。これを5馬身以上突き放しており、この馬の馬券内はかなり難しそうです。

その他注目馬

B評価の中から、筆者が馬券に組み込んでみたいと思う馬から順に述べていきます。

9.ルージュブラゾンは、同レースに出走するマイネルシーマとの併せ馬。内からマイネルシーマが勢いよく迫ってきた際、離されないようにギアチェンジし喰らい付いた脚はなかなか見どころがありました。評価は据え置きましたが当日のパドックに注意した1頭です。

14.ブルーロワイヤルは、クビの使い方に動きに硬さがみられますが、脚力が強いのでしょう。優秀な時計が出ています。評価は据え置きましたが当日のパドック気配に注意したい1頭です。

11.マイネルシーマーは、コーナーで手前を替えるのが早すぎるのが割引きでした。直線では併せた相手の前に出る勝負根性を見せていましたが、右手前に戻していた点は少し気になります。走りは幼いのですが、ルージュブラゾンを2馬身追走して併入という内容は評価できます。活気は十分です。

jamie

ルージュブラゾンとは遜色ない動きでした。ルージュブラゾンが4人気 16.6倍で、本馬が7人 23.3倍であることを考えると、馬券妙味を感じる1頭です。

8.リチュアルは、パワフルな馬体の馬です。クビの使い方に硬さは見られますが、前脚を大きく前に投げ出し、動き伸びやかです。併せた相手とは併入していました。時計はそれほど強調できませんが、動きは悪くありません。

1.ブラックボイスは、大きなフットワークで走る馬です。馬なりのまま、追う相手にハナ差先着していました。ただ動きにキレがなく、加速するまでに時間がかかりそうな印象を受けます。

jamie

土曜日の新馬戦に出走して3人5着だったアーサーズウィーク【B評価】 に対して外を回して、馬なりで併入という内容。トビの大きな馬ですが、テンに早そうな馬には思えず、最内枠も割引きたくなります。また、ルメール騎乗で過剰人気のようにも思えることから押さえ程度の扱いにしたいと思います。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人2.2倍B+3.アルナシーム
2人3.8倍B1.ブラックボイス
3人8.0倍B14.ブルーロワイヤル
4人16.8倍B9.ルージュブラゾン
4人16.8倍A13.ウインアウォード
6人17.7倍B8.リチュアル
7人22.5倍B11.マイネルシーマ―
8人28.7倍C12.アクティブバイオ
9人44.4倍B-2.ブラカー
10人45.5倍7.ノートルプロメス
11人51.0倍C5.タニノタビト
11人51.0倍B-10.インペリアルライン
13人107.8倍C4.ショーンヘイディ
14人111.0倍A6.ブルーシグナル
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日0:15)のものとなります。

12:25 小倉5R 芝1800m

出走馬8頭中、4頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

7.フィデル。素晴らしい馬がまた出てきました。バネ感たっぷりの走りで推進力ある走り。軽く促しただけでしたが、時計も優秀です。外は、古馬2勝クラスのジュンブルースカイでしたが、この馬がどれだけ追っても差されることがないと思わせる動き。余力十分に1馬身先着しました。走法からは、良馬場の方がパフォーマンスをあげそうで、今の時計の出る小倉の馬場なら無双しそうです。

その他注目馬

【B評価】とした残りの3頭は一長一短。人気のない方から買いたくなります。パドックを見て決めたいと思います。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人1.2倍A7.フィデル
2人6.1倍1.ダノンピーカブー
3人11.6倍B8.シゲルユキミザケ
4人17.8倍3.タイセイアンセム
5人20.5倍B6.オレハリョウタロー
6人29.8倍5.カシノジュピター
7人32.4倍B4.フクノラヴァル
8人36.3倍2.ブライトスノー
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日2:20)のものとなります。

12:35 福島5R 芝1800m

出走馬16頭中、8頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

7.ジェットグリッターは、軽めの内容でしたが、力みの少ない美しいフォーム。併せた相手は、古馬2勝クラスのサノマナ。入れ込み気味のこの馬相手に併入。リズムを崩すことなく集中して走れています。クビの使い方が上手で、フォームも伸びやか。目立つ馬ではないですが動き良く、高く評価したいです。

B+評価馬

2.ヴァランシエンヌの併せた相手は、ラジオNIKKEI賞で2番人気に推されているリッケンバッカーでした。1馬身先行から、半馬身差遅れましたが、相手に喰らい付く勝負根性を評価できます。全体時計は55.1秒と遅いため、過剰な評価は禁物ですが、ラスト1Fで1.1秒加速した脚力は評価できます。集中して真っ直ぐ走れていたことも加点要素です。

その他注目馬

9.プレンドクエストは、線が細く小柄な馬ですが、前脚で地面を掻き込みながら推進力ある走りができています。活気も十分です。ただ時計が遅いため、評価は据え置きました。とは言え、何か気になる1頭です。パドックに注目したいと思います。

13.ウインピクシスは、ゴールドシップ産駒らしく、キレはないもののスタミナがありそうです。一定のリズムで駆け、気分良さそうでしたが、可もなく不可もなくの印象。人気になるなら嫌ってみたい1頭です。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人3.2倍B13.ウインピクシス
2人5.2倍B+2.ヴァランシエンヌ
3人7.8倍C1.ナザレ
4人8.8倍B9.プレンドクエスト
5人9.7倍A7.ジェットグリッター
6人12.5倍B-3.ワープスピード
7人15.4倍10.ボーンディスウェイ
8人20.2倍B-15.アムルム
(中略)
14人58.2倍B-5.ナックメジャー
(以下、省略)
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日3:00)のものとなります。

12:55 小倉6R 芝1200m

出走馬12頭中、4頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

6.ショウナンマッハは、筋肉隆々でいかにも短距離馬の馬体。残り100mで手前を替えると、併せた相手を一瞬にして1馬身突き放す好内容。体幹しっかりの安定した重厚感たっぷりのフットワークです。

B+評価馬

人気を争う、もう1頭の10.ベヴィアーモも雰囲気あるフットワークでしたが、手前を上手く替えられなかった分、割り引きました。ですが、こちらも良い馬です。最終判断はパドックで決めたいと思います。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人2.2倍A6.ショウナンマッハ
2人3.0倍B+10.ベヴィアーモ
(中略)
6人17.9倍B-8.ブライトホルン
(中略)
12人64.7倍B-9.サンパティーク
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(土曜日3:20)のものとなります。

13:05 福島6R 芝1200m

出走馬14頭中、3頭の追い切り動画がありました。

A評価馬

10.ニシノレバンテは、前脚の上り方が他馬と一線を画します。あまり見たことない独特な前脚の使い方をする馬。少し入れ込み気味にも見えましたが、前向きな気性は短距離向きです。活気もあり四肢の可動域も十分です。内容は軽めでしたが、高く評価してみたいと思います。

jamie

このレースは人気が割れています。この馬の単勝オッズが本当に4.1倍なら妙味を感じます。

追い切り評価(まとめ)

人気オッズ評価馬名
1人4.1倍A10.ニシノレバンテ
2人4.6倍4.シゲルファンノユメ
3人6.1倍3.スピンオフ
4人6.9倍B-1.ミッキーハーモニー
5人9.3倍B-12.ルーチェディルーナ
(以下、省略)
注:人気とオッズは筆者記事執筆時間(金曜日3:30)のものとなります。

今週の重賞レース

CBC賞(G3)

あわせて読みたい
《2021》CBC賞【最終追い切り】調教
《2021》CBC賞【最終追い切り】調教2021年7月4日(日)に小倉競馬場で行われる『CBC賞(G3)芝1200m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は13頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り評...

ラジオNIKKEI賞(G3)

あわせて読みたい
《2021》ラジオNIKKEI賞【最終追い切り】調教
《2021》ラジオNIKKEI賞【最終追い切り】調教2021年7月4日(日)福島競馬場で行われる『ラジオNIKKEI賞(G3)芝1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い...
2021 POG21-22 新馬戦 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる