《2020》京成杯AH【評価結果】―レース回顧

2020 レース回顧 紫苑S 評価結果 追い切り評価
目次

追い切り評価の結果はいかに?

jamieのファン

jamie、いよいよ秋競馬のスタートやね。京成杯AHはどうやった?

jamie

追い切り動画で確認できたのは出走16頭中、14頭。【A】評価1頭、【B+】評価4頭だったよ。馬券内に来たのはスマイルカナ【B+】のみ。人気の1頭であまり参考になる結果ではなかったかも知れないね。

jamieのファン

でも【A】評価で人気薄のジャンダルムが4着やったやん!

jamie

よくぞ気づいてくれた!!競馬にタラレバはないのを承知であえて言わせてもらえば、トロワゼトワルが馬券外に飛んでくれていれば、鬼のような配当をGETできてただけに個人的には超残念だったよ。後で述べるが、パドックでボンセルヴィーソを拾えていたんだよね~。

着順馬名評価人気
1トロワゼトワルB4
2スマイルカナB+3
3ボンセルヴィーソ13
4ジャンダルムA11
5シゲルピンクダイヤB-5
6アルーシャ7
7ストーミーシーB9
8エントシャイデンB+12
9アストラエンブレムB+15
10アンドラステB+1
11ミッキーブリランテB-8
12アフランシールB10
13ラセットB6
14スイープセレリタスB-14
15メイケイダイハードB-16
16ルフトシュトロームB2

レース回顧

勝ったトロワゼトワルは、このレース2連覇。昨年に引き続き横山典騎手の手綱に導かれ重賞2勝目を飾った。

また本馬はこの勝利でサマーマイルシリーズ2020の王者となった。ハナ差で敗れたスマイルカナも、勝てばサマーマイルシリーズ2020王者だっただけに、スマイルカナ陣営にとってはとても大きなハナ差の敗戦となってしまった。

トロワゼトワルを管理する安田隆行厩舎は、同レースが行われる10分前に、中京競馬場で行われたダノンスマッシュでもGⅡ勝利をあげており、本レースでの勝利、サマーマイルシリーズの優勝賞金(厩舎関係者分の600万円)等も含めると、この日だけで一気に約2000万円以上の賞金を得ており、厩舎関係者にとって最高にハッピーな一日になったものと思われる。

勝ち時計1:33.9秒は、過去10年でもっとも遅い。開幕週のパンパンの馬場で行われる本レースは毎年好時計が連発するレース。金曜日から断続的に降った雨の影響があったかも知れない。ただ当日の馬場コンディションは良であった。

ペースは前半800mが46.7秒、後半800mが47.2秒。前後半のラップ差0.5秒の前傾ラップ。ペース表記はミドルペースだろう。前半1000m通過は58.3秒だった。

このペースを作ったのは、スマイルカナ(柴田大知)だった。

1着馬 トロワゼトワルについて

スタートを普通に出るも、内のボンセルヴィーソ、ジャンダルムのダッシュが良い。このままハナを奪えず3番手に落ち着くかなと思った矢先、スマイルカナがスーッとハナを主張。

これを契機に1角~2角で、本馬もスマイルカナに負けじと位置をあげ、スマイルカナの直後の2番手に付ける。

最後の直線は懸命に前のスマイルカナを追いかけ、上り3F時計9位タイとなる35.3秒の脚で差し切り、大きいハナ差の勝利を遂げた。

2着馬 スマイルカナについて

スタートで左に大きくヨレたものの、その後はスピードの違いで何とか1角を先頭で入る。

その後も終始先頭を走るも、ラスト50mくらいで脚色が鈍り、トロワゼトワルにハナ差差されて、悔しい2着となってしまった。このレースを見ていたレース関係者の悔しさは相当なものだっただろう。

この馬の上り3F時計は、メンバー中12位タイの35.6秒。中山マイルがいかに前有利なコースであるかを物語る。

3歳牝馬で52㎏の恵まれたハンデだったとは言え、最後までよく頑張っており、スタートが悪く最序盤でかなり脚を使ったこと、枠順がもう少し内であれば、1着になっていた可能性は高かっただろう。

スタートと枠順に泣かされた。

3着馬 ボンセルヴィーソについて

好スタートから思った以上にスマイルカナとトロワゼトワルが来なかったためハナを主張しに行くも、1角の緩いコーナーを利用して外からスマイルカナが飛んできてスピードの違いでハナを主張される。

その後は終始インの3番手絶好位を進み直線へ。

自然な形で内から3列目に出し、上り3F時計4位タイとなる35.2秒の脚で前の2頭を追うも、2着スマイルカナにハナ差及ぼすの3着。

13番人気の人気薄ながら、好枠を引いた前に行きそうな馬であり枠順発表を見た時から気になっていた。当日のパドック気配も良かった。こういう調子の良い馬の追い切り映像は是非動画で確認させて欲しいものだ。

https://twitter.com/jamielyeen/status/1304250401252872194

これは個人的な事情だが、毎度必ずパドックが見れる訳ではない。今回はパドックが見れたから良かったものの、パドックが見れない日は、筆者がボンセルヴィーソの馬券が買うことができない。今回はラッキーだった。

4着馬 ジャンダルムについて

最序盤は好スタートからスマイルカナ、トロワゼトワル、ボンセルヴィーソに続く4番手、絶好位からの競馬。

向こう正面~4角にかけて、外からアストラエンブレム(横山武史)がプレッシャーをかけてきたため、かなりストレスのかかる競馬に。

更に4角で内のシゲルピンクダイヤと馬体がぶつかる不利があり、これで少し置いて行かれてしまう。

追い出しを開始したのは直線向いた残り300mだけ。この時点で前との差は4馬身、直線でも前にボンセルヴィーソがいて、真っ直ぐ走ることができず、斜めに進路を取らざるを得ない形に。

上り3F時計は35.3秒(9位タイ)だが、この馬については脚を余した形の敗戦であったと思われる。

これもタラレバとなるが、横山武史のアストラエンブレムが外にいなければ馬券内はあったかも知れない…。

あわせて読みたい
《2020》京成杯AH【最終追い切り】調教
《2020》京成杯AH【最終追い切り】調教2020年9月13日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走が確定した16頭中、追い切り動画で確認できた14頭...
あわせて読みたい
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教
《2020》京成杯AH【1週前追い切り】調教2020年9月13日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。出走登録19頭中、動画で確認できた6頭の追い切り評価...
2020 レース回顧 紫苑S 評価結果 追い切り評価

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる