《2020》関屋記念【最終追い切り】調教

2020年8月16日(日)に新潟競馬場で行われる『関屋記念(G3)芝1600m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走登録は18頭。水曜日時点で動画で確認できた15頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • プロディガルサン
  • ペプチドバンブー
  • メイショウグロッケ

明日以降、追い切り動画アップされるようなら記事に追記いたします。

目次

アストラエンブレム 56.0 【C】

美浦坂路併せ。馬なり。

3頭での併せ馬。この馬は埒沿いを登坂。ラスト1Fで右手前に替えると急速にスピードダウン。時計は54.9-14.2秒。とても褒められたものではない。動きもとても緩慢。

【1週前追い切り B−】

アンドラステ 54.0 【B+】

栗東CW単走。馬なり⑩

直線半ばからの映像しか無かったが、四肢の可動域が広く、伸びやかな走り。クビの角度も良く、尾も綺麗に流れている。最後に右手前を戻したが極めてスムーズ。この舞台においては寧ろ好ましくさえ思える。

【1週前追い切り B】

エントシャイデン 56.0 【B−】

栗東CW単走。馬なり⑩

直線で顔を左に向け、埒を頼るように走った点は割引き。右手前に勝る走法で、左手前にスムーズに切り替えることが出来なかった点も割引き。左手前時における前脚の伸びやかさも物足りない。最後も僅かに失速していた。

【1週前追い切り B−】

クリノガウディー 56.0 【B+】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

全体時計53.4-11.7秒はこの馬にしては遅いが、1週前の51.1-12.4秒より内容は遥かに上。この馬特有の弾むようなフットワーク。クビを上手に使って推進力を損ねない走りが出来ている。本当に良い頃に比べると若干の物足りなさは感じるも、ここに向けてしっかりと仕上げて来た。

【1週前追い切り B−】

グルーヴィット 56.0 【A】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中を完全馬なりで51.0-11.8秒の猛時計。チップを蹴る量からも脚元の力強さが十分に伝わってくる。フォームも安定し活気も十分。2週続けて素晴らしい動き。文句なしのA評価だ。

【1週前追い切り A】

サトノアーサー 56.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

1週前に早い時計を出しており、最終追い切りは軽めの調整。内容が軽いため見栄えはしないが、頭が上がりすぎないように押さえを効かせて真っ直ぐ走れている。1週前同様、右手前1本で登坂。もう少し活気があった方が良かったが…。

【1週前追い切り B+】

ジャンダルム 57.0 【B】

栗東坂路単走。馬なり。

1週前追い切りでは、コースでびっしり追って、小倉記念で人気が予想されるサトノルークスを子供扱い。それもあってか、最終追い切りは坂路で流しただけの内容。全体時計56.0-12.8秒と内容が軽過ぎるため評価不能のD評価とするか迷ったが据え置き評価とした。1週前と比べて大人しく見えた点は気になるところ。

【1週前追い切り B+】

トロワゼトワル 54.0 【B】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

頭は高めも、脚を高く上げ活気ある走り。ラスト1Fから鞍上に仕掛けられ加速ラップを維持。最後に手前を替えた点は割引きで、動き・フォームの観点ではマイナスなのだが、脚元の力強さと活気面は十分プラス。評価は据え置いた。

【1週前追い切り B】

ドーヴァー 57.0 【B−】

美浦南W単走。G前追う⑩

外を回り、全体時計は80秒台前半はかなり優秀な時計も、ラスト4目以降は減速ラップとなったのは割引き。最後の直線では前脚の出が悪くなり、手前を替える余力すらないほどバテていた。時計だけでみると評価したくなるが、映像を見ると買えない馬だ。

【1週前追い切り 映像なし】

ハーレムライン 54.0 【B−】

美浦坂路併せ。馬なり。

終始舌を出して登坂。併せた中外の相手にクビ差遅れ。手前を替えることなく登坂した点も割引き。活気も物足りず本調子には思えない。

【1週前追い切り 映像なし】

ブラックムーン 56.0 【B−】

栗東CW単走。馬なり⑨

四肢の可動域は狭く、平凡な走り。活気も不足しており、身体も重く感じる。

【1週前追い切り 映像なし】

プリモシーン 56.0 【B+】

美浦南W併せ。G前軽仕掛け④

2頭併せの外。直線、1馬身前を行く相手を射程圏に捉えからの動きは迫力十分。能力の違いを感じる動きで相手を半馬身交わし先着した。気になるのは気性面。追い出す前からアタマを振る仕草を見せており、相手を交わした後に追われるのを嫌がっていた。とは言え、動きの質はこのメンバーの中では一枚上。相手を交わしに行った時の動きは評価せざるを得ない。

【1週前追い切り B−】

ミッキーブリランテ 56.0 【B−】

栗東坂路単走。強め。

ピッチ走法でキビキビとした動き。この馬なりに一生懸命走れているが、強めに追った割には前への推進力に欠ける内容。全体時計57.1秒で、終いこの動きでは評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

ミラアイトーン 56.0 【B】

美浦坂路単走。馬なり。

胸元に発汗が見られるも、全体時計は51.1秒と好時計。ただラスト1Fは12.8秒と0.7秒の減速。これは割引き。ただ苦しくなってからも最後までしっかりと駆けた点は評価できる。時計は優秀でフォームも悪くない。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

メイケイダイハード 56.0 【B】

栗東坂路単走。G前軽仕掛け。

1週前追い切りが酷かったが、最終追い切りはそこそこの時計で綺麗な加速ラップ。立て直してきた。ここを勝てばサマーマイルチャンピオンが確定するため、当然と言えば当然の仕上げか。首筋から胸元にかけ激しい発汗が見られた点は割引きも、ラスト1F辺りでの鞍上の仕掛けに反応し伸びた点は評価できる。

【1週前追い切り C】

あわせて読みたい
《2020》関屋記念【調教評価】-レース回顧
《2020》関屋記念【調教評価】-レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】着順馬名評価人気1サトノアーサーB42トロワゼトワルB83アンドラステB+14ミッキーブリランテB-95ミラアイトーンB106エントシャイデンB-...
あわせて読みたい
《2020》関屋記念【1週前追い切り】調教
《2020》関屋記念【1週前追い切り】調教2020年8月16日(日)に新潟競馬場で行われる『関屋記念(G3)芝1600m(別定)』の1週前追い切り評価となります。登録は18頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り評...
あわせて読みたい
《2020》小倉記念【最終追い切り】調教
《2020》小倉記念【最終追い切り】調教2020年8月16日(日)に小倉競馬場で行われる『小倉記念(G3)芝2000(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走登録は17頭。本記事は水曜日時点で、追い切り動画で...
あわせて読みたい
《2020》小倉記念【1週前追い切り】調教
《2020》小倉記念【1週前追い切り】調教2020年8月16日(日)に阪神競馬場で行われる『小倉記念(G3)芝2000m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。登録は17頭。追い切り動画で確認できた5頭の追い切り...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる