《2021》紫苑ステークス【最終追い切り】調教

2021 紫苑S 最終追い切り 調教

2021年9月11日(土)に中山競馬場で行われる『紫苑S(G3)芝2000m』の最終追い切り評価となります。

出走馬は18頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切り評価となります。

以下の3頭については、追い切り動画がありませんでした。

  • シャーレイポピー
  • キヨラ
  • ミスフィガロ

シャーレイポピーについては、1週前追い切り映像だけが確認できましたが、記載はしておりません。ご了承下さい。

目次

アイリッシュムーン  54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑥

2頭併せの外。コーナーで逆手前。コーナー途中で正手前に戻すも、コーナー曲がり切る手前で、また手前を替えるなど、走りがまだ幼い。更には、手前を替える度にスローダウンしており、馬自身も違和感を覚えるチグハグなフォーム。中山の舞台と同じ、右回りの美浦南Wで、この走りだった点は大きく割引。ただ直線半ばからの走りは、跳びの大きい伸びやかな動き。併せた相手にスッと半馬身先着。後半の10数完歩だけならプラス評価。評価は据え置いた。

jamie

走りは幼いのですが、スケール感ある走りをする馬で活気十分。トモのハリとボリュームも目を引きます。調子は良さそうな1頭で当日のパドックは注意したいと思います。

アビッグチア     54.0 【B-】

美浦南W併せ。馬なり⑥

3頭併せの内。外を2馬身、中を1馬身追走しコーナーで並び掛ける。直線、左手前に替わってからの走りが案外。伸びを欠き、あっさり外の相手には2馬身近く突き放されてしまう。交わされたことを悔しがる様子もなく、その後も覇気なく流しただけ。中の相手に半馬身先着も、動きのスムーズさ欠く内容で、見栄えも悪い。評価は割り引いた。

エイシンチラー    54.0 【B】

美浦南W単走。G前軽仕掛け⑥

完歩は大きくなく、ややピッチ走法気味の走り。一定のリズムを刻み、集中して駆けた。手前の切替はスムーズ。軽く仕掛けてからの反応も上々で、好調さ窺える内容。

jamie

集中が素晴らしく、鞍上の指示に従順で、手前替えのスムーズさからも、とても器用な馬に思えました。

エクランドール    54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの内。コーナーでスピードが付き過ぎたため鞍上が手綱を少し絞ったか…。コーナー後半でアタマを振って嫌がる仕草。気難しい一面を見せ、折り合いの難しさを感じた点は割引。この点を除けば、大きく動けておりバネ感ある走り。2馬身追走から、追う外の相手に馬なりのまま、ゴール前でスッと頭差先着。ゴール後も馬なりで差を広げ余力十分の内容。評価は据え置いた。

クリーンスイープ   54.0 【B-】

美浦坂路併せ。G前軽仕掛け。

3頭併せの内。コーナーで逆手前。直線向いて手前を替えたため、直線でも逆手前。ラチ沿いの馬は相手にせず、中と競り合うカタチで登坂するも、ラスト1Fで0.6秒失速し、完全馬なりの相手に半馬身遅れ。全体時計は優秀も、高い評価は与えづらい内容。

jamie

ただ、この馬。映像はありませんでしたが、1週前追い切りも好時計。ここでは綺麗な加速ラップを踏めており、何か不気味な1頭です。当日の気配はチェックしたい馬の1頭です。

スライリー      54.0 【B+】

美浦南W単走。馬なり⑥

この馬は走りのギアを替えるのが上手い。右手前のコーナーリングではピッチ走法気味に走り、直線向いてクビの前脚を大きく前に投げ出すストライド走法。エンジンという感じではなく、走り方を変えてギアチェンジしている。直線ではアタマを低い位置に保ち集中した走り。後肢でしっかり地面を捉えて駆けることが出来ている。高く評価したい。

スルーセブンシーズ  54.0 【A】

美浦南W併せ。馬なり⑧

2頭併せの外。コーナーから抑えきれんばかりの手応え。映像が見えた時点では2馬身先行した状態だったが、状態が良過ぎて前を走り過ぎていたのかもしれない。ただ鞍上の制御下にしっかり置かれている点は好感。溢れんばかりの闘志を上手くコントロールできており、直線で一時並ばれるも、全く労することなく、ラクラクと1馬身半突き放す好内容。相手は懸命に追っており、こちらは完全馬なり。ゴール後はさらに差を広げており相手を圧倒。前脚を高く上げクビを大きく縦に動かすダイナミックなフォームで活気十分。この映像を見た人なら誰でも高評価したくなるだろう。そう思える動き。高く評価したい。

トウシンモンブラン  54.0 【C】

栗東坂路単走。馬なり。

馬場の真ん中やや植え込み側を登坂。後肢が外を回るフォームは割引。また何度か手前を替えようするも手前が替えられなかった点も割引。最後は推進力を上に逃す完歩が増え、推進力欠く走り。評価できない。

パープルレディ    54.0 【B+】

美浦南W併せ。G前軽く促す③

2頭併せの内。腕節を直角に曲げて走る独特なフォームで走る馬。脚元の力感は薄目も、前脚を高く上げて、上から地面を叩くような走り。四肢の可動域は広く、各関節の動きはしなやかなでありながら、キビキビとした走り。直線での手前替えもカチッとスムーズ。最後は追って来た外の相手と併入という内容も、魅力的な動きをする馬。プラスに評価してみたい。

ハギノピリナ     54.0 【B-】

栗東坂路単走。G前仕掛け。

馬場の真ん中ややラチ沿いを登坂。坂路の残り400mで顔を右に背ける仕草が三度あり。全て手前替えの予備動作なのだろうが、これは悪癖。残り150m辺りで左手前に替わったが、そこからの走りは終始顔が右をむいたまま。評価しづらい。

ファインルージュ   54.0 【C】

美浦南W併せ。馬なり④

3頭の併せの中。何かこじんまりとした走りで動きの伸びやかさが全くない。直線向いても、なかなか手前が決まらず、クビを上に振り推進力を上に逃す走り。外の相手には半馬身先着も、内とは併入。毛艶も目立たず、覇気も薄い。評価できない。

プレミアエンブレム  54.0 【B-】

美浦南W併せ。G前仕掛け⑥

2頭併せの内。コーナーリングは悪くなかったものの、直線向いて左手前に替わってからの走りが残念。クビの動きが硬く、アタマが前に出ず、推進力を上に逃す走りに。それでも、見せムチ使って追う相手に、軽く仕掛けてクビ差先着。終いの時計はそこそこ出ており、四肢の動きは伸びやか。脚力も強いのだろう。下半身の動きは良いのだが、左手前時の上半身の動きに不満。据え置き評価か迷ったが、割り引いた。

ホウオウイクセル   54.0 【C】

美浦南W併せ。G前追う⑤

3頭併せの内。前を3馬身追走し、コーナー手前でグッと差を詰めてくるまでは良かったが、そこからの動きが…。直線向いて左手前に替わってからの走りがバラバラで、馬もそれに耐えられず、右手前に戻してしまう。それでも、さしたる伸びなく、併せた外の2頭に遅れそうになり、G前追って何とか併入という内容。評価できない。

ホウオウラスカーズ  54.0 【A】

美浦南W単走。G前仕掛け⑥

手前を替えるタイミングはやや早かったものの、左手前に替わってからは、クビを使って力強いフットワークで鋭伸。地面をしっかり掴み蹴り、推進力ある走り。最後の直線は矢のような伸び。高く評価したい。

メイサウザンアワー  54.0 【B】

美浦南W併せ。馬なり⑥

2頭併せの内。重心低く安定したフォームで走る馬。折り合いも素晴らしく、常に安定して力が出せそうという印象。左前脚のスナップの効かせ方もgood。前を2馬身追走から、直線早々に並び掛け、馬なりのまま追う相手に1馬身先着という好内容。このメンバーでは走りの完成度は上位も、左手前で少し走りづらそうに見えた分、一つ評価は下げた。

今週開催のその他重賞レース

京成杯AH(G3)

あわせて読みたい
《2021》京成杯オータムハンデ【最終追い切り】調教
《2021》京成杯オータムハンデ【最終追い切り】調教2021年9月12日(日)に中山競馬場で行われる『京成杯AH(G3)芝1600m(ハンデ)』の最終追い切り評価となります。出走馬は16頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切...

セントウルS(G2)

あわせて読みたい
《2021》セントウルステークス【最終追い切り】調教
《2021》セントウルステークス【最終追い切り】調教2021年9月12日(日)に中京競馬場で行われる『セントウルS(G2)芝1200m(別定)』の最終追い切り評価となります。出走馬は17頭。追い切り動画で確認できた15頭の追い切...
2021 紫苑S 最終追い切り 調教

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる