《2020》クイーンS【最終追い切り】調教

クイーンS1週前追い切り

2020年8月2日(日)に札幌競馬場で行われる『クイーンS(G3)芝1800m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は14頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。

目次

アロハリリー 55.0 【B】

札幌芝単走。馬なり⑤

単走で馬場の真ん中を流しただけの軽い調整内容。ただ馬はリラックスして気分良さそう。調子は悪くないだろう。流しただけなので四肢の可動域は狭いが、フォームは安定。評価は据え置く。

【1週前追い切り 映像なし】

オールフォーラヴ 55.0 【B−】

札幌芝併せ。G前強め⑦

2頭併せの外。直線向いて手前を替える際、頭を上げてクビを振り、少し気の悪いところを見せたのは割引。ラップも綺麗な加速ラップは踏めていない。好時計で、強めに追って併せた相手に1馬身先着も、前脚出は悪く、評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

カリビアンゴールド 55.0 【B】

札幌芝単走。馬なり⑧

綺麗な加速ラップを踏み、軽やかに走れている。四肢の可動はそれほど広くないものの、前後脚のスナップが効いた良い走り。首の角度も良い。ただ走りの力強さに欠ける。

【1週前追い切り 映像なし】

コントラチェック 55.0 【B】

札幌芝併せ。馬なり⑦

2頭併せの外。1馬身前を追走し、直線で手前を替えてジワっと加速。直線半ばで並びかけてからはダイナミックな動きでアタマ差先着。四肢の大きく広げ、スケールの大きさな走り。併せた相手を突き放すことができない辺りまだ完調手前かもだが、このメンバーに入ると動きの質はかなり上質。

【1週前追い切り B−】

サムシングジャスト 55.0 【B−】

札幌芝単走。馬なり④

5Fの全体時計はかなり優秀。これはテンから12秒台前半のラップで入ったため。序盤飛ばしたためか、ラスト1Fは大きく失速。脚元もスローで評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

シャドウディーヴァ   55.0 【B】

札幌ダ併せ。馬なり④

2頭併せの内。手前を替えなかった点は割引も脚は高く上がり、活気十分に走れている。プラスとするか迷ったが、前脚の出が若干不満。据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

スカーレットカラー 56.0 【B】

札幌芝併せ。馬なり⑥

2頭併せの外。直線向いて2馬身前を行く相手にスッと並びかけると、馬自ら脚の回転を上げ半馬身前に。そこから緩めたため追う相手と併入。頭は若干高めも、推進力は損ねない走り。尾の流れ方がとても美しい。調子が良い時はもっと唸るような走りをする馬。今回の内容だとこの評価となる。

【1週前追い切り B】

タガノアスワド 55.0 【B】

札幌芝単走。馬なり⑧

この馬も好時計。低い姿勢を保ち軽やかに走れてはいるが、前脚の出が悪く走りの力感が物足りない。評価は据え置いた。

【1週前追い切り 映像なし】

ナルハヤ 55.0 【C】

札幌芝単走。馬なり⑧

動きにメリハリがなく短調な走り。四肢の可動も狭く、直線で右手前に戻した点も割引。ラスト1Fは失速しており、評価できない。

【1週前追い切り 映像なし】

ビーチサンバ 55.0【B】

札幌芝併せ。G前軽く追う⑧

2頭併せの外。併せた相手は同レースに出走するレッドアネモス。コーナーで1馬身先行の状態から直線並びかけられてから軽く追って併入という内容。低い姿勢で前脚を前に大きく投げ出して走るこの馬独特の走法は健在。ただ良い頃の迫力にはまだ無い。この馬の調子としては万全ではないと判断したい。

【1週前追い切り 映像なし】

フェアリーポルカ 56.0 【B+】

札幌芝併せ。馬なり⑦

3頭併せの外。追う内の馬は相手にせず、軽く追った中の相手にクビ差先着という内容。完全馬なりで余力十分。時計も出ており、綺麗な加速ラップも踏めている。身体の使い方が上手く走りのバランスも良い。手前を替えるのが早かった分、一つ評価を下げた。

【1週前追い切り 映像なし】

モルフェオルフェ 55.0 【A】

栗東芝単走。馬なり⑧

ピッチ走法の馬。キビキビとした動きではあるが、四肢をしっかり広げて大きく走れている。所々推進力を上に逃す完歩が見られるも、これは許容範囲。1週前追い切りでも良い動きをしており、そこでの活気はすざまじかった。好調であるのは疑う余地がない。距離が持つかはさておき、高く評価したい。

【1週前追い切り B+】

リープフラウミルヒ 55.0 【B−】

札幌芝単走。馬なり⑦

安定して走れてはいるが、頭の位置が高く、推進力を上に逃す走りになっている点は割引。踏んだラップもかなりチグハグ。評価しづらい。

【1週前追い切り 映像なし】

レッドアネモス 55.0 【B+】

札幌芝併せ。馬なり⑦

2頭併せの内。併せた相手は同レースに出走するビーチサンバ。1馬身前を行くビーチサンバを並びかけ、追うビーチサンバ相手に、馬なりのまま抜かせなかった勝負根性を高く評価したい。余力はさほど感じなかったものの時計も良い。プラスに評価してみたい。

【1週前追い切り 映像なし】

あわせて読みたい
《2020》クイーンS【評価結果】-レース回顧
《2020》クイーンS【評価結果】-レース回顧【追い切り評価の結果はいかに?】jamie、今週はどうやった?14頭中、3頭を高評価。高評価馬の内の1頭(11番人気)が馬券内に来たよ!先週も人気薄拾ってたし、今週も人...
クイーンS1週前追い切り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる