《2020》アルテミスS【評価結果】―レース回顧

2020 天皇賞秋 スワンS アルテミスS レース回顧 調教評価
目次

追い切り評価の結果はいかに?

jamieのファン

ラッキーライラック、リスグラシューも制した出世レース。どう評価した?

jamie

出走16頭中、【A】評価2頭、【B+】評価3頭の合計5頭に高評価馬し、高評価馬での馬券決着だったよ。

jamieのファン

でも、今回の高評価馬5頭はほとんど人気馬だったね。そして人気順どおりの1,2,3決着。穴馬に【A】が付いていればカッコ良かったけどね~。

jamie

そうだね、でも僕は人気を一切気にせず評価しているから、結果的に高評価馬が人気馬になったという感覚だね。それにしてもテンハッピーローズは思ったより人気したよね。馬券妙味はこの馬にあると思っていたのでこれは少し残念だったよ。

着順馬名評価人気
1ソダシA1
2ククナB+2
3テンハッピーローズA3
4ストゥーティB11
5クールキャットB+6
6ウインアグライアB+5
7シャドウファックスB12
8モリノカンナチャン10
9ユーバーレーベンB-4
10ヴァーチャリティ7
11ニシノリースB-14
12ミルウC13
13ペイシャフェスタB-15
14オレンジフィズB9
15タウゼントシェーンB-8
16ハイプリーステスD16

レース回顧

勝ち時計1:34.9秒は、過去8年の中央値1:34.4秒と比較するとやや遅い。

ペースは、前半800mが48.6秒、後半800mが46.3秒と、前後半差のラップが2秒以上あるスローペース。最後の瞬発力が要求されるレース展開であった。

このペースを作ったのは、オレンジフィズ(北村宏)であった。

パドック

この日は出先からだったがパドックを確認し、以下のようにtweetした。

1着 ソダシ

好スタートからハナを奪うかかと思うほどのスピード。テンの1Fは12.6秒でこれはソダシが踏んだもの。

2F目からは吉田隼が手綱を抑え、内のオレンジフィズを先に行かせる。

4角を2番手で回ってくると、馬なりのまま坂下(残り400mあたり)で前を行くオレンジフィズを捕らえると、そこからしっかり追って、10.9-11.9秒(ラスト2F 22.8秒)のラップを踏んで、後続を1馬身3/4差突き放しての快勝。

坂のある区間で最速ラップの10.9秒を計時しており、坂は得意と言って良いだろう。

上り3F時計は33.9秒で4位タイであった。

これで3戦3勝。前走の札幌2歳Sは前傾ラップのハイペース。タフなレース展開に強いことは証明していたが、今回は真逆のスローペースからの瞬発力勝負。上り最速の脚は繰り出せなかったものの、上り3F 33.9秒は立派。

展開が異なる2つのレースで強い勝ち方をした。阪神JFの最有力候補になるだろう。

そして、この馬は白毛。とても美しくカッコが良い。牝馬なのでエレガントというのが適切か。筆者は札幌2歳Sの追い切りで惚れてしまったが、今後はよりファンが増える馬になるだろう。密やかにこの馬の成長を見守りたい。

この馬の懸念点を上げるなら揉まれる競馬をしていないところ。かなりフットワークの大きな馬で、内で窮屈な競馬になったときにどうなるか?このような展開が想定されるケースにおいては危うい予感がしなくもない。

2着 ククナ

スタートは普通に出たが、序盤のスピードがなく、3角時点で後方4番手。

直線向いた時点で前が壁になっていたものの、残り2F~1F区間でのルメールの捌き方が見事。

追いながらスピードを加速させながら外に出す。

このような捌き方をする日本人ジョッキーはまだ少ない。他の騎手なら、この馬で2着に来れたかは疑問。

上手く捌いたとはいえラスト2F~1Fの区間で5頭分外に出すロスは大きかった。

この馬がしっかり追えたのは賞味ラスト1Fだけ。ラスト1F時点で先頭を走るソダシとは6馬身以上の差があったが、そこから推定10秒台の脚を使い5馬弱差詰めての2着。

少頭数で並んだ状態からヨーイドンをしたら、間違いなくソダシよりこの馬の方が早いだろう。

結果は2着で白毛で人気のソダシに隠れる形となっているが、このスローな展開を後方4番手から馬群を捌いて上り3F最速の33.4秒は高く評価すべき。

かなり強い競馬をしていた。

とは言え、この馬もテンの脚がなく、今後も終いに賭ける競馬が続きそう。

少頭数でのスローな展開が予想される時は是非狙ってみたい。

3着 テンハッピーローズ

スタートは上手くない。少し後手を踏む。

出たなりに中団外目を走り、最初のコーナー時点では前から4列目の外。

残り3F時点では2馬身前にソダシを捕らえてるも、坂下でグッと突き放される。

田辺騎手はラスト1Fに賭けていたのか、坂を上り切ってから本気で仕掛けるも、ソダシの脚色と同じ。

むしろ外のククナの脚色の方が目立つ形となり、見栄えの悪い3着となってしまった。

上り3F時計はソダシと同じ33.9秒(4位タイ)。

序盤~中盤にかけての位置取りは悪くなく、筆者としても「この位置からなら終い弾けてソダシを捕らえてくれるはず」と思っていたが、伸びが案外だった。

追い切りからは、もう少し弾けてくれそうな雰囲気はあったが…。

序盤~中盤にかけては少し外を回すぎたことがあるかも知れないが、上位2頭とは少し力差があると考えた方が良さそうだ。

その他の高評価馬について

5着 クールキャットについて

序盤から何度か他馬と接触し、終始馬群に囲まれるストレスのかかる競馬。ラスト2Fから追い出しを開始するも、上り3F時計34.0秒(8位)。最後に何とかウインアグライアを交わしてのものであった。

キレる脚はなく、先行してからしぶとく伸ばす競馬の方が合うかも知れない。

6着 ウインアグライア

最序盤からオレンジフィズとのハナ争い。結局ハナは譲り、ソダシを外に置く形で番手で控える競馬。スローの瞬発力勝負を上り3F時計34.4秒(11位タイ)。序盤のリードを活かしこの着順をキープした。

上り3F時計は11位ではあったものの、先行しての上り3F時計 34.4秒は立派な部類。最後の直線も脚が高く上りダイナミックに走れていた。

先行できる脚質は魅力で、条件戦に回ってきたら狙ってみたい馬ではある。

その他、今後の注目馬

8着 モリノカンナチャン

最後方から終いだけの競馬ではあがったが、上り3F時計は33.5秒(2位、1位のククナとの差は0.1秒差)。上りの脚だけなら重賞上位馬と全く引けを取らない。

直線も真っ直ぐ綺麗なフォームで走れており、1勝クラスは楽に突破できそうな馬。

名前等で人気を落とすようなら狙ってみたい。

あわせて読みたい
《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教
《2020》アルテミスS【最終追い切り】調教2020年10月31日(土)に東京競馬場で行われる『アルテミスS(G3)芝1600m』の最終追い切り評価となります。出走は16頭。追い切り動画で確認できた14頭の追い切り評価と...
2020 天皇賞秋 スワンS アルテミスS レース回顧 調教評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる