《2021》日経賞【最終追い切り】調教

2021年3月27日(土)に中山競馬場で行われる『日経賞(G2)芝2500m(別定)』の最終追い切り評価となります。

出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アールスター    56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

馬の多い時間帯での追い切り。植え込み側を登坂するも前の馬を避けるため、スーッとラチ側にスライドしていく。一見斜行しているようにも見えるが、これはコントロールされたもの。そういった意味でコントールのしやすい馬とも言え、長距離戦においてこれはかなりプラス。ただ終始、顔を進行方向に対して右を向けて走っていた点は割り引き。とは言え、完全馬なりで気分良さそうに走れている。プラスに近い据え置き評価とする。

ウインキートス   53.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑨

コーナー深く回り直線へ。終始馬なりの軽めの内容ではあったが、ラスト1Fでは馬自らが脚の回転を強めて加速。時計はでていないものの毛艶はよく、動きはしなやか。調子は良さそう。斤量も魅力。何より体幹しっかりの安定したフォームを高く評価したい。

ウインマリリン   53.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑧

馬場の外目を低い姿勢の好フォームでキビキビと活気十分に走れてはいるのだが、少し線が細く見えるのが気になるところ。特にトモにボリュームがない点が気になり、そのせいかフットワークの力感も薄く感じる。ただ能力ある馬で動きも悪くなく、斤量面の恩恵はあるとは思うのだが…。評価は据え置いたが、当日の馬体重には気を払いたい。

オセアグレイト   57.0 【B】

美浦南W単走。馬なり⑦

軽めの内容。終始リラックスした状態で、馬場の7分どころを淡々と駆けた。アタマが若干高く感じるも、四肢の可動域広く、弾むようなフットワークで滞空時間の長い走り。長距離戦に向きそうなムダな力の少ないフットワークには好感が持てる。活気面で少し物足りなく感じるものの、長距離戦において寧ろ好ましいととるべきか。決してマイナスにはならない動きも、際立って良いというところもなく、評価は据え置いた。

カレンブーケドール 54.0 【B+】

美浦坂路併せ。馬なり。

いつもラスト1Fで失速する馬。今回も例にたがわずラスト1Fで0.8秒の失速。過去の追い切りを振り返っても、毎回この傾向あり。ただ併せた相手には必ず先着しており、今回もしっかりとクビ差先着。この馬についてはラスト1Fの減速は気にせず、併せ馬先着かどうかがポイント。動きは体幹しっかりの安定感あるフットワーク。クビと肢がまっすぐ前に出ることで、身体の重心が常に真ん中に置かれる走法は高く評価できる。また、この馬はどちらかと言えば、左手前が得意な馬という見立て。今回の中山の舞台は適正が高そう。リラックスした走りで余力も十分。高く評価したい。

jamie

なぜこれだけ能力の高い馬が、いつも坂路でラスト1F失速するのか?これは、この馬は気の優しいの仔で、相手に併せて走る傾向があるためかも知れません。これだけの実績がある馬で2着が多い(勝ち切れない)のもこの性格に依るものなのかも知れませんね。これはこの馬の追い切りを見てきた筆者の推測です。必ずしも正しい情報ではない可能性があることご了承ください。

ゴーフォザサミット 56.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。前を2馬身追走し、右回りのコーナーを不器用に回り、直線向いた時点で1馬身差。そこから馬なりのまま外の相手に追い付き併入という内容。直線でのフォームはさほど悪くないものの弾ける走りではなく、見栄えしない内容。軽めの内容であったとは言え、脚元の力感薄く評価しづらい。

サトノルークス   56.0 【B-】

栗東CW併せ。G前強め⑦

2頭併せの内。前を1馬身半追走から、コーナーをゆったりと回り直線へ。直線半ばから強めに追われるも、唸るような伸びではなくジリジリと伸びてクビ差先着。相手が動けていたこともあり伸びが目立たなかったとも言えるが、いつも沈む込みようにして走る馬が、今回はアタマが少し高め。前脚もこの馬本来の動きではなく、あまり調子が良さそうには思えない。明示的に評価を一つ落としてみた。

シークレットラン  56.0 【B-】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け⑥

2頭併せの内。大きな馬体の馬でトビの大きいフットワーク。ただアタマは少し高めで動きにキレはない。まだ完調手前か。追う相手に対して、クビ差先着も評価しづらい。

jamie

この走法では内を突く競馬は難しく、後ろから外を回しての競馬が想定される点も割り引きたいところです。

ジャコマル     56.0 【C】

栗東CW単走。G前一杯⑦

直線序盤は顔を左に向け走りに集中できておらず、鞍上に気合いを付けられてやっと前を向く。そこから鞍上にめい一杯追われるも、四肢の可動域狭くクビを使って走れていないため、思ったように伸びていない。伸びようとした際、手前を右手前に戻して(逆手前になり)伸びようとした点も割引。一方で馬体のハリ艶はよく見えるのだが…。総合的にみてもこの評価となる。

ダンビュライト   56.0 【B-】

栗東坂路併せ。馬なり。

ラチ沿いを登坂。内はインディチャンプ。併せた相手がインディチャンプだけにアタマ差遅れはさほど気にしなくても良いかも知れないが、この馬自身ラスト1Fで0.4秒失速しており、顔も終始内のインディチャンプの方を向いたまま。前走の京都記念では【A】を付けた馬だが、今回は評価しづらい。

ナイママ      56.0 【B-】

美浦南W単走。馬なり⑨

大きなフットワークで走る馬で、弾力性ある走りだが動きがスロー。コーナーを深く回りしっかりと負荷をかけてはいたが、ゴール近くでは、馬が走るのを止めていた。走りは悪くないものの活気が薄く、評価しづらい。

jamie

この馬もコーナー6回を回るこのコースではポジションが取れないと苦しい競馬を余儀なくされそうです。

ヒュミドール    56.0 【A】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑨

2頭併せの外。1馬身先行から内の相手がショートカット気味に入ってきたため並んで直線へ。内でめい一杯追う相手を軽く仕掛けて、瞬時に1馬身突き放す好内容。最後は僅かに緩めたようにも見えたが、相手を交わす際グッと伸びた一瞬の脚は素晴らしいものがあった。仕掛けてからの反応もよく、このギアチェンジ性能は魅力。余力十分で好仕上がり。高く評価したい。

ムイトオブリガード 56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前強め。

馬場の真ん中ややラチ側を登坂。ラスト2Fで左手前に替わるとグンと加速。アタマは高めも活気があり迫力ある動き。ラスト1Fで右手前に戻してからの走りがイマイチだったものの、苦しくなってから鞍上に軽くステッキを入れられ追われて踏ん張れた点は評価できる。1週前のCWでも併せた相手を2馬身突き放しており調子は悪くなさそう。1週前の動きを評価し、プラス評価としてみたい。

jamie

この馬はどちらかというと右手前に頼る走りで、中山の舞台では割り引きたくなりますが、人気落ちが見込まれるここは狙ってみても面白いかもしれません。

ラストドラフト   56.0 【B】

美浦南P併せ。馬なり④

2頭併せの内。2馬身追走から馬場の真ん中やや内目を入り直線へ。右回りのコーナリングは綺麗に馬体を倒してスピードを殺すことなく回れており上手い。直線でも馬の気分に任せて馬なりのまま駆けさせ、併せた外の相手にアタマ差先着。1週前のウッドチップコースでは動きが少し重く見えたが、最終追い切りではポリトラックということもあり素軽い動き。気分良さそうに駆けていた。ただコーナリングを除くとピリッとした動きはなく、評価は据え置いた。

ワールドプレミア  57.0 【B+】

栗東CW単走。G前仕掛け⑤

この馬らしい身体全身を使ったフットワーク。この馬特有のしなやかな動きは、肩関節や股関節をはじめとする各関節が柔らいことに起因しているのだろう。これは天性の才能だ。過去の追い切りと比較すると、今回時計は出ているものの少し力んで走っているようにも見える。またこの馬の癖なのかも知れないが、直線で伸びようとする時に、右手前に替わる癖がある。今回の最終追い切りでもその癖は見せており、今回の中山の舞台においてこれは割引。評価を一つ下げた。

jamie

個人的な意見となりますが、この馬の走法を見ているとパンパンの良馬場で、右回りの直線の長いコースで走らせた方が良いパフォーマンスを見せてくれるのでは考えています。東京コースは長期休養明けのジャパンカップの1度だけで、このレースは3冠馬3頭の豪華共演レース。状態も良くない中、少し差は付けられての6着ではありましたが頑張った方かなと。東京や中京に出てきたときは狙ってみたいと思います。

来週のレースも先取りしておこう

大阪杯(G1)

あわせて読みたい
《2021》大阪杯【1週前追い切り】調教
《2021》大阪杯【1週前追い切り】調教2021年4月4日(日)に阪神競馬場で行われる『大阪杯(G1)芝2000m(定量)』の1週前追い切り評価となります。出走登録は15頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り...

今週開催のその他重賞レース

毎日杯(G3)

あわせて読みたい
《2021》毎日杯【最終追い切り】調教
《2021》毎日杯【最終追い切り】調教2021年3月27日(土)に阪神競馬場で行われる『毎日杯(G3)芝1800m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は9頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価...

マーチS(G3)

あわせて読みたい
《2021》マーチS【最終追い切り】調教
《2021》マーチS【最終追い切り】調教2021年3月28日(日)に中山競馬場で行われる『マーチS(G3)ダ1800m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り...

高松宮記念(G1)

最終追い切り

あわせて読みたい
《2021》高松宮記念【最終追い切り】調教
《2021》高松宮記念【最終追い切り】調教2021年3月28日(日)に中京競馬場で行われる『高松宮記念(G1)芝1200m(定量)』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...

1週前追い切り

あわせて読みたい
《2021》高松宮記念【1週前追い切り】調教
《2021》高松宮記念【1週前追い切り】調教2021年3月28日(日)に中京競馬場で行われる『高松宮記念(G1)芝1200m(定量)』の1週前追い切り評価となります。【2021.03.25追記】『最終追い切り』の評価記事も公開...

先週のレースも振り返ろう

阪神大賞典(G2)

あわせて読みたい
《2021》阪神大賞典【評価結果】―レース回顧
《2021》阪神大賞典【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は13頭。追い切り動画で確認できた12頭に評価を付け高評価としたのは4頭。【A】評価馬が1着となり、人気薄の【B+】評価馬が3着...

スプリングS(G2)

あわせて読みたい
《2021》スプリングS【調教評価】―レース回顧
《2021》スプリングS【調教評価】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は15頭。追い切り動画で確認できた14頭に評価を付け高評価としたのは4頭。うち、2頭が馬券内に絡むもともに人気馬。人気馬のラ...

フラワーC(G3)

あわせて読みたい
《2021》フラワーC【評価結果】―レース回顧
《2021》フラワーC【評価結果】―レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた15頭に評価を付け高評価としたのは4頭。結果は【C】→【B+】→【B】。高評価馬が1頭馬券に絡む...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる