《2021》オーシャンS【最終追い切り】調教

2021 オーシャンS 追い切り 調教 評価

2021年3月6日(土)に中山競馬場で行われる『オーシャンS(G3)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • カイザーミノル
  • ナリタスターワン
目次

アイラブテーラー  54.0 【B】

栗東CW単走。G前軽仕掛け⑩

コーナーは一番深くラチ沿いを回り直線へ。直線向くと前に馬が4頭おり、外2頭と内2頭の間(馬場の7分どころ)に1頭分のスペースあり。その空いた1頭分のスペースを突いて4頭を交わし去ることができれば文句なしに高い評価を付けたのだが、馬群を突いて伸びてくることができない。走りに勢いはあったが前の4頭に1馬身差まで詰め寄ったところで少し脚色を緩め、馬群に突っ込むのを躊躇したようにも見えた。とおったコースを考えるとかなり早い時計が出ているものの、プラスには至らない。

アウィルアウェイ  54.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

この馬らしい前脚を放り出すな走りで序盤はキビキビと馬場の真ん中を登坂。ただラスト1Fで疲れをみせガクッと脚色がおとろえる。最後はバテバテとなり手前を戻して何とか登坂したという内容。この内容で時計は54.2-13.0秒。評価できない。

アストラエンブレム 56.0 【B+】

美浦坂路併せ。馬なり。

2頭併せの内。1馬身追走からコーナーを利して直線向いて半馬身差に詰める。ラスト1Fで右手前に替わると馬なりのまま3/4差先着。アタマを低く保ち、前肢をしっかり前になげだして走れている。毛艶もピカピカ。踏んだラップ13.0-12.5-12.7-12.8秒と減速し続けるラップではあったものの、鞍上は一切追っておらず、追えば加速ラップが踏める余力は感じた。プラスに評価してみたい。

jamie

この馬としては、近走の中ではもっとも良く見えます。

アルピニズム    56.0 【B+】

美浦坂路単走。G前強め。

左回りの美浦坂路のコーナーリングを綺麗に回って直線は馬場の真ん中へ。左回りのコーナリングがとても上手い。ピッチ走法の馬であることから、恐らく右回りも上手いことが想定される。アタマが高くクビの可動域も狭いのだが、それを補うだけの脚力を有している。とおったコースを考慮しても、全体時計51.2秒、ラスト2F時計24.0-12.0秒は優秀。活気も十分。高く評価したい。

jamie

1週前追い切り映像も確認できたが、こちらがまたもの凄い迫力。2週続けてしっかりと追ってきており陣営の勝負気配も感じます。

アンヴァル     54.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を登坂。終始顔を右に向けて走っており、斜に構えるフォームは大きく割り引き。右前脚の非力さを補うかのような走りにも見える。いずれにせよ本番でもこのフォームだと鞍上は思い切り追えない。時計も54.1-12.7秒と平凡。評価できない。

ヴィスターヴァルト 56.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。前を2馬身追走からコーナーで半馬身詰めて、直線向いて1馬身半差。手応えがあったのだろうか慌てて追うこともなく、自然なカタチで相手を半馬身交わして先着した。併せ馬ラクラク先着で、この馬自身の状態としては決して悪くはないと思うのだが…。ただ動きがスロー。キレ味がもの足りない。

エイティーンガール 54.0 【B+】

栗東芝単走。馬なり②

芝での最終追い切り。序盤は鶴クビ気味。気性をコントロールしつつコーナーの内目をタイトに回る。直線向いて早々に手前を替えると、鞍上が手綱を開放。徐々にスピードが上がり自然なカタチでトップスピードに。四肢の可動域が広く、クビと脚との連動性が素晴らしい。評価したい。

カレンモエ     54.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

ラスト2Fで大きな動きで手前を替えると、タンタンタンタンと音が聴こえてきそうな弾力性あるリズミカルなフットワーク。ラスト1Fで鞍上に肩を叩かれるとすばやく反応し、脚色をつよめ素晴らしい加速ラップを踏んだ。前後の肢がまっすぐ前にでる好フォームで脚元も力強い。高く評価したい。

キングハート    56.0 【B】

美浦坂路併せ。馬なり。

ラスト1Fからの映像だけだったが、馬は8歳にして元気いっぱい。毛艶よく、活気十分にラクな手応えで併せた相手にクビ差先着していた。マイナス評価にはしたくない動き。人気がないようなら確実に押さえたい。

コントラチェック  54.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑧

3頭併せの中。3頭馬体を併せて直線へ。内は相手にせず外の相手にアタマ差先着という内容。前脚は高くあがっているのだが、クビはほとんど使えておらず、前への推進力を感じない走り。評価しづらい。

ダイメイフジ    56.0 【B-】

栗東坂路併せ。一杯。

ラチ沿いを登坂。序盤は馬場の真ん中を走る相手を1馬身追走するカタチで馬体を離した併せ馬。残り300mくらいのところめい一杯に追って、ほぼ馬なりの相手と併入という内容。走りで大きな減点材料はないのだが、全体時計53.1秒、ラスト1Fめい一杯に追って0.4秒失速した点を割り引きたい。

ビアンフェ     56.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり④

1週前追い切りでほぼ仕上げてきたのか、最終追い切りは軽めの内容。馬場の真ん中あたりをゆったりと馬なりで駆けさせた。馬体の大きな馬でとくに前駆の発達がめざましい。動きはスローだったが重苦しくはなく、むしろ軽やか。トモの使い方が独特な馬で、弾力性としなやかさが半端ない。完調手前でもう1段の上の状態があるのは間違いなく、B評価と迷ったが、トモの使い方を評価し明示的にプラスとした。当日のパドックは必ずチェックしたい。

ヒロイックアゲン  54.0 【B-】

美浦坂路単走。馬なり。

ラチ沿いを単走で登坂。外ラチ沿いを走ったことを考えると時計は出ているが、完全馬なりだったとは言え、ラスト1Fで脚色が鈍り0.8秒失速した点は割り引き。キビキビとは動けているが、動きの伸びやかさはなくこじんまりとした動き。この馬については1週前追い切り映像もあったが、1週前は好時計でしっかりとした加速ラップが踏めていた点は伝えておきたい。動きの質は変わらずでこじんまりとした動きではあった。

ラヴィングアンサー 56.0 【B-】

栗東坂路単走。G前強め。

ラチ沿いを登坂。時計面では全体51.4秒。ラスト2F時計24.7-12.3秒。加速ラップも踏めており割り引く必要がなさそうに思えるも、アタマの位置が高く、動きに重々しさを感じる内容。加速ラップが踏めたのは、鞍上のムチを嫌がってのものであり、前向きな評価をしづらい内容。

出走が叶わなかった馬たち

グルーヴィット   56.0 【B】

栗東坂路単走。G前仕掛ける。

ラチ沿いを活気十分に登坂。全体時計51.8-12.3秒と好時計ではあるのだが、ラスト1Fから仕掛けて見せムチ使って追うも0.2秒の失速。走りに余裕はなく、途中で躓くシーンなどもあり、全体的にあまり見栄えの良い内容ではなかった。この馬の本調子ではないという見立て。評価は据え置いた。

スギノヴォルケーノ 56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

全体時計57.6秒と軽めの内容。手前を替えるのにスムーズさは欠いていたものの、鞍上の指示にしたがい手前を替えれた点は評価できる。馬なりのままゴールに向かって加速するラップが踏めているあたり状態面については問題なさそうだ。当日のパドックで要チェックの1頭だ。

jamie

1週前追い切りの映像はなかったのですが、栗東坂路51.3秒の好時計。ラスト2F時計も24.2-12.1。と高いレベルの加速ラップが踏めています。

今週開催のその他重賞レース

チューリップ賞(G3)

あわせて読みたい
《2021》チューリップ賞【最終追い切り】調教
《2021》チューリップ賞【最終追い切り】調教2021年3月6日(土)に阪神競馬場で行われる『チューリップ賞(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走馬は12頭。追い切り動画で確認できた11頭の追い切り評価...

弥生賞ディープインパクト記念(G2)

あわせて読みたい
《2021》弥生賞ディープインパクト記念【最終追い切り】調教
《2021》弥生賞ディープインパクト記念【最終追い切り】調教2021年3月7日(日)に中山競馬場で行われる『弥生賞ディープインパクト記念(G2)芝2000m』の最終追い切り評価となります。出走馬は10頭。追い切り動画で確認できた全頭...

先週のレースの振り返り

中山記念(G2)

あわせて読みたい
《2021》中山記念【評価結果】―レース回顧
《2021》中山記念【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた12頭に評価を付け高評価としたのは2頭。高評価馬が馬券に絡まず、マイナス評価馬の2頭が馬券...

阪急杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》阪急杯【評価結果】―レース回顧
《2021》阪急杯【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた13頭に評価を付け高評価としたのは4頭。うち2頭が馬券内。3強とされた馬の中から高評価とした...
2021 オーシャンS 追い切り 調教 評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる