《2021》阪急杯【評価結果】―レース回顧

2021 阪急杯 中山記念 追い切り 調教 評価結果 レース回顧
目次

追い切り評価の結果はいかに?

出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた13頭に評価を付け高評価としたのは4頭。うち2頭が馬券内。

3強とされた馬の中から高評価としたのはレシステンシア1頭のみ。3着ジャンダルムに【A】評価を付け、2着ミッキーブリランテもプラス評価に近いコメントを残していた。

少しは参考になった人がいたかも知れない。

着順馬名評価人気
1レシステンシアB+1
2ミッキーブリランテB10
3ジャンダルムA4
4インディチャンプB-3
5ダノンファンタジーB2
6メイショウチタンB-9
7ロードアクアC12
8ザイツィンガー13
9クリノガウディーB+7
10タマモメイトウ17
11コンパウンダー16
12メイケイダイハードB-11
13ブラックムーンC15
14メイショウキョウジ14
15カツジB+8
16ベストアクターB-5
17トラインB6

レース回顧

勝ち時計1:19.2秒はコースレコード。

ペースは、前半600mが34.0秒、後半600mが33.8秒。前後半差が0.2秒しかないミドルペースでレースが行われた。

このペースを作ったのは、レシステンシア(北村友)であった。

パドック

この日はパドックが見れなかったので省略する。

総評

筆者時間の都合上、簡単な回顧となることご了承ください。

例年開幕週で行われる本レースだが、今年は京都競馬場改修工事の影響もあり3週目。コースレコードとしての価値は高い。ただ、同舞台で行われた土曜日の最終レース(2勝クラス)でも1:20.0秒の時計が出ており、時計の出る馬場だった可能性はある。

勝ったレシステンシアは、ちまたでは「溜め逃げはダメだ。飛ばして逃げた方が良い。」と言われていたが、北村友騎手はそんな外野の声が気にせず(届いていないのかも知れないが)、ムリに行かせず自然にスピードの違いでハナに立つ競馬。

jamie

これに関しては、人それぞれかも知れませんが、個人的にはカッコ良いと思いました。

北村友勝利はジョッキーインタビューでも次のように述べていた。

  • 自分のリズムに徹しよう
  • 2番手でも良いと思っていた

「具合いの良さを感じていた」と語っており、自信をもって騎乗していたのだろう。後続に影を踏ませることなく2馬身差を付けての完勝であった。

2着ミッキーブリランテは、この枠からなら積極的に買うべき1頭であった。

3着ジャンダルムは、外枠13番からの競馬でスタートで押して押してポジションを取りに行き2番手。

レシステンシアと並んで最後の直線に入るも、最後は地力の違いで突き放されてしまった。

勝ち馬には少し能力差を見せつけられるカタチとなったが、2着馬ミッキーブリランテとは枠順が変われば、着順も変わっていたものと思われる。

4着インディチャンプは、福永騎手が「ラスト1Fで止まってしまいました。」とのこと。追い切り評価では「絶好の切り時」と酷評したが、やはり状態面は100%でなかったのかも知れない。

5着ダノンファンタジーは、好枠からのスタートも痛恨の出遅れ。川田騎手をもってしても5着がやっと。痛かった。

レシステンシアの次走は高松宮記念(G1)だろう。

北村友騎手は、G1でレシステンシアに騎乗したいだろうが、この日の前日3月27日(土)にクロノジェネシスでメイダンのドバイシーマクラシック(G1、芝2410メートル)に参戦することが決まっている。

また、北村友騎手は今週のオーシャンS(G3)で有力馬の1頭と目されるカレンモエに騎乗予定。この馬も勝つとなると…。

高松宮記念でレシステンシア、カレンモエら有力馬が、誰に乗り替わるのかについても注目したい。

しかし、北村友騎手が騎乗する馬質の向上が著しい。エージェントは誰なのだろうか。後で調べておきたい。

あわせて読みたい
《2021》中山記念【評価結果】―レース回顧
《2021》中山記念【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた12頭に評価を付け高評価としたのは2頭。高評価馬が馬券に絡まず、マイナス評価馬の2頭が馬券...
2021 阪急杯 中山記念 追い切り 調教 評価結果 レース回顧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる