《2020》小倉記念【1週前追い切り】調教

2020年8月16日(日)に阪神競馬場で行われる『小倉記念(G3)芝2000m(ハンデ)』の1週前追い切り評価となります。登録は17頭。追い切り動画で確認できた5頭の追い切り評価となります。

目次

サトノガーネット 55.0 【B+】

栗東CW併せ。G前強め⑩

2頭併せの外。併せた相手は関屋記念に出走予定のエントシャイデン。コーナーを深く回り直線へ。クビの角度が良く、低い姿勢を終始保ち、推進力十分の走り。この推進力を産み出しているのが、後脚の可動域と回転力。適した表現かはさておき、チーターのような動き。左手前時の走りにおいて、前脚が上がらなくなった点が気になり、評価は一つ落とした。

サトノルークス 56.0 【B−】

栗東CW併せ。G前一杯⑦

3頭併せの中。内の相手は関屋記念に出走予定のジャンダルム。直線向いた時点でジャンダルムに対して半馬身先行した状態。直線半ばで並びかけられると、軽く仕掛けられて1馬身突き放されてしまった。この馬自身も決して悪い動きではないのだが、相手がかなり動けており見栄えの悪い内容。一杯に追ったにも関わらず、突き放されてしまった点でやはり評価しづらい。

タニノフランケル 55.0 【B】

栗東CW併せ。G前軽仕掛け⑨

3頭併せの中。3頭並んで直線へ。アタマの位置が安定せず、推進力を上に逃す完歩も多く見られるも、ラスト1Fで右手前に替えるとグンと加速し、内の馬に対して1馬身半、外の馬にも1馬身先着した。発汗が目立ち、左手前時の走りは窮屈そうに見えた点は割引きも活気は十分。据え置いた。

ランブリングアレー 53.0 【B+】

栗東CW単走。G前仕掛け④

馬場の真ん中やや内目を回ったとは言え、なかなか見ることの無い好時計。四肢の可動域は狭めも、身体全身をバランス良く使って、推進力ある走りが出来ている。A評価でも良かったが、終始右手前で走った点を割引き、一つ評価を下げた。ハンデはやや見込まれた感じもするが、この動きを見るとある意味納得。最終追い切りにも注目したい1頭。

ロードクエスト  57.0 【B−】

栗東坂路単走。馬なり。

クビの可動域が狭く、クビを上手に使えていない。前脚の捌きが固く、アタマも高め。手前を替えるチャンスはあったが、替えなかったというより、替えられなかったという表現が正しいも知れない。これも割引。馬なりで加速ラップは踏めているものの、時計は遅め。評価しづらい。

あわせて読みたい
《2020》関屋記念【1週前追い切り】調教
《2020》関屋記念【1週前追い切り】調教2020年8月16日(日)に新潟競馬場で行われる『関屋記念(G3)芝1600m(別定)』の1週前追い切り評価となります。登録は18頭。追い切り動画で確認できた10頭の追い切り評...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる