《2020》トヨタ賞中京記念【評価結果】-レース回顧

中京調教評価結果
目次

追い切り評価の結果はいかに?

よー、jamie。元気ないやん。

A評価馬がまったくダメでね。

まー、競馬は追い切りや調教だけじゃないからな。いつか調子の良い馬で決まることもあるだろうから、頑張りーや。

せやな。君誰か知らんけど、以外と優しいんやな。。。

着順馬名評価人気
1メイケイダイハードB-18
2ラセットB6
3エントシャイデンB9
4ケイアイノーテックB+3
5ミッキーブリランテB+7
6ギルデッドミラーB1
7ソーグリッタリングB+2
8ストーミーシーC11
9ディメンシオンB10
10ブラックムーンB-15
11ロードクエストB-12
12リバティハイツA13
13ハッピーアワーB-17
14プリンスリターンA5
15ペプチドバンブーB-16
16レッドレグナントB14
17トロワゼトワルB4
18ベステンダンクC8

レース回顧

京都競馬場の改修の影響で、阪神競馬場での代替開催となった今年の中京記念。勝ち時計1:32.7秒が早いか遅いかについては、過去に例がないため正確な情報を伝えることはできないが、約1ヵ月前に行われた米子Sと同タイム。梅雨で傷んだ馬場を考えると早いタイムではなかろうか。

レースラップは、前半800mが45.8秒、後半800mが46.9秒のハイペース。前半1000m通過は57.5秒と早かった。このペースを作ったのはトロワゼトワルと、リバティハイツ。この2頭が序盤競り合ったことでペースが速くなった。このペースに付き合った先行馬には厳しい展開となった。

1着 メイケイダイハードについて

道中は中段の外目を追走し、残り600mから坂の下りを利用し先団に取りつくと上がり4位タイの34.8秒の脚で抜け出し勝利。スタートは若干不利を受けてはいたが、ハイペースの中、最も良いポジションにつけ、最もスムーズな競馬をした馬だった。

調教評価の振り返り

近走凡走続きで、前走はダート。これが理由で最低人気となる18番人気となっていた馬であったが、調教では動けていた。この馬に【B-】しか付けれなかったのは調教を見る立場としては反省すべき点かも知れない。

この馬が栗東坂路で叩き出した時計は、全体時計51.2秒。ラスト2F時計は24.3-12.3秒。とかなり優秀なものであった。これを木曜日馬場ということで時計を無視して動きだけで判定してしまったことが反省点。普通に考えて優秀な時計ではあり、人気を考慮すると押えて然るべき馬だったかもしれない。

2着 ラセットについて

道中は後ろから2番目の位置。そこから唯一次元の違う33.9秒の脚を繰り出しての2着。勝ち馬との着差はクビ差(0.1秒差)。残り100mを切った最後の最後で流石に疲れたか…大きく左にヨレてしまったのが勿体なかった。これが無ければ勝っていたかも知れない。とは言え、これで米子Sの2着と合わせてサマーマイルシリーズで2着2回の9pt。戦略的にサマーマイルチャンピオンを狙える位置につけた。今後の関谷記念、京成杯AHでも注目したい。

3着 エントシャイデンについて

大外枠から早々に内に進路を取る。川須騎手は意識的に内に進路を求めており、最後も内を突く気であったと思われる。道中は内目の12番手を追走。最後の直線はかなり狭いところに突っ込む形に。ラスト100mで、バテて右に斜行してきたリバティハイツとソーグリッタリングとの間に挟まれ減速止む無しの状態に。このロスがなければ、もう1つ、2つ着順が上だった可能性はあった。

【エントシャイデン】馬群を苦にしない馬。調教では右手前に勝る走法で右回り適正が疑問であったが問題なし。

4着~8着馬について

4着 ケイアイノーテックは、道中はエントシャイデンと同じ位置。一番外を回し、上がり2位タイの34.7秒の脚を使って追い込むも届かずの4着。結果的に外を回しすぎた。

5着 ミッキーブリランテ、6着 ギルデッドミラー、7着 ソーグリッタリング、8着 ストーミーシーは、このハイペースを前目で追走し、粘り込んでの着順であり強さを示した形。ハンデも適切だったものと思われる。

A評価馬の凡走について

プリンスリターンについて

スタートを決めて、道中は前から6.7番手を追走。ペースが速かったこともあり序盤でかなり脚を使った形。直線向いた時点で脚は無く、最後はバテバテの14着。調教が良かったのは信じたい。ハイペースを追走して勝ち切るだけの能力がまだ無かったということか。52㎏のハンデでこれでは能力的に足りないと見るのが妥当だろう。

リバティハイツについて

序盤から出していき、リバティハイツと競る形に。前半600mは34.0秒とかなり長い間全力疾走していたことになる。トロワゼトワルは4角早々に脱落するも、この馬は坂の途中まで、馬券内に残ってくれるかも!という期待を抱かせてくれた。調子は良かったのだろう。最後は流石にバテてヨレてしまい、エントシャイデンの邪魔をする形となったが、西村淳騎手は最後まで追ってくれていた。

あわせて読みたい
《2020》トヨタ賞中京記念【最終追い切り評価】調教
《2020》トヨタ賞中京記念【最終追い切り評価】調教2020年7月17日(日)に中京競馬場で行われる『トヨタ賞中京記念(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた全馬...
中京調教評価結果

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる