《2020》オールカマー【1週前追い切り】調教

2020 オールカマー 追い切り 調教

2020年9月27日(日)に中山競馬場で行われる『産経賞オールカマー(G2)芝2200m(別定)』の1週前追い切り評価となります。出走登録は10頭。追い切り動画で確認できた8頭の追い切り評価となります。

以下の2頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • アウトライアーズ
  • ジェネラーレウーノ
目次

オウケンムーン 【B-】

美浦坂路併せ。馬なり。

併せた相手は同レースに出走予定のカレンブーケドール。コーナーを逆手前で入り、直線でも手前を替えたためまた逆手前。これは割引。前脚の着地点が近い走法も体幹はしっかりしており安定して真っ直ぐ走れている。併せたカレンブーケドールに余力十分にアタマ差先着は評価したくなるが、アタマは高めでラスト1Fで0.4秒失速しており評価しづらい。

カレンブーケドール 【C】

美浦坂路併せ。強め。

併せた相手は同レースに出走予定のオウケンムーン。強めに追ってアタマ差遅れの内容は評価できない。人気になるならなおのことだ。馬体に幅があり、アタマの位置も押さえが効いており重厚感ある安定したフォームだが、動きがスローで追ってからの反応も薄く、何より馬から覇気を感じない。オウケンムーンの鞍上に大丈夫かと言わんばかりに振り向かれ、心配される内容であった。最終追い切りでどのような動きを見せてくるか最注目したい。

クレッシェンドラヴ 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑦

直線、併せた相手に対して、右手前でひっぱり1馬身前に出たが、そこから左手前に替わるとフッと力が抜けたような走りとなり失速。追う相手に追い付かれそうになるも再び盛り返し、何とか併入という内容。時計も遅く評価しづらい。

サンアップルトン 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。外は1勝クラスのアイブランコ。この馬相手にコーナーワークで1馬身前に出るも、その後追われた相手に追い付かれ最後は併入という内容。終始馬なりの軽めの内容であったとは言え、クビと脚の可動域が狭く前に推進していかない走りで、脚元も非力な印象。

アイブランコは、9/19(土)の汐留特別(1勝クラス)に出走し4番人気で9着。

ステイフーリッシュ 【C】

栗東CW併せ。G前強め⑩

3頭併せの外。中は神戸新聞杯に出走予定で無敗のダービー馬コントレイル。4馬身前を行きながら、直線で馬なりのままのコントレイルにあっさり交わされてしまう。抵抗する余地がないほどあっさりと。その後手前を替えるも、四肢の可動域が狭くなり、走りの力感も薄まった。既に走る気力がないようにも見えた。流石に相手が悪かったが、この馬自身の闘争心にも不満を感じる内容。評価できない。

センテリュオ 【B】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

埒沿いを淡々と登坂。序盤手前を替えた際、若干左にヨレた点は割引も許容範囲。全体時計が遅く軽めの内容もしっかりとした加速ラップが踏めている点は評価できる。最終追い切りにも注目したい。

フィエールマン 【B+】

美浦南W併せ。馬なり⑥

3頭併せの内。コーナーワークで直線並ぶと、外の馬は相手にせず、中の相手との併せ馬の形に。ラスト1Fから懸命に追う相手に対し、馬なりのまま抜かせることなくクビ差先着した点は評価できる。通ったコースはやや内目も時計も良く、この馬らしい重心の低い沈み込むようなフォームも健在。ただ、少し活気が物足りない。

ミッキースワロー 【B+】

美浦南W併せ。馬なり③

離れた形の併せ馬。内目を通り、いつものごとくアタマが高めではあったが、長い距離を早いラップで走れている。四肢の可動域は広く、この馬らしい力強い走りができている。この馬についても、もう少し活気は欲しいが。

今週開催のその他重賞レース

あわせて読みたい
《2020》神戸新聞杯【1週前追い切り】調教
《2020》神戸新聞杯【1週前追い切り】調教2020年9月27日(日)に中京競馬場で行われる『神戸新聞杯(G2)芝2200m』の1週前追い切り評価となります。出走登録は18頭。追い切り動画で確認できた8頭の追い切り評価...
2020 オールカマー 追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる